リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の疾走を振り返る
5月12日(水)
朝からG大に缶詰。夜は舞ちゃんとあわせ。

5月13日(木)
東京音大に11時間閉じ込められていました・・・帰宅後は明日のために夜中まで必死でさらう。

5月14日(金)
鈴木舞ちゃんとの本番。
早起きして少しだけさらってすぐに調布へ出発、11時にリハ開始。14時に本番。このコンサートは、飯森さんが主役、という印象でしたので、そんなに緊張することはなく弾けました。

2010年5月14日(金) 14時開演
調布市文化会館たづくり くすのきホール
マエストロの部屋 第1回
飯森範親氏によるトークコンサート
鈴木舞(vn.)
菊地裕介(pf.)
モーツァルト ヴァイオリンコンチェルト第4番「トルコ風」より第3楽章
ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第4番より第3楽章
シューマン ヴァイオリンソナタ第1番 全曲
39399661_4281861236.jpg

5月15日(土)
かなり死んでいましたが、全音の仕事を必死でする。
夜は2人レッスン。
その後は秋の本番の打ち合わせついでに馬を食ってました。
3925213_10760818_125large.jpg
3925213_10760762_162large.jpg
入谷駅の、「三富」ですよ!
その後帰宅し、プチMJ会。

5月16日(日)
ブラームスのふよみを必死でする。
その後、レッスン、そして、またまた必死で原稿を書きました。
相談をしながら書きあげたときには夜が完全に明けていました。またもや徹夜です。

5月17日(月)
1時間だけ寝て、G大補講に行きました。
眠くてどうしようもなかったですが、夕方まで頑張りました。

5月18日(火)
東京音大に11時間の缶詰です。自分の練習なんて全くできません。

5月19日(水)
今日も朝から芸大に缶詰です。でも、わずか7時間のレッスンで済むので東京音大よりは楽です。日曜日の講座に向けて大量の課題曲を必死でさらうものの、どうなることか・・・?23時近くまで粘って帰宅。

5月20日(木)
朝から11時間にわたっての池袋缶詰。なんか僕の人生は間違っているような気がしてきました・・・
夜は池袋で黒酢酢豚ほか食べまくり!

5月21日(金)
午前中は内幸町の病院へ。
昼から全音に行きまして、テキスト原稿の校正を、担当のMさんとともに必死でやる。おにぎりを食べながら、結局22時までかかってしまいました・・・これで晴れてすべて終了、のつもりでした。後日また面倒なことになったのですが・・・笑
明日の演奏会のための練習??さあね・・・どうなるの?

5月22日(土)
午前中はさすがにブラームスを必死でさらう。
お昼過ぎに家を出て湘南台へ。けっこう遠いですね・・・

古い楽器と、結構デッドな音響で苦労しました。
昼食もろくに取っていなかったので、リハーサル後、後半の出番まで時間があったのでバーガーキングへ行く。
戻ってきてから、若林さんの名演をモニターしながら、出番までかなり待ったのち、本番。

2010年5月22日(土)16時開演
神奈川・藤沢市湘南台 市民シアター
湘南台トワイライトコンサート「ブラームス・鍵盤」
企画 畑中良輔芸術監督

ハンガリー舞曲 第1、4、5、6番(Pf:今橋学・吉田順子)
幻想曲集 Op.116より 第2、3、4番(Pf:斉藤雅広)
6つの小品 Op.118より 第2、3番(Pf:斉藤雅広)
2つのラプソディ Op.79(Pf:古賀大路)
ピアノソナタ 第3番 Op.5(Pf:若林顕)
ワルツ曲集 Op.39(Pf:菊地裕介)
ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ Op.24(Pf:杉谷昭子)
3925213_10764158_177large.jpg
3925213_10764168_78large.jpg

このところの練習不可能状態につき、初見に毛が生えたような状態ではありましたが、ワルツの精神を伝えるべく、必死で演技をしました。
今日お友達になった古賀君はなんとうちの近所に住んでる、とのこと。これからよろしくね!!

終了後、聴きに来てくれた2人とスタバで軽くお茶、戸塚駅に着くと、辻堂駅の工事の影響を受け東海道線ダイヤ乱れ、横須賀線でのこのこと帰宅する。

5月23日(日)
6時に起きて、7時半に出発、羽田へ。早めに着いたので、そばを食べる。松山へ飛び、空港からバスに乗って松山市駅に到着すると豪雨・・・
わずか数百mの距離でずぶぬれになりつつも会場に到着しました。

40曲以上の膨大な課題曲を、わずか4時間と少しで演奏しながら解説していくのは、とても大変なことでした・・・

2010年5月23日(日) 1300-1730
ヤマハ松山 アオノホール
ピティナ愛媛県支部
ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲説明会 公開レッスン
http://branch.piano.or.jp/ehimeken/column/2010/06/06_002712.html

終了後は素晴らしい打ち上げをしていただいた後、
3925213_10760883_210large.jpg
3925213_10760927_222large.jpg
3925213_10760971_226large.jpg
道後温泉に泊まりました。
何と宿泊付きの方が航空券を往復で買うよりも安かったので・・・
3925213_1981442_244large.jpg
3925213_1981452_91large.jpg
ちょっとさみしかったですが少しゆっくりできました。

5月24日(月)
温泉の朝食って良いですよね!
3925213_1981515_147large.jpg
3925213_1981530_182large.jpg
3925213_1981536_169large.jpg
3925213_1981583_183large.jpg
乗りかけた舟なので珍しく観光をしていきました。
3925213_1981633_36large.jpg
3925213_1981670_109large.jpg
3925213_1981707_24large.jpg
3925213_1981750_40large.jpg
松山城へはメタボ解消を兼ねて徒歩で登りました。
昨日の雨天がうそのようでした。

昼過ぎのフライトで帰京しました。
大量に溜まったメールを処理したり、全音の仕事の最後のダメ出しを調整したりするうちに、あっというまに夜中になってしまいました・・・

5月25日(火)
いつも通り東京音大に11時間でした・・・今日も人間不信に。みんなその場では当たり障りのない態度で油断させておいてあとから裏切る。もう誰を信じたらよいのか?
土曜日のために、ふたたび平均律を泣きながらさらう。

5月26日(水)
朝からG大に缶詰でした。夜に帰ってきて、またまた泣きながらバッハをさらう。

5月27日(木)
いつものごとく朝から池袋に缶詰。今日は健康診断のため午前中は飲まず食わずでとても辛かったです。なにもおかしなものが出てきませんように・・・
8時までレッスン後帰宅。さらに1名のレッスン、もう死にそうですよ・・・

5月28日(金)
ここで行かないと永遠に行けそうになかったので、朝は髪を切りに行きました。その後、上野を街クリ。久しぶりに廻るすしに行ったり、コンタクトを作ったり、ソフバのショップとか、さまざまな用事を済ませて急いで帰宅。2名レッスン。
それから着替えて東京會舘へ、今年も恒例の日演連音楽人パーティーへ行きました。しかし若手の演奏家が僕を含め3人しかいませんでした。みなさん、どうしちゃったんですか?
パーティーディナーを過食の後八重洲に寄って3人でビール飲んで帰宅。

5月29日(土)
泣きながら平均律をさらったりお勉強したり。
夕方に出かけて、どうにかこうにかがんばって、すぐに帰ってきました。明日も早いので・・・寝ないと死にます。

2010年5月29日(土)1830-2000
朝日カルチャーセンター新宿
全曲演奏解説シリーズ「バッハ平均律の旅」第一回
バッハ 平均律クラヴィーア曲集 第I巻より
第1番 ハ長調
第2番 ハ短調
第3番 嬰ハ長調
第4番 嬰ハ短調
第5番 ニ長調
第6番 ニ短調

5月30日(日)
朝から雑司ヶ谷音楽堂へ。
チェンバロとピアノを聴き比べることのできる興味深いステップでしたが・・・とにかく一日がかりなのはとても辛いです・・・
でも、ありがとうございました!

2010年5月30日(日)
東京都豊島区・雑司ヶ谷音楽堂
PTNA目白バロックステップ
アドバイザー・トークコンサート

無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番(菊地裕介編曲)より、サラバンド
平均律クラヴィーア曲集第1巻より
第3番 嬰ハ長調
第4番 嬰ハ短調

終了後は池袋の魚善で打ち上げ・・・十四代を飲みまくりました。

5月31日(月)
充電日でしたよさすがに・・・
やはり体力をつけなければ死んでしまうと実感したので、上野のフィットネスに通うことにしました。
スキンケアやらラーメン過食やらののち、今日はその第1回で、気持ちよく汗を流してきましたよ・・・!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/291-50783281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。