リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月総括
8月・・・
あっという間に過ぎ去りましたね・・・
思えば、例年夏休みの宿題に追われていたのが8月31日。
ここらでまとめておきましょう。

8月9日の週は、ベートーヴェンソナタ全集の2つ目のアルバムのために練習に明け暮れていたと同時に・・・痛めつけた身体を少し休めていました。

何人かレッスンしましたが、基本的に夏休みでしたよ。

8月12日(木)
レッスンののち、久々に入谷のフレンチ「ラ・ミニョネット」行きました。
店主1人で頑張っている店なので応援したいのですが、実に1年はご無沙汰してしまいました。ビストロとして懐かしい感じの料理です。これはホロホロ鳥。
3925213_549769941_26large.jpg
手頃なワインで楽しく飲みました。

8月14日(土)
昨年に引き続き、今年も浜離宮ホールのHさんの音頭で東京湾大華火大会に屋形船を繰り出しました。
去年は人生観が変わるほど感動して、今年はもうそれほどの感動は無いかと思ったらどっこい、やっぱり圧倒されて帰ってきました。ここに抜粋。
3925213_549767692_117large.jpg
3925213_549767755_5large.jpg
3925213_549768133_38large.jpg
3925213_549768251_200large.jpg

8月16日富山へ飛び、
17日から20日までの4日間にわたってベートーヴェンと向き合いました。
今回収録したのは、1番、2番、3番、5番、6番、19番、20番です。
次回のアルバムには、1月に収録した8番と、9月2日に収録予定の7番が入ることになっています。
収録の合間に、上市の山奥へ水くみついでに遊びに行きました。
3925213_571729322_69large.jpg
3925213_571729454_1large.jpg
3925213_571729478_70large.jpg
3925213_571729670_106large.jpg

でっかいオニヤンマがいたり、野生のカモシカと目があったりして、なかなか楽しかったです。子供のころ、親の田舎で過ごした日々のことをしばし思い出しながら、そうめん食べたりして・・・笑
3925213_549770064_155large.jpg
そして夜の漁火のお通しはなんてことない品でもやはり美味しかったです。
3925213_549770040_86large.jpg

8月21日(土)
帰京して翌日は渋谷のタワレコでイベントでした。
思いのほかお客さんがいらっしゃってうれしかったです。
足を運んで下さったかた、どうもありがとうございました。しゃべりながらの演奏で、前日までのレコーディングの疲れを少し見せてしまったかな・・・サイン会はやっぱり先日の松田理奈ちゃんの時のような盛況とはいきませんでした。まだまだダメですね・・・

2010年08月21日 (土) 17:00
ミニライブ&サイン会
タワーレコード渋谷店 6F
ベートーヴェン ピアノソナタ第21番「ワルトシュタイン」第1楽章
        ピアノソナタ第23番「熱情」第1楽章
        ピアノソナタ第1番 第4楽章
        ピアノソナタ第8番 第2楽章

それからは散発的に自宅レッスンを入れながら静養しておりました・・・

8月26日(木)
精力が不足してきたのでどじょう食べに行きました。浪江のどじょうも美味しかったですが、今日は江戸前の正統派。同行者が若旦那と知り合い、ということで久しぶりに浅草の飯田屋に行きました。
3925213_571804071_127large.jpg
3925213_571804264_88large.jpg
3925213_571804136_234large.jpg

やっぱり丸鍋が美味しかったですよ。若旦那にはビールをごちそうになりました。浅草っても西浅草だから歩いてだってじゅうぶん行ける距離、また行きますね!

8月28日(土)
また朝から浪江へ行きました。
10時のスーパーひたちに乗ると、鶯谷あたりまではかならずこいつと並走することになります。
3925213_571827552_160large.jpg

いつものようにご飯などごちそうになり、暖かいおもてなしをしていただきながら、今日も6人レッスンしました。

8月29日(日)
午前中は1人だけレッスンして、午後は発表会に特別出演するのでホールへ。会場は富岡学びの森というなかなか立派なホールでした。

曲目はリストの「B-A-C-Hの主題による幻想曲とフーガ」
久しぶりに解凍しましたが、来年1月にもオペラシティで演奏するものです。

今まで浪江でレッスンしてきた子たちがそろって舞台を踏むのを目の当たりにしましたが、なんとなく自分の息が少しずつかかっているのを感じ取れたことは嬉しかったです。

もちろん添田先生を始めみなさんの日頃の修行あってのことだと思いますが、なんだか感慨深いですね。東京でもいずれ発表会をやらなきゃいけないな、と思いました。

終了後は、いつもはあまりレッスン以外の会話もできないでいる子たちとガールズトーク(笑)を楽しみオッサンは楽しかったです。また次会えるのを楽しみに頑張りましょう!
最終のスーパーひたちで帰京しましたが、明日フランスへ戻るというFちゃんと上野で会い、寿司喰いながらだべり、深夜帰宅しました。

こうして8月も終わりです。
それなりにいろいろ働きましたが、朝から晩まで学校に缶詰、という日がほとんどなかったわけで、僕なりにしっかりバカンスだったんだろうな、て思います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/09/09 21:06】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/300-28514b1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。