リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月の疾走開始
10月1日(木)
自分のレッスン終了後、MちゃんがK音さまのレッスンを受けるのでJ館に見物に行く。
本日の最後だったので、部屋に入るや否や
「もうつかれたからレッスンやんなっちゃった何か食いに行こう」
と予想通りのお言葉が飛び出るも、なんだかんだでちゃんと聴いてくださいました。
それにしても、「おれこの曲弾いたことないんだけど」と言いつつ「こんな感じでしょ?」って弾いてくれる音の素晴らしいこと!
やっぱり素晴らしいアーティストには、そばにいられるってだけですごい価値があると思いますね~。その価値がわからない人も、世の中には多いのだけどね。
終了後は前のレッスンの子も合わせて4人で鶯谷園に繰り出し、カルビを食べまくりました。
37311230_3204750452.jpg
K音さん最後に声でなくなってましたけど大丈夫ですか?

10月2日(金)
思い立ったが吉日、ついに部屋の掃除にかかりました。
ほぼ一日仕事、雨の合間を縫って満載の台車で倉庫と2往復し、当面の不用品をだいぶ排出いたしました。ゴミもすさまじい量が出ましたが・・・ひとり黙々と荷物を運びまくったのでちょっと腰に来ました。
まあこれで、比較的初期の状態に戻ったと思います。
とはいえ、酒と食品が減ればまだまだスッキリさせられるだろうな・・・
とにかく狭い家に住む限り、このあたりをうまくやらないと生活になりません・・・書類を書く机がすべて物置になっちゃって、そのたびひっかき回さなきゃならなかったり、最近はなにか作業をするたびに物探しに費やす時間が膨大で生活効率が著しく低下していたので、多少時間をかけても整理した価値はあると思います。

10月3日(土)
午前中、1名レッスン、
すぐに荷造りも済ませ、羽田へ。
松山行の飛行機に乗り込み、席に着こうとすると「菊地くん!?」との呼び声!なんとM瀬先生夫妻が2列前にいらっしゃるではないですか?別に自分の行く仕事にはまったく関係ないでしょうから、これほどの偶然はめったにありませんね。驚きでした。
松山空港からタクシーで本日の宿へ、明るいうちに到着できるなんてめったにありません。久々の和室で、ゴルフを見ながら昼寝。
35019801_1502034005.jpg
宿に込みだった、なかなか美味しい食事の後、伊予市文化会館へ下見に行きました。すばらしく年季の入ったホール、椅子の列番がイロハです。楽器はヤマハの50年選手でした。まだ寝てたので、ラフマニノフとかを弾いて起こしておきました。林苑子先生と連弾の練習も一瞬。
宿へ戻って、温泉ではないものの大浴場にサウナと満喫し、
35019801_3919648502.jpg
合宿かなにかの学生たちを横目に一人さびしく眠りにつきました。

10月4日(日)
今日も100人を超える大型のステップでした。
ミニトークコンサートも普通に乗り切り、

2009年10月4日(日)1300-1320
伊予市市民会館 大ホール
愛媛県伊予市
ピティナ・ピアノステップ・トークコンサート
「ルートヴィヒの七変化-変奏曲の魅力」
ベートーヴェン 自作主題による6つの変奏曲 作品34
091004_伊予トークコンサート

夜までアドバイザーを勤めあげました。
伊予は、ピアノが盛んな地域のようですね。こどもたちのレベルがなかなか高かったです。
打ち上げも楽しく・・・午前様に。

10月5日(月)
それでも7時には起きて、準備をしなくてはいけませんでした。

2009年10月5日(月)
愛媛県伊予市
学校コンサート
伊予市立南山崎小学校4-6年
伊予市立北山崎小学校6年
伊予市立北山崎小学校5年

という3回の授業。
内容は林先生がほとんど考えてくださっていたので、
僕はちょこちょことしゃべったりピアノを弾くだけで済みました。
アンコールの声がかかり、ハンガリー舞曲初見で連弾という離れ業も・・・笑

しかし田舎の子供たちは可愛いですね。ピアノを習ってる男の子が小犬のワルツ披露してくれたり・・・
並んで写真撮って「親子みたい」と言われたのはちょっとショックでしたが・・・笑、東京と比べると田舎には若いお父さんも多いのかもしれません。
そして、子供たちと机並べて給食初体験しました!カレーライスでした。牛乳パックのたたみ方を教わりました・・・笑

瀬戸内の海も美しく、もうしばらく滞在したかった気もするのですが後ろ髪を引かれる思いで帰京しました。
日暮里に荷物を預け用事をすませながら帰宅すると、もう夜中でした。
最後、上野から京成で帰ったのですが、日暮里駅がホーム移転してきれいになってて感激です。少々安っぽい建築ではありますが、とりあえず新しいので気持ちがいいですね。出口が不便なのには閉口しましたが、上野から乗って下りホームで降りる客なんてほとんどいないから仕方ないのかね。
35019801_3938032724.jpg
新型スカイライナーも走りだし、来年には成田新線も開業し未来は明るそうに見えますが、株価は急降下を続けてます・・・orz←株主

10月6日(火)
朝から東京音大。
夜は自宅レッスン、
正直、ヘトヘトです・・・

10月7日(水)
一日中寝てた気がします。メンコンの譜読みをしたり、
昨夜買ってきたさんまで下手すぎる寿司を握ったり
35019801_3066225028.jpg
気楽に過ごしました。おかげで生き返りました。台風よ、来るなら来い。結局東京音大は休講にはならない模様。明日も仕事です。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/10/08 21:20】 | # [ 編集]

初めまして。
菊地さん、こんばんは。
初めてコメントさせて頂きます。

菊地さんのブログを最近知りまして、それからはちょくちょく見させて頂いてますv-352
普段の生活や大学でのお仕事、演奏会のことなど、その時々に感じる菊地さんの思いが色々と綴られていてとても興味深く思います。

機会がありましたら、菊地さんの演奏会に私も伺いたいな・・・と思っています。

お写真のサンマのお寿司、お味はいかがでしたか?
【2009/10/25 00:07】 URL | aya #dJEnmy1k [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/257-fb755452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。