リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕は朝青龍を尊敬します
僕は何はともあれ、元横綱を尊敬しています。好きとか嫌いとかではなくてね。

報道されている内容を前提にはしていますが、それがどこまで真実だかわからないので、信じる部分も疑う部分も、ほとんど個人的な憶測から語ることです。ただ、個人的なスタンスだけは表明できるかな、と思います。
ですので、そんなただのつぶやきなら聞きたくない、という方は読み飛ばしてください。

事態の真相(僕はかなり怪しいと思いますが)がどうあれ、示談成立は事実のようだし、示談金も支払うらしいし、さらに進退問題にかかわりなく警察はこれからきちんと捜査すると言っているのですから、あの時点で部外者のわれわれがギャーギャー騒ぐことではないでしょう。日本は法治国家なのですから。
マネージャーが虚偽の申告をした、という部分にはちょっと不信感を覚えますが、それもおそらく元横綱本人ではなく周りが勝手にやったこと(あるいは進言した)なのではないかと思います。本人はノーコメントを貫いているのですから・・・そしてそのような虚偽申告をせざるを得なくなった事情も、われわれにははかりねないものがあると思うのです。今まで、些細なことで悪役のレッテルを貼ってきた結果でしょう?本当にサボりならちょっと良くなかったかもしれませんが、愛する母国のファンのためにサッカー親善試合に出場すること、土俵でガッツポーズ(別に敗者を侮辱することにはならないと思いますが・・・むしろ感謝のあらわれでは?)、報道陣の無礼な扱いに対し感情を露わにする。どれも自然で些細なことでしょう?むしろとても人間的だし、並みの日本人にはできないこと、新しい風、だと思うのです。「文化」もちろんとても大切だと思いますが、変化するものなのです。「保存のための保存」という道はもちろんありますが、それは本流とは違うところでやるべきでしょう。いっそ「伝統相撲」というジャンルでも作ればよいと思います。古楽には古楽の流派があるのとまた同じでしょう。異分子を単純に「排除」するのではなく「懐柔あるいは同化」することはできなかったのでしょうか?同じく伝統芸能に従事する者ですが、伝統の「純化」とは「萎縮」にほかならないのではないかと思います。

外部の圧力凄まじい中では、今回の日本相撲協会の引退勧告は苦渋の決断だったと思いますから非難する気は別にありません。元横綱の決断も、この環境下では当然のことだったと思うし合理的な判断だったとは思います。

ただ、何なんですか?この世の中、特に一部マスコミの、鬼の首を取ったかのごとき下品な騒ぎ方。

凡人は強者に幻想を抱きますから、横綱の品格、とやらを凡人(僕も含めて)が期待するというのはまぁ理解はできます。(古今東西の権力・実力者たちの実態とかけ離れた情報操作、そしてそれに翻弄される人民たちを見ていれば明らかです)
しかしその「品格」だって、たとえば貴乃花親方が言及するのであればまだ重みがあると思うのですが、相撲経験のない人間がとやかく言うことではないのではないですか?貴乃花親方の意見も、社会の風潮を慮った結果であり、彼自身の真意、心の声ははかりかねるところでありますし・・・そもそも彼が「品格」という言葉を使ったのもあまり記憶にはありません。だいたい自らを省みずに他人の「品格」をとやかく語るのは、それこそが下品だと思います。
横綱審議会の面々が、一部を除けば各界を代表する重鎮であることは認めます。しかし根回しや談合を主として成り立っている「日本の一般社会」でトップにのし上がった人が、実力第一の勝負の世界をどこまで理解、というか体感できているのかは、甚だ疑問です。その点では素人の集まりとも言えなくもありません。土俵や舞台やフィールドといった場で、一瞬のうちに全てが決される勝負の世界をどれほど体感していらっしゃるのか・・・?
そういう意味ではわが東京芸術大学の宮田学長が今度横審に就任されてから、どのような働きをされるのか注目していますが・・・そんな彼も演奏家ではありませんしね・・・
スポーツ、芸術では技術(表現力を含めた総合的な)が全て、技術こそが最大の説得力であり最も偉大なのではないですか?もちろんルール(特に成文化されたもの)にはのっとらなければなりません。しかし、「マナー」は、もちろんあるに越したことはないのですが、それよりは「強さ」こそ、もっとも大切な「品格」なのではないですか?
寄り合って集団生活を営んでいる一般社会とは一緒にしないでいただきたいです。
どうしても横綱の(土俵外での)「品格」にこだわるなら、あるいは大関降格はできなかったのでしょうか?前例とか関係なく(内規には存在するようですが)。そもそも、横綱に担ぎあげず最強大関にとどめておくことだってできたでしょうに・・・その点では彼の人気を利用しておいて、その後の教育が十分だったとは、やはり思えません。受け入れなかった元横綱にもそれなりの落ち度はあるとは思いますが・・・外人だからこそ感情的にならずに、より忍耐強い説得が必要だったと思います。自分が外人になった経験がない人間にはそういうこともわからないのでしょう。そういう人が外人に対して偉そうにしてはいけないと思います。

しかし、「生来一つの道を“極める“」というのがどういうことか知らない、それどころか大した業績も上げていないくせにヤジばかり飛ばしている一般人たちに至っては、事情もろくにわからずに非難するだけの資格があるんですか?自分が大した実力もないゆえに、打ち破れない規律やら社会規範やらという名の「監獄」に閉じこもった生活に感じているストレスを、才能があり自分たちの監獄と違う世界に生きる「スター」にぶつけているだけなのではないでしょうか?自分の仕事の実力で彼を上回る働きをしている人間がどれほどいるのですか?ほんとうに不遜も甚だしい!生意気だと思います。 彼を批判している一般人は完璧な人間ですか?
いまだ詳細が明らかにされていない何らかの経緯から、酔って喧嘩して人を叩いてしまったことで、即退職(一般人なら転職も可能でしょうが、彼の場合は代替の職場が存在しないのです)しなければならない世の中が本当に正常なのでしょうか?
残念ながらそれが当然とされる恐ろしい世の中である以上、彼の行動は軽率だったとも言えますが、自分のスタイルを貫いた結果かもしれません。

王者は王者です。凡人とは違います。 超越した存在なのです。人間としての光の部分も影の部分もともに出し惜しみせず、率直に生き、勝負にすべてをかける。それこそが力士としての真の「品格」ではないですか?他人の目を気にしていい子ぶるのが「品格」だとおっしゃるのですか?
天賦の才能に恵まれ、人知れず努力を怠らず、実績を上げてきた選ばれし戦士、にもかかわらず、単に自分たちと考え方や行動規範が異なるからと些細なことでギャンギャンと吠えまくる凡人たちに辟易し、かえって反抗的になってしまった部分があるのではないでしょうか?本件に関しては自分の腕力を自覚しなかったという点で悪いことは悪いですから、全面的に擁護するわけではありませんが、ちょっとヘマをした。程度のことだと思います。生活態度がだらしない、って非難をする人もいますが、だらしなく見せても実は人知れずけたはずれの努力と工夫を重ねて、そして実績を上げる。これってすごく大変なことだと思うのです。ときどき人間性に問題がある部分は否めませんが、すごく優しい一面もあるし、その奔放な性格なくしては、彼の場合はあの「スタイルの」強さは成り立たなかったと思うのです。「根っからの善人」の演奏が、ほとんどの場合つまらないのと似ています。偉大な芸術家はひとくせもふたくせもある人物がほとんどでしょう??(まぁ印象操作によって蓋をされていますけどね)
まあ、大相撲に神事としての一面がある、という観点からは、土俵上でのマナーについては、ときに多少問題があったかもしれないとは思います。 ・・・しかし、土俵を離れたプライベートのことは、法定主義にのっとって処理すべきだと思います。職場の人間が乗り込んでくるのは公私混同も甚だしいと思います。

横綱だろうが一般人だろうが悪いものは悪いし悪くないものは悪くないのです。
それが医者だろうが弁護士だろうが教師であろうが警官であろうが大統領だろうがアイドルだろうが、僕は同じスタンスでとらえます。仕事は仕事、プライベートはプライベートでしょう。もちろん職業倫理、てのは必要だと思いますが、職場(別にオフィスに限定するわけではないですが、その職業に従事している現場、あるいはそれに準ずる場面)に限って適用すべきでしょう。

そもそも自由主義国家の原則として私刑はあってはならないのですから、この種の社会的制裁などというものもあってはならないのです。

日本は公私混同がはなはだしすぎると思います。身分(社会的なものではなくあくまで仕事の)や上下関係にうるさく、職場の人間関係がすべて、みたいな人間が多いからでしょう。

「大相撲における横綱の地位は日本固有の伝統文化であり、国民に広く敬愛されている栄光である。土俵上で心・技・体で最高位であることはもとより、土俵外にあっても国民の尊敬と期待に背くようなことがあってはならない。今回の横綱朝青龍の一連の不祥事は一部、週刊誌とは異なる点があるものの国民の許せないという声も無視できない。朝青龍はこれまでも大相撲の発展に大きな貢献をし、多くの相撲愛好家に感動を与えてきた。この栄誉を不滅のものとするためにも退場しなくてはならない。これは万国共通の男の美学である」

これ、横綱審議委員会の鶴田卓彦委員長の談話ですが、大筋では同意できるのですが、いくつか苦しい部分があります。

「土俵外にあっても国民の尊敬と期待に・・・」だから僕は尊敬しています、土俵上で仕事をする人なのだから、土俵上の「品格」を尊敬しているし、土俵外の不祥事にあってもそこに人間的な姿を期待をしているのです。
「週刊誌とは異なる点が・・・」ほらやっぱり!!
「国民の許せないという声も・・・」国民って誰のことでしょうか?責任のなすりつけ??

まあ世論のバッシングを避けるためには良くできた談話に見えますけれど、いかにも玉虫色で、どこまで鶴田氏個人の本音が含まれているのか?世論を慮ってこのようなコメントを残されたのでしょう。ある意味気の毒なくらいです。
それにしても、一度バッシングを始めたらよってたかってバッシング、日本人はイジメを否定しておきながら、これはイジメの構図そのものではないでしょうか?

無責任に野次を飛ばしている小物たちこそ、胸に手を当てて大いに反省してもらいたいと思います。主体性がなく、周りに流されて「非国民!」となじっていたあの時代と、本質的な国民性が全く変わっていないところに強い危機感を覚えます。今回の件はほんの一例です!!こうやって有能な人材の多くはどんどんつぶされていく。
それゆえの良い面もたくさんある日本人だと思いますが、今回の一件は、ここに至るまでの経緯を含めて、悪い面を集大成してしまった結果だと思います。

起こってしまったことは仕方ありませんが、いろいろと考えることができれば、日本人が覚醒する契機だと思いますが・・・きっとそうはならず一過性の熱病で終わるのでしょう。このままでは日本は永遠に世界から理解されないでしょう。残念ですが。

世界にはかたやベルルスコーニがいまだ人気の某国・・・もあるのですからね。
良し悪しはともかく、われわれが取り組んでいる音楽はそちらのほうから伝来したものだということもお忘れなく・・・!せめてクラシック音楽にかかわる人々だけでもそのあたりの、「話のわかるおとな」「大物」「個性あふれる豊かな人間」になってほしいものです。どうせ「不良」の一言で片づけられてしまうのでしょうけれども・・・

個人的には、社会がもう少し大人であれば、今回は、引退勧告ではなく最後通告と徹底教育でよかったと思いますね。20代の人間をいい大人がよってたかって・・・この世の中では今回の成り行きは致し方ないのですが・・・

とにかく「・・・たるもの」とか「・・・としてあるまじき」とかっていう言葉が大っきらいです!!!!お仕着せがましいことこの上ない!
このままではもともと好きだった「品格」という言葉も嫌いになりそうです。言葉に罪はないのですが、いつもそれを独り歩きさせる「世間体」こそが諸悪の根源です。いまや「品格」と言っておけば何でも批判OK、一種の流行語みたいなものですかね・・・「当たり前」という言葉も大嫌い!!!

ここまで忍耐強く読んでくださった方には、心より御礼申し上げます。なぜか黙っていられなくなり、感情的に書きなぐってしまいました。
世論の趨勢をみる限り、僕のこれらのコメントもきっと批判的に受け止められることでしょう。
どうか全力で批判してください。僕も全力で「世間体」に反旗を翻したのです。批判されることは最大の学習になり財産になりますから、僕は大歓迎です。
批判と人間性の否定とは違います。このあたりも、日本人の多くが混同し勘違いしているところなのですけれど・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/02/07 10:22】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/02/07 23:18】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/274-e5e7f194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。