リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノが弾きたい!!!
6月1日(火)
東京音大に11時間の缶詰になる日。
くたくたになりました・・・

6月2日(水)
G大の日。
終了後はワインを飲んでチーズやハム、そして手作りお弁当を食べて、幸せにすごしました!!

6月3日(木)
一日東京音大にこもっていて、帰ってきてしばらくしたら、夜中に足が攣って歩けなくなりました。いつもなら数分で直るのに、今回は何時間も痛みがひきませんでした。ちょっと動かすと痛い・・・これも老化なんでしょうね・・・ほんとうに憎い・・・!!

6月4日(金)
TK音大補講日、お昼ごろの開始でしたが、結局会議やら何やらで終わったのは21時前。結局自分のことは何もできませんでした。
朝は少し足を引きずりながらの登校でしたが、無理やり動かしているうちにだんだん痛みは収まってきました。

6月5日(土)
今日も9時からTK音大でした・・・
普通に20時まで、つまり11時間です。もう頭がおかしくなりそうですよ。終了後上野でジムと水泳して、その後すし屋で会議。

6月6日(日)
朝から銀座。ヤマハ新店舗初上陸でした。
松崎先生、石井克典先生、播本先生と、またもやPTNAステップ・・・もはや社員状態です・・・
途中休憩時間に抜け出してハーゲンダッツへ行きました。サービスはとても丁寧だったのですが、なんだか取り扱いがマニュアルじみていて逆に居づらい部分が・・・階段で下りたかったのに・・・
3925213_12828548_16large.jpg
3925213_12828521_211large.jpg
夜まで何十人も聴いて疲れ果てましたが、打ち上げの飲酒と愚痴はバッチリ実行してきました。深夜帰宅。

6月7日(月)
たまりまくったデスクワークと、CDの編集チェックなど・・・池袋で集会があったので一応顔を出してからとんぼ返り、作業の続きを泣きながらやりました・・・この調子ではぜんぜん練習できません・・・

6月8日(火)
朝から夜まで東京音大でした・・・死にそうです。
もちろん練習なんて全くできません・・・

6月9日(水)
今日は朝からG大勤務日。
昼飯はひさしぶりにもへいに行きました。サバ文化干を食べたのも久しぶり。7時前に終了後は急いで帰宅。編集チェック作業、プロフィール作成、ライナー原稿書きなど・・・結局夜中まで眠れませんでした。

6月10日(木)
朝起きるのが辛かったですが、頑張って9時に行き、東京音大に缶詰です。なんだか体調の悪い子が何人もいて心配でした・・・おかげで僕はほんのすこしだけ練習できたけど・・・
それでもやっぱり夜まで働いて・・・帰宅後も少し明日の講座用にさらいました。特にシンフォニア8曲とか弾けないんだけど・・・
荷造りその他で結局2時過ぎまで眠れず・・・

6月11日(金)
6時過ぎには起きて準備して、7時20分には出発。こだまに乗り込み、弁当をさっさとかきこみ、ウトウトしていたらほどなく三島に到着。迎えに来ていただき、会場の沼津市民文化会館へ。数十分の予習の後、PTCコンクール課題曲クリニックでございました。
3時間以上、数十曲の課題曲について解説。ピティナのものとはまた違う曲で・・・なかなか大変でした。
終了後は食事をとる時間もなくまた三島へ戻り、ひかりを捕まえてまた弁当を食い、
3925213_12828511_143large.jpg
ウトウトしてたら名古屋に着きました。
地下鉄に乗り継いで急いで名東文化小劇場へ向かい、5人のかわいい生徒さんたちをレッスンさせていただきました!その後明日のためのリハーサルを一時間ほどして、ヘトヘトになりながらまたお弁当を頂き、コンビニで酒を買って栄のホテルにチェックインしてひとり宴会をして就寝しました。

6月12日(土)
東山線は山手線と違って若い子がたくさんです!
眠い目をこすって再びホールへ。
ほぼぶっ続けで聴いて、合間に弾いて・・・大変でした。

2010年6月12日 1320-1325
名古屋中央地区 ピティナピアノステップ
菊地裕介トークコンサート 名東文化小劇場
シューマン アレグロ ロ短調

明日はもっとうまく弾かなくっちゃ、そっしてトッパンはもっともっと上手にひかなくっちゃ、練習しなきゃ~~!!
そんな感じでした。今日はどうもトークも不調でございました・・・
明日も一日缶詰でステップです・・・4週連続とは・・・完全にピティナ社員ですね~~
いちおうピアニストだと思っているんだけど、ピアノを弾く時間が全くなくて・・・トッパンの準備は月曜日に死ぬ気でやります!!
次の休日は6月21日の予定です。死ねる!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/292-5bef467d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。