リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初仕事を終えて・・・
1月1日(金・祝)
明けたのは、小田急線の向ケ丘遊園駅の待合室でした。百合ヶ丘に行く途中、電車を待ってて・・・
今年もK先輩と仲間たちと生徒たちと、楽しいオールの新年会でした。マスターが作ってくれたお雑煮食べて酔っ払ってKさん宅になだれ込みピアノ弾きまくり聴きまくり贅沢なひとときを過ごしていたら、いつの間にか夜が明けていました。
ちょこっと昇ってしまっていましたが、いちおう初日の出も見て、家に帰る途中で小野照崎神社と三島神社に詣でてお神酒もいただき、一通りの義務は果たして帰宅しました。
35019801_1695313603.jpg
仮眠したのち、年賀状作成に取り掛かり200通作ったところでハガキがなくなり、自転車で近所中の郵便局を廻っていたら(本局行ったのにインクジェットが売り切れていて・・・)日が変わってしまいました。

1月2日(土)
愛車のVTRで常磐道飛ばして茨城の田舎に行きました。水戸に行って以来2回目の遠出です。少し風が強かったですが天気も良かったし、行きは空いていたので非常に快適でした。
祖母の老化は進んでいましたがまぁ目立った病気もなさそうで安心し、父と叔母と4人で昼食をとり、さらに年賀状を200通あまり作成して、一人田舎を後にしました。
帰り道はさすがに渋滞が見られたので埼玉県内から下道をゴロゴロと走り、小平のもう片方の祖父母宅へ。バイク用のナビを持っていないので少々迷いましたが、浦和、和光、東久留米を抜けなんとか到着。
こちらも2人とも元気そうでした。顔だけ見せてお茶飲んで早々後にしました。都内の下道はガラガラで帰りはスムーズでした。帰宅後練習初め・・・

1月3日(日)
午後一でRojanski兄弟と2回目の合わせ。今日もマイペースな感じでスムーズに練習は終わりました。終了後はベートーヴェンをさらいました。急にソナタ4曲も録音することになって焦っています・・・[m:78]

1月4日(月)
個人レッスン開始。2人だけだったけど話し込んで長くなる。
今年も頑張りましょう!

1月5日(火)
今日はG大で合わせ。まだ誰も来てないかと思ったら、意外と混んでて練習場所の確保に苦労しましたが、どうにか部屋を見つけて最後の合わせ。まぁ明日の本番はどうにか良いものになりそうです。
終了後はまた自分の曲を夜までさらって、帰り道に今年のラーメン初め!麺徳の二郎風ラーメンヤサイマシアブラスクナメでございました。
そして帰宅後さらにスナックを食べるという暴挙に!!!笑

1月6日(水)
去年のレコーディング以来、約1年ぶりのさいたま芸術劇場。
気持ちのよい響きのホールです!
いつも通り、順調にことは進みました!

2010年1月6日(水)19時
さいたま・彩の国芸術劇場 音楽ホール

アレクシー・ロジャンスキー(va.)
ボーリス・ロジャンスキー(vn.)
菊地裕介(pf.)
ヘンデル パッサカリア (va. vn.)
モーツァルト ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 第2楽章(Trio)
クライスラー プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ(vn. pf.)
ヘンデル サラバンド (va. vn.)

滝廉太郎 荒城の月 田中利光編曲 (va. pf.)
ブラームス ヴィオラ・ソナタ第1番ヘ短調 Op.120-1 (va. pf.)
ヴィターリ シャコンヌ (vn. pf.)

アンコール
アメイジング・グレイス (Trio)

打ち上げで大宮に行き素晴らしい日本酒をいただきました。(黒龍しずく、十四代)ちょうど僕の年齢は兄弟の真ん中だということが分かりました。(それぞれ上下に8歳ずつ離れているのです)
とても楽しい時間を過ごしました。

しかし・・・タッチの差で終電を逃しました。

まさか12時前に終電が出るなんて想像もしてなくて・・・(上りの終電ってすごく早いんですね・・・)赤羽までしか行けませんでした。タクシーの運転手さんを労っているうちにほどなく帰宅できましたが、新幹線で1駅とはいえ意外と大宮は遠いということを知りました。

1月7日(木)
G大初出勤。朝、昼、晩用に弁当を3つもちこみ、レッスン室に引きこもり・・・教える合間に、必死で・・・(笑)さらいました。今日は10時50分に退散、帰宅。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/01/11 02:55】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/271-5d12d212
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。