リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショパンモーツァルトシューマンベートーヴェン・・・
3月6日(土)
夕方のショパンの講座のために必死でふよみと研究。

2010年3月6日(土) 18:30-20:00
朝日カルチャーセンター新宿
レクチャーと演奏「ショパンの日記・マズルカ」
 [ ]内はパデレフスキー版の番号
Op.17-1~4 [10~13]
Op.24-1~4 [14~17]
Op.33-1~4 [22~25]
Op.50-1~3 [30~32]
Op.63-3 [41]
Op.68-4 [51]

3月7日(日)
午前中は4月25日本番のモーツァルトのコンチェルトをふよみ、
そして合わせに、藤沢まで出かけました。江ノ電なんてちょー久しぶりに乗りました。藤沢で食べた家系のラーメンがなかなか美味しかったです。
アマチュアの方々なのでもちろんプロオケのようなわけにはいきませんでしたが・・・それでも27番って本当にいい曲だよな~!

帰ってきたら、今度はシューマンやらベートーヴェンやらを必死でふよみ。

3月8日(月)
今日は貴重なひきこもりday。16番もだし新曲のテンペストの暗譜はもちろん怪しいし、アレグロとかも弾けてないし・・・><どーすんのって感じですが・・・シューマンの楽譜出版のための作業にもかなりの労力を割きました。

3月9日(火)
朝はレッスン、午後、夜の会議の楽譜を整理。、ふたたびレッスン、それから、明日の歌曲の合わせをMさんと・・・
終了後は、楽譜の編集について会議、と題して入谷に出来た話題の焼鳥店に行ってきました。みぞれが降りしきる中、昭和通りに面したこじんまりとした店でしたが、すごくおいしかったです。
37311230_4266556413.jpg
37311230_2053454956.jpg
37311230_2035191840.jpg
37311230_1265719472.jpg
37311230_660397631.jpg
そしてお酒も素晴らしく、二人で一升という深酒をして半分前後不覚にて、雪まみれになって帰宅ww
でも、おかげでとっても素直な気持ちになれたんだな!

3月10日(水)
多磨全生園というところに訪問コンサートに行きました。
とっても重い歴史と戦ってきた、ハンセン病の療養施設です。
プログラムは、ベートーヴェンの月光の一楽章とドビュッシーの月の光の予定だったのですが、指慣らしに熱情をちょこっと弾いていたら、「それ弾いて下さいよ」みたいな話になり、急きょ熱情の全楽章に変更になりました・・・楽譜も持って来ていなかったのですが、どうにか暗譜で弾ききることができました。

35019801_2795253333.jpg
(舞台では耳は取りました・・・笑)

2010年3月10日(水) 13:00-14:15
国立療養所多磨全生園(東村山)
ベートーヴェン 「月光」1楽章
ドビュッシー 月の光

ベートーヴェン ピアノソナタ第23番「熱情」
ベルリオーズ、Le spectre de la rose
小林秀雄 落葉松
など・・・

帰宅して、ひとりレッスンして、必死でさらいました・・・笑

3月11日(木)
午前中は連日の疲れでぐったりしていたけれど、夕方から、あすからの富山入りに備えて必死でさらう。どうにかなるかな・・・?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

すごいタイトスケジュールですね!全て全力で取り組んでいる菊地さんのブログを読むと、私も毎日1日を頑張ろうと思います。
音大を卒業して会社員になり、ピアノから離れてしまいましたが、最近また練習しています。もっと技術力が向上したら菊地さんに習いたいと、それが目標になっています。

また演奏会にも行きますので、どうぞお身体にお気を付けて頑張って下さいませ。
【2010/03/19 21:40】 URL | 美樹 #mQop/nM. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/03/24 12:50】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/03/29 13:52】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/284-a5be3151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。