リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ子去ってまたプロ子
11月23日(月・祝)
すばらしいタイミングの休日。
もはや神に感謝するしかありません。
プロコの7番を必死でふよみ。まだ弾けません・・・

11月24日(火)
朝から池袋、夜まで池袋。
でも、今日のお昼はたのしーフロマージュ会だったのです。
Rちゃんがイタリアから買ってきてくれたブルーチーズ!!

授業終了後西武に買い出しに行って、パンとハムなど買い込んできました。本国ならばそこでワインを一杯、と行きたいところなのですが、イタリアとは少々違うお国柄に遠慮して学食のお茶でした・・・

が・・・メチャウマでした!次はだれが行ってきてくれるかな~~?

そして夜はNちゃんがお腹すいたを連呼するので池袋でお好み焼き食べちゃった!

11月25日(水)
今日もありがたい天の恵み休日。
プロコはいよいよ暗譜に着手。あと5日の勝負です。泣きながら覚える・・・ヴァイオリンソナタにもやっと着手。曲はどちらも、本当に素晴らしすぎる。それが救い!だからこそ、ちゃんと弾きたい。

11月26日(木)
今日も池袋日。
終了後は8時までさらう。帰宅して11時までさらう。
だいぶ覚えてきましたが、まだまだ危ないです。3楽章の終わりの方はカオス・・・まだ頭で覚えている段階で身体に入っていません。悔しい~~~!!!

11月27日(金)
ラフマのソナタ、最近弾いたとはいえ、急速に覚えたせいでやはり急速に忘れてしまっています。この解凍もしながらプロコを泣きながらさらう。youtubeでアルゲリッチを見て、不器用な自分に腹が立つ。
ラフマに意外とてこずったせいできょうはヴァイオリンソナタは手薄になってしまいました。明日の午前中必死でさらって、午後はみうらくんと合わせる予定。終わったらソロを泣きながらさらう予定!!www

今年最後の山場です・・・折れそう・・・

しっかしなんでこんなにいつも詰め込まなくてはいけないのでしょうか?
やはりもっと若いころにもっとさらわなかったツケがきているのでしょうかね・・・アシュケナージは偉大だなぁ・・・

11月28日(土)
朝からレッスン室にこもりプロコvnソナタをふよみ。
午後にみうらくんが来て合わせをしました。
先日ウィーンで会ったとはいえ、共演するのは約2年ぶり、
そして今やハノーファーで優勝して凱旋帰国!旬のヴァイオリニスト!というわけで期待は高まりますが、期待を裏切ることない素晴らしい成長を遂げてました。テクニックはもちろん素晴らしいですが、背伸びはせずに、今できる表現を自発的に最大限に打ち込んでいる感じで、すごい伸びしろを感じます。それにいい楽器!
僕の方はまだふよみ段階ですからボチボチという感じでしたが、それでも余計な言葉を使わないで、互いの音楽メッセージを感じ取ってサクサク合わせが進みました。
これをやっておけば、あとは直前に詰めれば大丈夫でしょう。3日の演奏会が楽しみです。

終了後は、再びソロにもどり必死でさらいました・・・!もちろん11時までね。今日は10時間以上ピアノ弾きました。

11月29日(日)
明日の演奏会のことで朝から緊張。前日から緊張するなんて珍しい・・・いよいよ正念場です。
それでも9時間しかさらいませんでしたが・・・

11月30日(月)
朝カレーののち、荷造りしてお出かけ、サブウェイのフットロングを抱えてみなとみらい入り。
当日にも関わらず暗譜の確認に必死・・・アンコールの準備も・・・
緊張と疲れで、いつものことですが、今日も本番開始時には放心状態 or 無心、という感じ。
ベートーヴェンの名曲をミサのような気分で弾きながらも、頭のどこかではプロコの暗譜を心配。
休憩ではひたすら祈り、ほとんど処刑台に上るような気分でステージに上がりました。この一週間眠れないほど必死で向き合ったとはいえ、人前で一度も弾いていない、初出のプロコはやはりとても怖かったです。
もはや祈りながら弾いた感じです。
でも、どんな曲でも必ず一回は初めて弾かなきゃいけないんです。(当たり前)今回、この機会に封切りさせていただいたことを感謝し、次の機会(さっそく12月13日京都があります)に向けてこの名曲との長い付き合いが始まったのだと思うことにします。立ち会ってくださったみなさま、ありがとうございました。
ラフマニノフはやっと自分のペースに近づきましたが、まだまだこれもこれから長く付き合いたい曲ですね・・・

2009年11月30日(月) 19時開演
横浜 みなとみらい小ホール
毎日ゾリステン
ベートーヴェン 自作主題による6つの変奏曲 作品34
ベートーヴェン 6つのバガテル 作品126

プロコフィエフ ピアノソナタ 第7番 作品83
ラフマニノフ ピアノソナタ 第2番 作品36
http://yokohama.mainichi-classic.jp/solisten.shtml
39399661_4228058489.jpg

アンコールはスクリャービンのソナタ第4番とチャイコフスキーの瞑想曲でした。
終了後は背中と両手とゴロゴロと荷物抱えてトボトボ帰宅し、音楽現代の原稿書きに取り組みました。

12月1日(火)
朝から東京音大、そして夜まで東京音大、レッスン終了後も居残りヴァイオリンソナタを練習。帰宅後も11時まで練習。
明日はホール練習ですからね!

12月2日(水)
約1年ぶりにトッパンホールへ。
ホールで合わせをさせてもらいました。
やっぱりいいホールですね。
明日の演奏会、楽しみにしてくださいね!
もう締めきっていますが、行列すれば入れる、かもしれません。

2009年12月3日(木)12:15
トッパンホール
〈ランチタイム コンサート〉Vol.44
いま、ロシア音楽に魅せられて―
三浦文彰(ヴァイオリン)
プロコフィエフ ヴァイオリン・ソナタ第1番 作品80
チャイコフスキー ワルツ・スケルツォ(Valse-Scherzo)Op.34

そして今回残念ながら演奏会に来られない方、
翌12月4日のフジテレビ「とくダネ!」(朝8-10時くらい)
に、三浦君が出演します。
というわけで、僕もピアノを弾きます。早起きしなきゃいけないのが心配。
残念ながら時間の関係でプロコは弾けないのですが・・・彼のヴァイオリン演奏に少しでもふれていただければ幸いです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/265-d533b22e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。