リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また一週間たったんだね・・・
6月13日(日)
昨日の続き、名古屋でステップ、そしてトークコンサート。
昨日よりは少しマシにひけましたがまだまだトッパンで弾くには恐ろしい感じでした。
昨日よりも人数は多かったのですが、2チームでの交代審査だったためにそれなりに休憩時間もあり、その間にほんのちょびっとですが必死でさらいました[m:55]
終了したのは20時過ぎでした。そのまま名古屋駅に直行し、自宅に着いたのは深夜でした。

6月14日(月)
朝はすこしゆっくり起きて疲労を取りました。
しっかり食事してから雨の中バイクでトッパンホールへ(近いのに、電車だと面倒くさいんです。)14時からリハーサルでした。18時までみっちりさらいこみました。やっと本当に練習ができた感じです。こんなにきちんと練習させてもらえるコンサートはなかなかありません。
これで明日頑張れるかな??帰宅して、少々の雑用をこなし日付が変わる前には寝ました。

6月15日(火)
起きてさらおうと思っていたのですが、結局ほとんどさらうことはできずタクシーでトッパンホールへ。10時からGPでした。
写真撮影などあったので、あわただしく本番開始でした。うれしいことに、完全に満席。(やっぱりタダというのは大きいか?いや、伝統ある輝かしいシリーズだからですよね?)
やっぱりもっと練習してから望みたかったとは思いましたが、自分のMAXで頑張ったつもりです。至らないところは多々あったと思いますが、どうか今後に向けてまたご支援をよろしくお願いします!

2010年6月15日(火)12:15
トッパンホール〈ランチタイム コンサート〉Vol.47
菊地裕介(ピアノ) 入場無料(要整理券4月19日配布開始)
[全席自由]
シューマンプログラム「喜びは悲しみとともに」
アレグロ op. 8
ダヴィット同盟舞曲集 op. 6

終了後、吉野家でわずか15分の打ち上げ、
そして帰宅し、3人の生徒をレッスンしました・・・
本当につかれたよ・・・

6月16日(水)
G大の日。朝から行って7時間レッスンしてから、20日に浪江で弾く曲を夜までさらって、久しぶりにオリンピックで買い物して帰りました。それだけで完全に一日が終わりました。

6月17日(木)
東京音大の日です。普通に11時間缶詰になりました・・・
ぐったり。

6月18日(金)
火曜日コンサートで休んでしまったため。東京音大は補講をしなければなりません・・・
6時半に起きて出勤し朝8時半にスタート・・・正直辛かったですが、少し長めの昼休みが取れたのでルミネの中華バイキングに行ってしまいました。
16時に終了後すぐに横浜市のセンター南のスタジオでCDの立会い編集作業でした。ひとつひとつ良いテイクをはめ込んでいく、とても地道な作業です。ノンストップで働きましたが、全体の半分くらいおわったところでもうもう24時近くになってしまい終電がやばい感じに・・・
普通にはもう帰れなかったので、都内の自由が丘まで送ってもらいそこから終電で帰宅しました。家に着いたのは1時半くらいでしたよ・・・

6月19日(土)
朝から自宅で4人レッスン・・・
それから急いで荷物をまとめてスーパーひたちに乗って、福島県の浪江まで・・・夜の10時過ぎの到着です。一日が短い・・・

6月20日(日)
4月のときと同じく、ホームコンサート→レッスン という流れでした。

2010年6月20日(日)10時45分開場 11時開演
福島県浪江町
添田みつえ先生宅
サロンコンサート
バッハ 平均律クラヴィーア曲集 第一巻
第1番ハ長調
第2番ハ短調
第3番嬰ハ長調
第4番嬰ハ短調
第5番ニ長調
第6番ニ短調

シューマン アレグロ
ブラームス 16のワルツ

午後、6人の生徒さんをレッスンして、
3分頂いたでカレーライスをかきこみ、
また最終の上野行きスーパーひたちに飛び乗りました。

添田先生、みなさん、お世話になりありがとうございました。
かわいい生徒の皆さんも引き続き頑張ってください!!

着替える暇もなかったのでスーツのままですが、クーラーが効いてなくて暑すぎる!!!汗をかきすぎで気分が悪いです。クールビズなんてものは僕は大反対ですからね。品格がない。それなら普段着で結構。

明日は朝からレッスン、午後はまた港北で編集です・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

はじめまして。
以前からブログを拝見しておりますが、なんだかとってもお忙しそうで心配ですe-443
お休みや練習時間もとれてないようなので(;ω;)
あまりご無理をなさらないで下さい…
CDをよく聴いていますが今度演奏会で生の演奏を聴きにいきたいと思いますe-291
【2010/07/01 14:11】 URL | ととろ #d4X6GCCs [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/293-0175ae0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。