リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッハモーツァルトショパンシューマンショーソンフォーレデュカスケクランピアソラロドリーゴ
9月22日(水)
夕方、藤沢で明日のコンサートのリハーサル。モーツァルト24番・・・特に自作カデンツァを必死にさらう。
夜8時前に終了、でも今晩はもう藤沢に泊まることにしました。明日の朝も早い時間のリハーサルなので・・・
バーに行こうかと思いさまよったものの結局ラーメン終止というオチに。

9月23日(木・祝)
朝9時半からリハ。
食事を挟んで、本番。
まあいろいろとありましたが、楽しく演奏できたと思います。アンコールはこのあいだせっかく譜読みしたので英雄ポロネーズを。

2010年9月23日(木・祝)14:00
神奈川 藤沢市民会館大ホール
湘南アマデウス合奏団
指揮   田部井 剛      
モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番 K.491

打ち上げでそれなりに良い気分になったけど、あまりおそくならないうちに帰宅してバッハをさらいました!

9月24日(金)
高校の試験で大学へ(試験は大学でやるんです)お昼過ぎには終わるので助かります。そのままセンター南で編集。こちらは、夜中まで続きました。終電帰宅。

9月25日(土)
今日も朝は高校の試験。終了後はいったん帰宅してバッハをさらい、夕方の講座に備えました。
2010年9月25日(土)18:30-20:00
朝日カルチャーセンター新宿
全曲演奏解説シリーズ「バッハ平均律の旅」第二回
第I巻
第7番嬰ニ長調
第8番変ホ短調
第9番ホ長調
第10番ホ短調
第11番ヘ長調
第12番ヘ短調

朝日カルチャーセンターの平均律全曲講座も今回が2回目。一応これで1巻の半分は済んだことになります。その後上野で寿司食って帰宅。

9月26日(日)
朝は自宅レッスンの後、MJ会開業メンバーの中心でこれからベルリンに行ってルヴィエ門下の後輩になるzucca吉武(長い説明だな)の送別会のためにがんばってお掃除。
こうしてMJ会開業メンバーは、少しずつ留学して抜けて行ってしまいます。さびしいけど、みんないつかは帰ってくるのでしょうから(たぶん・・・)これからの飛躍を祈って祝福することにしましょう。そして新規メンバーも大歓迎ですから!
3925213_654168859_189large.jpg
(zuccaよ料理はしてあげるけどお手伝いしてね!)
夜まで語らってとても楽しかったです!

9月27日(月)
眠い目をこすりつつ雨の中港北に向けバイクを飛ばす。
夜までスタジオにこもりきり、ベートーヴェン2枚目の編集作業をあらかた済ませました。良いものができるのではないでしょうか・・・?
帰る頃には雨も上がっていたのですがなぜか道を間違え、都筑インターではなく港北インターまで行ってしまいました。しかしここは小学生のころママンが僕を加藤先生の家まで連行wしてくれた思い出の道、すこし懐かしくなりました。

9月28日(火)
一日東京音大にこもってレッスン(&練習)してました・・・

9月29日(水)
会議で横浜へ行きました。
会議場から見えた景色はなかなか綺麗でした。
3925213_654168977_224large.jpg
終了後は懇親会、ということでおいしいフレンチをいただいたのですが、僕はその後編集の仕上げチェックをするためほとんど飲酒もできず、そのままセンター南へ。やるべきことをやって、新横浜から最終のぞみで帰りました。

9月30日(木)
午後、要町の現代ギターさんにはじめてお邪魔して、週末のコンサートの合わせをしました。キューバから戻ってきたばかりの大萩くんと、今回初めてご一緒するバンドネオンの京谷さん!
大萩君のギターは相変わらずの繊細な魅力に加えて、だんだんプロとしての貫禄も磨きがかかってきて、楽しい合わせでした。そして、何にもまして、大ベテランの京谷さんの演奏で出会ったバンドネオンの初生演奏は衝撃的でした。本番が楽しみです。

10月1日(金)
今日も東京音大にこもりレッスンと練習。

10月2日(土)
今日は神奈川県民ホールでの本番。子供のころ、よく音楽会に通った思い出のホールですが、めっちゃくちゃ久しぶり!時間がちょうどよかったので、横浜まで185系踊り子に乗って行きました。
リハを済ませて・・・
本番、前半は大萩君のソロで、僕たちは後半の登場

2010年10月2日(土)13:00開場 13:30開演
大萩康司 ギターリサイタル2010 ~Felicitations!~
大萩康司 京谷弘司 菊地裕介
曲目
ロドリーゴ アランフェス協奏曲
ピアソラ ギター、バンドネオンと弦楽合奏のための二重協奏曲

演奏はとてもエキサイティングでした。京谷さんが加わってくださったピアソラでは、ひときわ空気が引き締まり、大船にのった気分の演奏ができてとてもよい雰囲気だったと思います。
そして・・・大萩君が主役のコンサートなのではありますが、彼の仲間たちに対する心遣いのこまやかさにはまことに見るべきものがありました。これこそ人徳ってやつでしょうね。僕も見習います。
サイン会ののち、明日のことがあるのですぐに帰宅して、必死でさらいました。

10月3日(日)
巣鴨のPTNA東音ホールでの「公開録音」という本番でした。
フランス近代の、音源がPTNAにない、著作権の切れた(あるいはまもなく切れる)作品、を中心に、ということでプログラムをかき集めるのがとても大変でしたが・・・シャルル・ケクランというフランスの作曲家の作品を中心に、いわゆるマイナー作品をいくつか発掘して勉強しました。
準備に費やせる労力にも限りがあったこともあり、正直言って、演奏会としてはきつい部分もあったと思いますが、資料的価値、という点で有意義だったと思うので、当日おつきあいいただけたお客様には、まことに感謝しています。

2010年10月3日(日) 13時30分開場 14時開始
ピティナ・ピアノ曲事典
公開録音コンサート
東京巣鴨・東音ホール
「フランス近代のピアノ曲を中心に」
Chausson 風景/Paysage Op.38/1895
Faure ノクターン 第6番 変ニ長調/Nocturne No.6 Op.63/1894
Koechlin  4つの新しいソナチネ 第2番、第3番/Nouvelle Sonatine No.2, No.3 /1923-24
     リリアンのアルバム第2巻Op.149(1935)より第2番、第4番&第8番

Schumann : フモレスケ 変ロ長調 / Humoreske B-Dur Op.20
Dukas ハイドンの名による悲歌的前奏曲/Prelude elegiaque sur le nom de Haydn /1909

Ravel ハイドンの名によるメヌエット

そして2日にわたってふめくりに付き合ってくれたまなみちゃん、ありがとうございました。打ち上げもできずごめんなさいでしたが、帰宅してベートーヴェンを必死でさらわなければならなかったのです。

10月4日(月)
一応オフだったのだけど、明日からの6日間の旅行に備えて、練習や準備に明けくれました。雑用って本当に大変ですよね・・・楽譜のコピーしたりメール書いたりチケットとったり洗濯したりゴミ捨てたり・・・マネージャーがいない、フリーランスのきついところです。(・・・マネージャーは洗濯はしてくれないだろ!!)←
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/303-39504d35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。