リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の大地でくいだおれ?
11月3日(火)
夕方、高関さんが芸大にいらして、ピアノの3人で合わせをしました。
われわれの細かいミスは適度に聞き流してくれて、でも大事な要素はきちんと拾ってくれて、安心して本番に臨めそうです!
終了後は・・・ショパン(とくに演奏会用アレグロ難しすぎ!!)をふよみしてまいりました・・・電気も消えなかったから11時半くらいまでねばったぜ!

11月4日(水)
夕方から芸大へ!とりあえずちょこっとさらってから、合わせ!
木越洋さん、宮本佳代子さん、ともに初対面で、おまけに曲は初見だったりして最初はちょっとぎこちなかったものの、だんだんに音楽が流れ出し、何も問題なく8時すぎには合わせ終了。
そして・・・僕はひとり11時過ぎまでさらって行きました。またもやショパンを・・・
カギを返す時に学生だと思い込んでくれた若い守衛さんどうもありがとう!もちろんそのつもりになりきってハッピーに帰ってきました!!

11月5日(木)
午前から池袋へ。
夕方までレッスンをして・・・さっさと帰ってきました。ショパンを死ぬ気でさらいました。ラ・ヴァルスもちょっとだけ。

11月6日(金)
荷造りやらなんだかんだでたいしてさらいもしないうちに札幌へ。
去年きたつもりになっていたのですが、実は2年半ぶりでした。どんどん時間がたつのが速くなっていて困ります・・・
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=457169806&owner_id=3925213
会場の近代美術館に行って調整。
終了後は、スタッフのみなさんと北海道ならではの美味しい料理を堪能し、明日の演奏への士気を高めました!やっぱりこれをしなきゃ北海道に来た意味がないですもんね!
37311230_1883895460.jpg
37311230_1393837841.jpg
37311230_317431188.jpg

11月7日(土)
8時からリハすべく7時前には起きて支度。
ラ・ヴァルスを必死でさらう、ドビュッシーもちょっとだけ合わせる。
楽屋に楽器もないので、観念する。
11時の部と、14時の部の2回。
・・・2回とも精一杯がんばりましたが、僕は2回本番があると2回目の方がうまくいくタイプなんですかね。そんなわけで、今後このようなケースでは2回目にいらっしゃることをお勧めしますwwただ、1回目の新鮮味もそれはそれで捨て難いですね。
チェロの木越さんの「立奏(コントラバスみたいに立って弾く)」が印象的でした。いい音してましたね~~!

「Music in Museum by 出光 光と影~自分と向かい合う刻(とき)」
札幌、北海道立近代美術館 1階ロビー
ジョルジュ・ルオー展 関連事業
入場無料

木越洋(vc.NHK交響楽団・首席チェロ奏者) 宮本佳代子(vn.) 菊地裕介(pf.)

1:展覧会の絵から「プロムナード」("2)=ピアノ+ヴァイオリン+チェロ(トリオ編曲版)
2:ドビュッシー:月の光("4)=ピアノ
3:バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番からプレリュード("2)=チェロ
4:フォーレ:シチリアーノ("3)=ピアノ+チェロ
5:アレグロ・アパッショナート("5)=ピアノ+チェロ
6:ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ("13)=ピアノ+ヴァイオリン
7:ショパン:ノクターン20番("4)=ピアノ+ヴァイオリン
8:イベール:ピアノとフルートとヴァイオリンのための「二つの間奏曲」("6)=ピアノ+ヴァイオリン+チェロ(トリオ編曲版)
9:ラベル:ラ・ヴァルス("12)=ピアノ・ソロ

ルオーの絵を遠くからしか見る時間がなかったのが残念でした。遠目にも素晴らしい色と立体的なマティエールが見て取れたのですが・・・やはりお客さんにまぎれることもできず・・・次の機会を楽しみにします。

お客さんできてくれたMちゃん、お母様がた、ありがとうございました!

終了後はこのように過ごしました↓
37311230_1572466937.jpg
37311230_1299465576.jpg
37311230_2845395217.jpg
37311230_1587630080.jpg

もはや説明不要ですね。この「トリトン」は本当に回転ずしの優等生です。このコストパフォーマンスはすごい!東京進出を期待します。
そしてラーメン終止!
37311230_905854347.jpg

深夜東京着。爆睡です・・・

11月8日(日)
午前中は死んでました・・・
午後はショパンを必死でさらう。ちょこっとブーレーズも。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/261-034da214
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。