リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営業時間内に行ける喜び。
10月12日(火)
東京音大にこもる・・・
夜まで、夜まで・・・
しかし欠席が多く、おかげで少し息抜きできました。

10月13日(水)
長い長い長い長い長い夏休みを終えて藝大に復帰。
根津ランチも再開です。
かき愼であさり釜めし。
3925213_802363094_72large.jpg

終了後は仕事の打ち合わせから流れて根岸飲みでした・・・
3925213_802363028_109large.jpg
3925213_802363064_19large.jpg

10月14日(木)
ついに体調を崩す・・・
午前中は学校を休み午後から重役出勤になってしまいました・・・
夜はちゃんとフルに働く。

10月15日(金)
バイクに跨りタカギクラヴィアさんの松濤サロンへ。
11月7日の大倉集古館リサイタルで使う楽器の選定をしました。
いくつか弾きましたが、やはり弾いた瞬間に直感で1887年のローズウッドNYスタインウェイフルコンサートを選んでしまいました。決して乗りこなすのが簡単な楽器ではないけれど、ほかにはない強烈な個性。
モーツァルトとロマン派という今回のプログラムにはぴったりだと思います。

2010年11月6日(土) 18時
東京 ホテルオークラ 大倉集古館
菊地裕介ピアノリサイタル

モーツァルト ピアノ・ソナタ第18番ヘ長調K.533+494
ショパン 3つのマズルカ 作品59

シューマン トッカータ ハ長調(Toccata)Op.7
シューマン フモレスケ変ロ長調(Humoreske)Op.20
http://d.hatena.ne.jp/shukokan/20101016/1287194664

どうぞ皆様お誘い合わせのうえお越しください。
ロマン派の香りの残る古き良き時代のサウンドを聴きに来てくださいね!

帰りがけに診療所に寄って常備薬をもらい、さらにインフルのワクチンを、幼稚園以来実に2○年ぶりに打ちましたよ!注射が嫌な一心で高熱を出して次年から免除になったというバロスな思い出・・・おととし小学校以来初めてインフルにかかった教訓からいちおう打つことにしました。去年は免疫あるだろってサボったんだけど。
今度は副作用でませんように。倦怠感と微熱だそうな。
帰宅してレッスンして倦怠感で寝る。笑

10月16日(土)
朝、練習してから、と思ったのだけど、結局倦怠感から起きられず笑、
浪江に行く荷物といっしょにまとめ、いつもお世話になっているピアノフォルテ上大岡へ。
今日はグランドピアノ選定会に付随するイベントでした。

2010年10月16日(土)14:00
ヤマハピアノフォルテ上大岡(横浜市港南区)
菊地裕介 トーク&ミニコンサート
国際コンクールでの使用ピアノの選び方

直前まで弾く曲も告知もせず決めてもいなかったのですが、結局以下の曲目を演奏しました。

ベートーヴェン ピアノソナタ第21番「ワルトシュタイン」
フォーレ ノクターン 第6番
ショパン ポロネーズ 第6番「英雄」
ベートーヴェン ピアノソナタ第23番 「熱情」終楽章

その後、お客さまたちのピアノ選びにお付き合いして、ポロポロといろんな曲を弾いたりして・・・

終了後は定番のお寿司をいただきました。
3925213_809628037_187large.jpg

そのまま家には帰らず、品川、上野を経由して福島の浪江まで移動して一日を終えました。

10月17日(日)
ショパンの命日ですね・・・
今回の浪江は結局以下の曲目を通しました。

2010年10月17日(日)11:00
福島県双葉郡浪江町 添田音楽教室サロンコンサート

バッハ 平均律クラヴィーア曲集
第I巻
第7番嬰ニ長調 第8番変ホ短調 第9番ホ長調 第10番ホ短調 第11番ヘ長調 第12番ヘ短調

ショパン 3つのマズルカ 作品59
フォーレ ノクターン 第6番
ショパン ボロネーズ第6番 「英雄」 作品53

しかし、浪江だけでもほぼ毎月ペースで違う曲目でリサイタルしてるんだから、そりゃ~あわただしいわけだよね~当然室内楽とか録音でほかの曲もたくさんあるわけだし。

今日の昼飯は河原端で鮭づくしでした。
3925213_809628067_135large.jpg
ここ浪江の川にも鮭の遡上があって、それをせきとめてここで振る舞っているんですね。鮭には気の毒だけど・・・
3925213_809629001_117large.jpg
3925213_809629039_192large.jpg
3925213_809629098_83large.jpg

その後6人レッスン。今回は浪江にもう一泊したので、あわただしくなくゆっくりできました。

10月18日(月)
朝のスーパーひたちでお昼前に帰京。
疲れをいやしながら、溜まりに溜まった雑用を少しだけ進めました。
まだまだ溜まっていますが・・・汗
やっと手数料のかからないATMで入金し、腕時計の電池を交換してもらい自転車のタイヤに空気を入れ、ブリタのカートリッジを交換することもできました!!
そして祖父にもらったアイスバインはポトフに調理されました。
3925213_809628102_139large.jpg
また明日から学校3連出勤頑張ります!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/10/19 23:47】 | # [ 編集]


浪江でのサロンコンサート聴きたかったです(;□;)!!ぜひ 手前のいわき駅で降りられて、アリオスでもリサイタル聴きたいです♪
【2010/10/20 07:30】 URL | めぐポン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/305-284a4cb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。