リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ→京都で再会、ブーレーズ氏
11月9日(月)
朝から芸大に缶詰。
近所のお弁当やさんのお姉さんがかわいいので今日も持参でレッスン室ひきこもり。
あいかわらず合間にショパンを必死でさらう。
それにしても眠いなぁ・・・
夕ご飯のためいったん帰宅して、家ではブーレーズを11時までさらいました。

11月10日(火)
朝、京都行の荷造り。でもそれはとりあえずおいて出て、今日は池袋に缶詰。
院の授業はドビュッシーのプレリュード1巻、やっぱり改めて見るといい曲ですね。
昼休みも遊びには行かず学食で済ませ、ショパンをさらう。
夕方あたり、自分の切羽詰まり具合と生徒たちの呑気さ加減のギャップで不機嫌爆発!お前らその時間俺によこせ!と言いたくなり・・・でも言いませんけどね。それでも自分たちの時間をもっと有効に使ってほしいなぁ、って思います。先輩のアドバイスだと思ってください。
でも、7時までレッスンして帰る頃にはまぁ機嫌も直り。いったん帰宅。
荷物をまとめて新幹線に飛び乗り、京都へ。
中華弁当に沖縄おつまみにビールにワインを広げて、車内でひとり宴会。

地下鉄に乗り換え、12時前にプリンスホテルに着いたのですが、あまりにもひとけがなくて、不気味でした。
夜中までブーレーズのDVDを見て研究。

11月11日(水)
眠い目をこすってロビーに降りるとちゃんと人がたくさんいることに気が付き安心!京都の宿泊客は健全で早寝なのですね。

会場の京都コンサートホールに着き、ブーレーズ氏到着前にとりあえずリハ開始、実は全員集まるのは今日が初めてでしたから・・・
やっぱり打楽器が入ると俄然本物っぽくなりますね。
17848725_3774770180.jpg
17848725_2631416698.jpg
17848725_74677949.jpg

そしてそして、ブーレーズ氏が到着なさいました。さっそく稽古をつけてくださいました。的確な指示とアドバイス。良い演奏を目指して気持ちがどんどん一つになっていきます。
が、ここでハプニング。
どうも予想より良い出来だったらしく、なんと追加の宿題が出てしまったのです。それも、「速いところ」からパート譜で10ページ近くにわたって・・・!!「できるでしょう??」と。

いや~!日頃、世界の大天才たちと仕事をしている人の発想はすごいです・・・まぁ大初見大会でした。すでに曲全体を弾いたことある方もいたのですが、僕は抜粋箇所が決まってからふよみを始めた人間ですから・・・
かなりさらってもむつかしいブーレーズの初見はきついものがありました。手が3本あっても足りない・・・ブーレーズ氏は講演に行ってしまい、残されたわれわれ。
高関さんによる練習のまとめ方は素晴らしいものがありましたし、終了後も会場が使える時間いっぱいはさらいましたが・・・どうなることやら。
でも、コンサートではなく「ワークショップ」「公開リハーサル」だからまぁなんとかなるかな?と。

会場を追い出されてしまったので、錦市場の飲み屋さんに行きました。
打楽器の藤本さんの娘さんのKちゃん(9歳)がかわいくてみんなのアイドルになってました。(いえ、さすがに「まだ」大丈夫ですけ、9年後は知りませんが・・・笑)
京都、やっぱり楽しいですね!!
帰りの電車やらホテルのロビーやらで、別行動していた松下先生、高関さんなどと偶然続々合流!しまいには皆で行った先のホテルのバーでハープの女性陣にも出会い、不思議な一日でした。

11月12日(木)
いよいよ本番の日!今日は朝からブーレーズ氏がいらっしゃり、リハ。
宿題の出来には丸が付き、本番で使うことになりました。
17848725_1242968678.jpg
(pfセクション一同写真とってもらい、プログラムにサインももらいました。ミーハーです!)
そんなわけで、リハ終了後も僕は舞台に張り付き必死でさらいました・・・

さて、1000人くらいでしょうか?かなり多くのお客様がいらっしゃってました。これだけたくさんの人が興味を持ってくれて、嬉しい限りです。
「公開リハ」と銘打たれていましたが、どちらかといえば「生演奏つきのワークショップという感じでした。分奏やスローテンポでの演奏をしたりはしましたが・・・
とくに昨日初見したところを中心に、細かい事故はありましたが、どうにか作品の本質をつたえる役目は果たせたと思います。
ブーレーズ氏も御満悦の様子だったので、ひとまずほっとしています。
なにも難しいことはおっしゃらずに、御自分の作品をわかりやすく聴く人に解き明かしていました。
野平先生との対談もとても興味深かったです。
話していても本当に温かみを感じました。3年半前にパリでアンサンブル・アンテルコンタンポランの最終選考(結局そのとき採用されたのは同級生のセバスチャンだったのですが・・・)でお会いした時のことを思い出してくださりました。もちろん音楽家としての技術はすごいものがありますが、本当に素敵な紳士です。偉い人はえらぶりません、僕も肝に銘じます。

ワークショップ「ブーレーズ イン 京都」
14:00 開会(13:00 受付開始)
場 所:京都コンサートホール

企画:長木 誠司[(専門委員会 委員)東京大学 大学院総合文化研究科 教授]
練習統括:松下  功 [東京藝術大学 演奏藝術センター 教授]
司会:野平 一郎[(専門委員会 委員)作曲家・ピアニスト]

14:00 開会挨拶 長木 誠司
受賞者紹介 長木 誠司
ワークショップ 「ブーレーズ:シュル・アンシーズ (1996-1998)」
作者解説:ピエール・ブーレーズ[思想・芸術部門 受賞者]
聞き手:野平 一郎
公開リハーサル
 ピエール・ブーレーズ
 Pf: 浦壁 信二、藤原 亜美、菊地 裕介
 Hp:片岡 詩乃、篠田 恵里、信国 恵子
 Perc:藤本 隆文、和田 光世、中山 航介
演奏
ブーレーズ:シュル・アンシーズ (1996-1998)より
16:20 閉会

--------------------------------------------------------------------------------
定員 1000名(先着順)
主催 財団法人 稲盛財団
協力 東京藝術大学
後援 京都府 京都市 NHK
協賛 京都市音楽芸術文化振興財団、日本アルバン・ベルク協会、日本音楽学会、日本現代音楽協会


改めて思いましたが、やっぱり現代音楽は楽しいですね!難しいので、しばらく遠ざかっていましたが・・・達成感は鳥肌ものです。今回の「Sur Incises」はパリのオーディションでもちょこっと準備した思い出の曲、いつか全曲やりたいです!やりましょう!
来年3月にも川崎翔子ちゃんと現音やりますが、実は2011年の1月に未発表の大きなイベントがあるんです。乞うご期待!

そんなこんなでしたが、すぐ京都駅へ向かい一番早い新幹線つかまえ、日暮里でつけめん食ってトマトと柿とりんごと牛乳と卵買って帰宅してショパンをさらいました・・・!

ショパンは明日、あさってが勝負ですからね!

さて、次のコンサートは15日の渋谷タカギクラヴィアでのオールショパンプログラムですが、
その直後に・・・なんか不思議な御縁と義理あって、
以下の公演でチェレスタ弾くことになってしまいました・・・
実はイタズラ以外で弾いたことないんですが・・・
リハが何回かあるんでその時に練習します。

まぁ息抜きにはなるかな・・・?22日にはハイドンですからこちらのふよみも始めなきゃ!!

2009年11月20日(金) 19:00
第166回東京芸術劇場名曲シリーズ 東京芸術劇場
指揮:ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー

《オール・チャイコフスキー・プログラム》
◆チャイコフスキー:
 交響的バラード〈地方長官〉
 幻想序曲〈テンペスト〉
 組曲第1番
 戴冠式祝典行進曲

2009年11月21日(土) 18:00

第520回名曲シリーズ サントリーホール
指揮:ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー

《オール・チャイコフスキー・プログラム》
◆チャイコフスキー:
 交響的バラード〈地方長官〉
 幻想序曲〈テンペスト〉
 組曲第1番
 戴冠式祝典行進曲
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/11/22 15:28】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/11/30 13:00】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/262-ab15971d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。