リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月第1週 本番3つ
2月1日(月)
朝起きて一番三浦半島のほぼ先端油壺へ向かう。
お年寄りたちの暮らす、油壺エデンの園。
海に臨む、すごく広くて自然も豊かな素晴らしい園でした。

僕の祖母の、女学校の先生(!)が住んでいらっしゃって、招待してくださいました。もう90歳くらいだと思いますが、大変しっかりしていらっしゃり、いろいろと心を砕いてもてなしていただきました。
リハの合間にお食事を一緒にしたり、いろいろお話を聞きました。
お年寄りたちは、元気な人からお静かな方までさまざまでしたが、喜んで下さってよかったです。

2010年2月1日(月)14時
神奈川・三浦市
油壺エデンの園
入所者のみなさまのためのコンサート
ベートーヴェン ピアノソナタ第14番「月光」
ベートーヴェン ピアノソナタ第23番「熱情」
ラフマニノフ ピアノソナタ第2番 作品36
アンコール
ショパン 英雄ポロネーズ

このプログラム、心臓に悪いか、とも思いましたが、
「力をもらった!これで寿命が延びた!!」と言ってくださって本当に嬉しかったです。リクエストを受けた英雄ポロネーズも無理して準備してよかった!
あたたかいおもてなしをありがとうございました。

2010パーソナル 007
祖母ともゆっくり話ができてよかったです。
夕方、帰宅後、次のいくつかの本番の曲を必死でさらう。

2月2日(火)
午前中は練習。
午後、新宿の村松のホールで7日の多摩のコンサートの合わせ。
帰宅後はグリーグもさらう。

2月3日(水)
さすがに、今日はグリーグをさらいました。リハの時のようなミスをしませんように・・・!

2月4日(木)
朝一番で、調布へ行きました。
京王線にはほぼ一年ぶりに乗りました。まるでPTSDで、最初は体が震えましたが、目を閉じたら克服できました。
GPもなしで、練習室も無く、かなり不安な本番でした。案の定、一度目の本番は通常のリハのような状態になってしまい申し訳なかったです。
仮眠をとって、指慣らしもできずに臨んだ午後の本番でしたが、弾きだして一分間こそあまり指が動きませんでしたが、その後はそれなりにうまくいきました。やはりGPは大事なんだな、って思いました。
都響はそれでも素晴らしいオーケストラでしたし、下野さんのアンサンブルにはとても安心して乗っかることができました。これに懲りずにまたぜひ呼んでいただきたいです・・・

2010年2月4日(木)
①11:00-12:00 ②13:30-14:30
調布市(中学校) 音楽鑑賞教室 調布市グリーンホール
指揮:下野竜也 
ピアノ:菊地裕介 
お話:朝岡聡
【プログラム】
ビゼー カルメン前奏曲
グリーグ ピアノ協奏曲第1楽章
ドビュッシー 月の光
ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」
スメタナ モルダウ(ブルタバ)
ブラームス ハンガリア舞曲5番(アンコール)

終了後はいったん帰宅、仮眠し、
今度は紀尾井ホールでわが東京音大の誇る超絶ソリスト冨永愛子ちゃんの演奏会でした!
試験の時も聴きましたが、より一層の成長の跡が見えて頼もしかったです!ドレスもきれいだったよ。K先生そしてJ先生おめでとうございます。
そのJ先生と、野郎生徒2人と合わせて4人で四谷で飲んで帰ってきました。

2月5日(金)
朝一で芸大に行き、書類に不備のある生徒をフォローし、
副科ピアノの試験審査。
終了後は大部会、新任の先生が紹介されました。初々しいですね。
そして精養軒での懇親会!
去年本番のため欠席してしまったので、2年ぶりです!
たくさん飲んで、美味しいものをたくさんいただきました。
今年で退官される先生方の送別会を兼ねているのですが、
それにしても、あとわずか2年で5年の任期を満了し、僕も送られる立場になるなんて・・・とってもさびしいな、と思ってしまいました。

帰宅して、すぐに自宅レッスン、夜までみっちりです。

2月6日(土)
夜までさらって、リゲティの合わせをしました。
まだまだですが、どうにか出口は見えてきました。
明日の本番の練習もしなくてはいけないので、終了後はすぐに帰る。

2月7日(日)
朝一で多摩センターへ。どうも最近朝一の出発で遠出することが多くて疲れます。今日はもう京王線に乗っても平気でした。
地域のコミュニティセンターみたいなところでのトリオなどの本番でした。
2010年2月7日(日)午後2時開演(午後1時30分開場)
パルテノン多摩 訪問コンサート
ゆう桜ヶ丘ティータイム・コンサート
主催:桜ヶ丘コミュニティセンター運営協議会、財団法人多摩市文化振興財団
~フルート、チェロ、ピアノによる三重奏のひととき~
フルート:野勢善樹(のせ よしき)
チェロ:宇田川元子(うだがわ もとこ) 
ピアノ:菊地裕介(きくち ゆうすけ)

ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
メンデルスゾーン:トリオ ニ短調 より 第2,3楽章

ラフマニノフ ピアノソナタ第2番 作品36 より 第2,3楽章
ダマーズ:コンセール風ソナタ
など

終了後、懇親会があったのですが、なんと小学校の同級生のお母様が、近隣にご在住とかで来てくださいました。最近はすっかり縁遠くなってしまいましたが、やはりもともと僕はこの地方の出身なのですよね・・・

帰りがけに、西大井に住んでる中学校の同級生H氏夫妻が神奈川の奥に引っ越すらしいので送別(?)パーティー。O夫妻など、友人たちにもあえて、友人Aさん(仮名)持参の素晴らしいイタリア料理にも舌鼓を打ちつつ楽しく飲みました。
37311230_3735734818.jpg

終電よりは少し早く帰宅しました。
来週も名古屋のレクチャーやらコンサートやら、ハードなのです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/281-ba32e277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。