リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時にはなんでも屋
11月13日(金)
一種の虚脱状態であったものの必死でショパンをさらう。
演奏会用アレグロやばいっす難しい・・・
ショパンは何を目指していたのだろう・・・??

11月14日(土)
上に同じってかんじです・・・ww

11月15日(日)
朝から渋谷へGO!
しかし・・・だんだん街の雰囲気(とくにセンター街方面)になじめなくなってきた自分・・・
渋谷なんて幼稚園のころからの遊び場だったのですが・・・街が変わってしまったのか自分が変わったのか。プラネタリウムとかなくなっちゃいましたが、それでも昔から変わってないところもたくさんあるのですけれどね・・・
さて、1887年製のローズウッドのスタインウェイ、元カーネギーホールのピアノ、ホロヴィッツが絶賛したという素晴らしい楽器なのですが、運転はなかなか難しかったです。個人的には、弱音系の音色がとても気に入りました。そちらの領域の方がコントロールが一層難しかったのですが・・・それだけに喜びもひとしおですね。

2009年11月15日(日) 14時開演
タカギクラヴィア 松濤サロン
「ショパン生誕プレ200周年」記念
ショパンピアノ全作品連続演奏会
1887年製のニューヨークスタインウェイ使用
第8回「ノアンとパリ(31~33歳)

作品46 演奏会用アレグロ(31歳)
作品47 バラード3番(31歳)
作品48 2つのノクターン(31歳)
~~~~休憩~~~
作品49 幻想曲(31歳)
作品50 3つのマズルカ(32歳)
作品51 即興曲第3番(33歳)

解説 小坂裕子

31-33歳の時期の作品ということでまさに自分の年齢とヒットするわけで・・・興味深いプログラムでしたが、アレグロを筆頭に弾いたことがない曲が多く準備には苦戦しました(日頃の不勉強がバレる・・・)とくに幻想曲はとても好きな曲なのですがなかなかいい演奏ができません。前回はスクリャービンとラフマニノフに気を取られ、今回もアレグロにかかりっきりになりいまいち手薄になってしまいました。いつかきちんとした演奏ができるようにしばらくあっためます。
アンコールには、前日に楽譜をめくっていて発見した16歳の時の「別れのポロネーズ」・・・そして遺作のノクターンでお別れになりました。

終了後・・・本来なら遊んで帰りたいところなのですが、プロコやらハイドンやらふよみしなければならないので帰ってさらいました。

11月16日(月)
芸大出勤日。今日の出席率はなかなか良好で自分の練習があまりはかどらず・・・ww
帰宅後は自宅レッスン。誕生日とのことで入谷でワイン一杯ひっかける。

11月17日(火)
本来あったはずの読響の練習がなくなり、天の恵みとばかりに練習をする。夜は自宅レッスン。

11月18日(水)
読響の練習で朝からよみうりランドへ・・・
チェレスタなんてイタズラくらいしかしておらずまともに使用するのは初めてでしたが、別になんてことはない、基本的にピアノの技術そのものですね。ピアノだっていろんな楽器があるしね。音域が違うだけ。
指揮はゲンナジー・ロジェストヴェンスキー氏、言葉も少なく何度か振りなおすだけ、でも妙に説得力のある棒、ソ連の巨匠、不思議な人です。
1時間足らずで解放され帰宅・・・

このところのひどいスケジュールでは今日しかないと思い御徒町に髪を切りに行く。帰宅後一人みっちりレッスン、見送りついでに上野のバーへ行くもボジョレの解禁直前に店を後にしました・・・

11月19日(木)
朝から芸劇@池袋で読響練習、あっという間に終了後東京音大でレッスン・・・これは夜まで。
8時半帰宅後は小休憩ののち日曜のハイドンをちょっとさらう。

11月20日(金)
コンタクトが品切れになっておりびっくり、上野のいつもの眼科へ行き、芸術劇場に滑り込む。
GPはあっという間に終わり、本番までにラーメンを食べたり池袋をウロウロ。
そして出番は15分で終了し解放される。
明日に至ってはGPもないとか・・・ビックリです。

帰って、自分の練習をする。

2009年11月20日(金) 19:00
第166回東京芸術劇場名曲シリーズ 東京芸術劇場
指揮:ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー

《オール・チャイコフスキー・プログラム》
◆チャイコフスキー:
 交響的バラード〈地方長官〉
 幻想序曲〈テンペスト〉
 組曲第1番
 戴冠式祝典行進曲

11月21日(土)
今日はサントリー、本番30分前に着替え終了しスタンバイ、なんかヴァイオリンもったドレス女子がたくさん通りかかり気になりましたがw、サントリーの集団楽屋は小ホールとフロア共通なんですね。

2009年11月21日(土) 18:00

第520回名曲シリーズ サントリーホール
指揮:ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー

本番は15分で終了。
最初ギャラが・・・なんて生意気言っていたのですがww(ごめんなさい)
終わってみれば、メチャクチャ楽で・・・お金をいただくのが申し訳ないくらいでした!結局よみうりランドまで行ったのが一番の手間でした。
もちろん手を抜いたりは断じてなく、練習、そして本番時には最高の集中力で最善の努力はしたのですが、初見で弾けるパート譜、やはり準備にかかる手間暇の差は歴然、ソリストっていう日頃の仕事がいかにハードであるか思い知りました。ペトルーシュカも準ソロといわれる理由がわかりました。
もちろんプロのオケマンになったらなったで月間何十本ものコンサートをこなすのですからそれはそれで大変でしょうね・・・!

やはり評判の読響の響きは最高でコンサート只で聴いたようなものだったし、そんな中でちょこっと音出しするという体験もなかなか楽しかったので、また誘ってください。
もちろんソリストのお誘いはもっともっと嬉しいですが!!!!

帰宅後はハイドンをさらい、MJ会(うちのマンションの愛称ですマイケルジャクソンさまのことではありません)。やっとボジョレを飲む。明日も本番なんですけど~~!!

11月22日(日)
セシオン杉並でハイドンソナタ全曲演奏会に参加する。今日はボランティアっす。自分の勉強にもなるしね。あたらしく2曲ふよみしてさらりと弾いてきました。

2009年11月22日(日) 10時30分開演
セシオン杉並
ハイドン没後200年記念 26人のピアニストによるハイドンのクラヴィーア・ソナタ全曲演奏~ウィーン原典版(クリスタ・ランドン校訂)の番号による~
第4部 16:45~ 42番G:(Hob16-27)と44番F:(Hob16-29)

帰宅後はプロコをさらう。あと一週間がんばるぞ!!三浦君と弾くヴァイオリンソナタもふよみせねば!しばらくプロコづくしです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/11/27 15:37】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/264-74399a6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。