リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間とスペースが必要(お金もだが)
9月19日(土)
愛知県小坂井町でのリサイタル。朝から必死でリハ、本番へなだれ込む。
母方のゆかりの地ということで、母の同級生、そして祖母の同級生がたくさん来てくださいました。自分の故郷ではないものの、やはりいいものですね。ラフマニノフも初演ならではの緊張感でどうにか乗り切る。

2009年9月19日(土)15時開演
愛知・小坂井町(豊橋近郊)
フロイデンホール
菊地裕介ピアノリサイタル
ショパン 24の前奏曲 作品28

バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番(菊地裕介、F.Busoni編)
ラフマニノフ ピアノソナタ第2番 作品36

アンコール
ベートーヴェン バガテルop.126-3
ドビュッシー 月の光
35019801_1257632637.jpg

終了後は、懇親会があり、
17848725_1706435724.jpg
その後祖父が幼少のころから営業しているといううなぎや「丸よ」さんに祖父母と3人で行きました。
37311230_3162428774.jpg
37311230_1424266689.jpg
豊橋風、基本的に関東風の蒸しうなぎなのですが、皮を上にして並べるのが独特ですね。
市電に乗り、新幹線まで送ってもらい、深夜帰宅。

9月20日(日)
スクリャービン、ウィーンの夜会、ショパンファンタジーを必死で練習開始。タイムリミットまであと1週間!!

9月21日(月)
朝9時からからレッスン、夜までレッスン。
10時間以上教えてましたね・・・
終わったら10時近くて、もうさらう元気はありませんでした。

ランチは翔子ちゃんと香味屋で。
今日はビーフシチュー。写真は真っ黒ですがおいしかったです。
37311230_3854887730.jpg

9月22日(火)
午前中、ちょっと大きな買い物をする。
午後は必死でさらう。

9月23日(水)
とにかく必死でさらう。3曲同時練習はさすがにつらいです・・・

9月24日(木)
東京音大でレッスン、明日から高校の実技試験なのでその子たちの最終チェックも・・・

9月25日(金)
もうね。必死で必死で暗譜作業にいそしみました。
本当につらい仕事です・・・笑

9月26日(土)
高校ピ演の試験。
みんな頑張って弾いてますね。
夕方終了後、すぐに退散して必死でさらう。

9月27日(日)
朝から必死でさらう。
そして、お昼過ぎに現地入り。
行きがけに食らったのはすき家のうな牛生卵かけ。

リハーサル、とにかく2時間必死でさらう。

本番では懸念事項が噴出した感はありましたが・・・
とにかく弾き切りました。
聴いてくださったお客様、また僕の新しいレパートリーの開拓に立ちあってくださって、本当にありがとうございました。

2009年9月27日(日)15時30分開場 16時開演
ヤマハ銀座店(仮店舗)サロン
ベートーヴェン 自作主題による6つの変奏曲 作品34
ショパン 幻想曲 作品49
シューベルト=リスト ウィーンの夜会第6番

スクリャービン ピアノソナタ第4番 作品30
ラフマニノフ ピアノソナタ第2番 作品36
kikuchi01.jpg

終了後は珍しく打ち上げにも参加!
夏休み明けの譜読み地獄から、一瞬ですが少し肩の荷が降りました。

9月28日(月)
ピ演前期試験二日目@池袋
細かいことはともかく、みんな暗譜が飛ばなくってえらいなぁって思いました。素晴らしい!
終了後は巣鴨のPTNA本部に初めて行きまして、とあるインタビューをしていただきました。2時間以上好き勝手にしゃべりましたが、どんな記事にしていただけるか楽しみです。
さらに、大塚蒼天、再訪しました。今回、カウンターだったので写真もないのですが、相変わらず素晴らしい焼き物、そしてお酒!
堪能いたしました。付き合ってくれたYちゃんどうもありがとう!

9月29日(火)
朝9時から東京音大に缶詰。少々きつし。
院の授業ではプーランクの即興曲を一気に7曲消化。来週もがんばりましょう。
おなかの具合が・・・とか言っていたくせに昼飯は二郎に行ってしまいました。オイオイですね。黒ウーロン茶は飲みましたけど・・・
夜7時に終了後即帰し、さらに1名レッスンしました。コンクルがんばってね!

9月30日(水)
朝からお2人様レッスン、2人とも長引いて、終わったら2時・・・
さすがにここ数日の疲労がたまっていたので寝ました。
起きたらもう暗くなってました。
ここのところ気が回らず家の中が廃墟だったので片づけに着手。大袋3杯のゴミと2抱えの紙・段ボールの処理をする。

そうそう、とにかくこの家がどんどん手狭になってきたので、長年の懸案事項の1つトランクルームをついに導入しました。
今日鍵が届いたので、まずは雨の合間を縫って抱えている大量の在庫CDをもっていきました。(どうか買ってください、お願いします・・・m(__)m)
楽天で買った台車も、きちんと働いてくれました。足りなきゃ複数契約すりゃいいと思ったので、0.5畳の最少サイズですが、まだまだ空きスペースはありますね。これから何を持っていくか考えます。
とにかくいらないものに囲まれて暮らすのにはつかれたので・・・収納場所のほとんどが使わないものに占拠され、機能していません。
どうかこれ以上ものが増えませんように・・・
在庫食糧もこのところ必死で減らしています。基本的に自炊を続けていて、朝食はほぼ毎日クッキーなど、頂いたお菓子類です。糖尿病になりませんように・・・

しかし、最近いつの間にか時間が過ぎています。前回の日記を書いたのが10日以上前だなんて信じられない。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/10/03 12:46】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/256-6d912bd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。