リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年7月備忘録
空白の日は泣きながらさらっていたか雑用していたか、気分が悪くて寝ていたかのいずれか、って感じです。笑

7月5日(月)
自宅で4時間レッスン。

7月6日(火)
東京音大で10時間レッスン。

7月7日(水)
藝大で7時間レッスン。
その後矢野玲子さまと合わせ。

7月8日(木)
東京音大で10時間レッスン。

7月9日(金)
朝は玲子ちゃんと合わせ。
音友社でレコ芸の取材(8月号に記事を書いていただいています。)
オクタヴィアで月刊Pianoの取材
夜はトッパンホールで永野英樹さんのリサイタル。リゲティとエネスコが圧巻でした。

7月10日(土)
朝、銀座入り。
リハののち、本番。
CHANEL Pygmalion Days
若手音楽家によるコンサート(入場無料、要予約)
銀座CHANEL Nexus Hall
ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ第7番 作品30-2
プロコフィエフ ヴァイオリン・ソナタ第1番 作品80
矢野玲子(vn.)
菊地裕介 (pf.)

ちなみに僕らの後は金子三勇士君でした。
終了後は別件で浅草のフレンチ「オマージュ」でディナーをいただきました。
3925213_164639417_66large.jpg
3925213_164626668_48large.jpg
3925213_164608570_125large.jpg
3925213_164228110_130large.jpg

7月11日(日)
参議院議員選挙、今回は当選してくれました。

7月13日(火)
東京音大で10時間レッスン。

7月14日(水)
藝大で7時間レッスン。
昼飯はたまにはまともなものを・・・根津かき愼の帆立かき揚げ丼
3925213_164188765_22large.jpg

7月15日(木)
東京音大の副ピ試験審査とレッスン少し。

7月16日(金)
東京音大補講で10時間レッスン。

7月17日(土)
自宅レッスン1時間と練習。
高田馬場にいいバーを見つける。

7月21日(水)
自宅レッスン2時間。練習。

7月22日(木)
夕方リハ入り。衣装のパーツを忘れて神経をすり減らすも、MJの女神が持ってきてくれました!持つべきものは友!

2010年7月22日(木)19:30開演
杉並公会堂小ホール
Europa artist
サマーフェスティバル in すぎなみ 2010
菊地裕介ピアノリサイタル
ベートーヴェン ピアノソナタ 第21番 ワルトシュタイン op.53
スクリャービン 幻想曲 op.28
シューマン フモレスケ op.20
危ぶまれていた集客も、みなさまのご協力のおかげでどうにか水準に達し、また本日発売の「Beetohoven Monumental」即売の売れ行きも好調でした。
お越しくださった皆さま本当にありがとうございました。
終了後は入谷で打ち上げ。その後朝方までMJ会になりました。UNOなんて久しぶりにやったよ。

7月23日(金)
藝大副ピの試験とピアノ科大部会。ここも夏休みに。
帰宅後一休みして2時間レッスン。

7月24日(土)
午前中に2時間レッスン。

7月26日(月)
昼過ぎから銀座ヤマハのアトリエにて瀬尾さんと合わせ。
久しぶりの再会でした。やはりシュトラウスは鬼のように難しい。
終了後はプリンスパークタワーで田崎真珠の展示会。美しい宝石の見学ののち天ぷらをごちそうになり、人形町のバルで二次会。K先生、ありがとうございました!

7月27日(火)
22日と同じスケジュールでコンサート。
2010年7月27日(火) 19:30
杉並公会堂小ホール
Europa artist
サマーフェスティバル in すぎなみ 2010
瀬尾和紀フルートリサイタル
プーランク : ソナタ
愛の小道~ワルツの調べ
「C」~ルイ・アラゴンの2つの詩より第1曲
即興曲 第15番 「エディット・ピアフ讃」
R.シュトラウス : ソナタ 変ホ長調 作品18
終了後は荻窪で打ち上げ、深夜帰宅。

7月28日(水)
東京音大の夏期講習会。
朝からミニコンサートのリハーサル。
12時30分本番 J館スタジオ
スクリャービン 幻想曲 作品28
ベートーヴェン ピアノソナタ 第21番 ワルトシュタイン op.53
今日はバッチリ暗譜で!笑

終了後昼休みすらなく5時間レッスン。
さらに学校の新しいスタインウェイを試弾、クタクタになり帰宅。

7月29日(木)
自宅レッスンを4時間。

7月30日(金)
講習会は午後から、6時間くらいでした。
帰宅後さらに1時間半レッスン。

7月31日(土)
恒例の隅田川花火大会&僕の誕生会を兼ねたパーティー。今年で4回目です!
朝から用事を済ませ、夕方からのパーティーの準備や掃除に奔走する。
今日も10人を超える17歳-35歳までのみなさんと、花火を見ながら楽しくパーティーをしました。ぼくはやや飲み過ぎ・・・
持つべきものは友です・・・どんなに辛いことがあっても・・・味方してくれる大切な友人たちです。
3925213_424335659_122large.jpg
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/08/04 15:16】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/296-c0316a9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。