リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事も飲みも全力投球だ!!
12月24日(木)
数か月ぶりに調律師さんに来ていただく。
ひどい状態だったので、大変なご苦労をかけてしまいましたが、
どうにかまぁまぁのところまで回復しました。
1名レッスンして、また連日で香味屋へ。
昨日は王道だったので、今日はひねくれて「カツ重」をオーダー。
ちょっと脂がくどいような気もしましたが、たかがカツ丼、されどかつやの5倍以上するカツ丼、美味でございました。
37311230_1688131626.jpg
その後スーパーへ夜の買い出しに行き、郵便局で年賀はがきをやっと購入。つかの間の帰宅ののち、オペラシティへ向かいました。
みうらくんの凱旋デビューコンサート!父子共演なんて憎い演出もあったりして・・・
終了後もレセプションがあって、徳永先生が祝辞を述べられたり、なんと言ってもお祝いムード満点でとても楽しめました。

急いで帰宅して、11時スタートのすき焼きパーティーに向け準備、送っていただいた飛騨牛霜降りの素晴らしいお肉と、さきほどの買い出しの材料・・・
20214091_251281396.jpg
でもみんななかなかこない、11時半になってもひとりぼっちですねていたのですが・・・ポツポツとひとりまたひとり来てくれて、楽しくお祝いしました。何を??うちのマンションのまりえちゃんの誕生日です!
ビール、日本酒と進み、最後はのんちゃんのお手製の梅酒を堪能し、いちおうケーキまで、すっかり食べて4時過ぎに解散となりました。

12月25日(金)
東京音大の冬期講習、専科5名副科7名、教授によっては50人近くさばいているようですが、僕はそんなに人気がないので楽なものです。
夕方には終了し帰宅。
西浅草の図書館の裏手にある寿司割烹「468(ヨーロッパ)」さんへ。
ずっと気になっていたのですが初入店を果たす。
ご主人一人でやってる7席位のカウンターのみ。
37311230_2900656637.jpg
この骨切りした穴子と、
37311230_3548958451.jpg
37311230_3098341752.jpg
37311230_3793846387.jpg
37311230_2900221915.jpg
37311230_2728260270.jpg
37311230_1434369344.jpg
37311230_1047811450.jpg
芋吸いはこちらのスペシャリティみたいですよ。
派手な料理ではないのですが、一品一品に丁寧な仕事で、気に入りました!このように頑張って近所を開拓中なので、みなさん付き合ってね!
連れのペースが非常に速くて、僕も5合くらい飲んでしまいました・・・やれやれ・・・
酔いさましに浅草でコーヒー飲んでブラブラ、隅田川を散歩して、帰宅しました。

12月26日(土)
朝から有楽町へ。
のだめ、見てきました。もうね、パリやらウィーンの出てくる風景、ほぼ全部場所がわかるし、音大の仲間の雰囲気やら、すべてが懐かしくて泣きそうでした。ああ僕はこの景色をみながらどんなことを考えていたんだっけ、とか、コンクールの思い出とか、昔の悲恋の数々・・・(笑)いろんなことを思い出しました・・・
もちろん映画自体も非常に面白かったです!4月公開の後篇が楽しみです。誰と行こうかな???
終了後は日本橋界隈まで散歩。お天気に恵まれたのはやはり日頃の行いが良いからですね。
マンダリンオリエンタルの最上階のラウンジ、料理は普通ですがとにかく景色が良い。
37311230_3999154839.jpg
以前投稿したトイレの風景覚えてますか???
7541442_2030272137.jpg


誕生日お祝いなのでシャンパン1本頼んだのですが結局一人で飲み干すかたちになり昼間から結構酔ってしまいました・・・
そして東横線を中学時代以来の寝過ごし、さらに降りる駅を間違え、さんざんでしたが、どうにか次の目的地に到着。以前僕もお世話になった三宅先生のお宅で、高田匡隆くんのサロンコンサートでした。最初のスカルラッティはそんなわけで聴き逃してしまったのですが、バルトーク、そしてリスト、ハンガリー仕込みイタリア育ち、素晴らしい演奏でした!最近ヒビが入りかけの自分の演奏をしっかり見直そう、と改めて決意しました。
終了後は、そのままお宅で宴会、共通の師匠加藤先生を囲んで同門の仲間たち、横浜の音楽界の重要人物がチラホラ・・・非常に楽しく歓談させていただきました。ビール2種と赤ワイン2種も飲んでしまいました・・・
それを抜け出して、横浜駅へ向かい、今度はお寿司と日本酒で、9月の大倉の演奏会の打ち上げがやっとかないました!横浜から東京まで乗った東海道線がE233-3000でした。1編成しかないレア車です!なんだかいい気分。

今日一日でアルコールの摂取量は、ビール3リットル分は軽く超えているでしょうが、その割にはしっかりとした足取りで帰宅。

12月27日(日)
目覚めも素晴らしいです。冬期講習2日目。レッスンは夕方でおしまい。
横浜まで生徒さんたちの演奏を聴きに参りました。関内ホールってところ初めて行きました。
それぞれに頑張っていたと思いますが、まだ僕の役立てることはありそう・・・!これからも応援したいと思いました。

帰宅してすき焼きの残りを食べつくす。

12月28日(月)
昼過ぎから乃木坂へ赴き松本蘭ちゃんと合わせ、ほとんど初見でしたがまぁ様子をつかむということで・・・
演奏会の詳細はまもなくアップします。1月15日です。
それにしても、彼女美しすぎて平常心を保つのが大変でした(笑)
終了後はミッドタウンで楽譜製本しながらお茶したのですが、パリで親しんでいた日本人パティシエさんのお店でした。逆輸入かぁ、すごいな!
37311230_458732977.jpg
そして新宿へ向かい株はすでに売ってしまった某百貨店で遅すぎるお歳暮→寒中見舞いを補充し、その後音楽関係者の集まるパーティーがありました。田崎先生はじめ音楽家たちに混じってピアノ好きで有名な假屋崎省吾さんがいらしていましたが、「あら~あなたのリサイタルいつか行きたい行きたいと思っているんだけど~」と言ってくださりこの人は本当にマニアだな、と思いました。笑
ぜひご招待しますね!
懐かしいメンバーたちに会えてとても楽しいひとときでした。
でも二次会はサボり帰宅。

12月29日(火)
朝から断続的に3人のレッスン、終了後は明日の合わせのためさらう。

12月30日(水)
午前中は練習をして、昼すぎから合わせ。1月6日にさいたまで共演するロジャンスキー兄弟。
兄弟ともにデカイ図体なのでうちがせまくて本当に申し訳なかったですが・・・さすがフランス人!率直な意見がどんどん出てくるので非常にやりやすかったです。ここのところ男は黙ってピアノ弾く、みたいな世界に長らくいたので、なんだか懐かしい感覚を覚えました・・・
それから昨日急に電話がかかってきてSOSで引き受けたえりなちゃん。明日のレッスンについていくために、「メンコン(本物)」合わせました。
そして支度して今日も横浜へ・・・
師匠加藤伸佳先生のパーティー!!!今年もみんな元気で集まれて本当によかった!!!
僕も育って巣立った生徒たちが集まってくれるような慕われる人間になりたい、と思いました!!終電で帰宅。

12月31日(木)
朝1人レッスンして先生業は仕事納め。
そして午後はえりなちゃんのレッスン伴奏で田町の浦川先生のお宅へ。初見オーケストラで申し訳なかったですが、本番前のアドヴァイスの数々は自分にも通ずるところがあって勉強になりました。ピアノ弾き納め。

帰ってきて仮眠して今年の日記書き納め・・・
これから百合ヶ丘に出かけます。ジルヴェスター上がりの音楽家たちとオールです!!笑
今年はピアニストは暇でした!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/270-50f26d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。