リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術と食欲の11月上旬
10月30日(土)
自宅レッスン3人、しかし伸びに伸び6時間・・・
おうち御飯を美味しく頂きました。

10月31日(日)
自宅レッスンだとたまにしか来ない子たちだからつい頑張って詰め込んじゃうのだよね。3人で3時間のつもりがノンストップで5時間になりました・・・!さあラーメン喰おう!←twitterより転載 笑

11月1日(月)
芸大にこもり昼飯抜きでレッスンと練習をしていたようです。
そしてまたもやラーメンを食べていたとか・・・←
3925213_846756110_170large.jpg

11月2日(火)
東京音大に朝からこもっていました。”火曜日は朝から6時間連続レッスンして昼休みなんだけど、2人連続で欠席、思いがけず空き時間ができたので昼飯ついでに池袋をぶらぶら…ジュンクの後スタバで締め。そろそろ戻ってあと3人レッスン。 ”とツイート

11月3日(水・祝)
めちゃめちゃ嬉しい休日。
ふよみをしたり、解凍暗譜したり6日のコンサートに向けて最後の練習日、珍しく充電をしていたようです・・・
かぼちゃを煮ていた。らしいですね。美味しかった!

11月4日(木)
東京音大に朝から晩までこもっていたようです。
お昼は池袋に最近できた札幌牛亭でハンバーグ。少ししょっぱかったかな・・・?
3925213_846756130_70large.jpg

11月5日(金)
未明尖閣動画に貼りつき睡眠不足になるも、朝から芸大にこもって夕方までレッスン、その足で大倉集古館へ。
明日のリハーサルをしました。
タカギクラヴィアさん所蔵の1887年NYスタインウェイD-54958!素晴らしい楽器です。
ロマン派の巨匠がよみがえります!!明日が楽しみ!

11月6日(土)
大倉集古館での本番でした。

2010年11月6日(土) 18:00
東京 ホテルオークラ 大倉集古館
菊地裕介ピアノリサイタル

モーツァルト ピアノ・ソナタ第18番ヘ長調K.533+494
ショパン 3つのマズルカ 作品59

シューマン トッカータ ハ長調(Toccata)Op.7
シューマン フモレスケ変ロ長調(Humoreske)Op.20

沢山のお客様と素晴らしい楽器、そして会場に鎮座まします大仏様のご加護あってよい演奏会にできたと思います。マズルカ初出もどうにか無事でした。ありがとうございました。
打ち上げは溜池の焼き鳥店で楽しく飲みました!
3925213_846756144_125large.jpg

11月7日(日)
朝一番のスーパーひたちで福島へ。
講評の合間にトッカータを3回演奏するのはとてもハードでしたが、これで膿を出し切って(いい加減に弾いたということではないですよ)9日の芸大の本番に備えます!!

2010年11月7日(日)
福島県南相馬市浮舟文化会館
ピティナ・ピアノステップ 福島小高地区 トークコンサート
「超絶技巧とロマン派」
シューマン トッカータ

11月8日(月)
朝一で浪江の紅葉を見に行きました。
携帯写真で恐縮ですが、水っていいですね~~
3925213_846756530_156large.jpg
3925213_846756519_45large.jpg
3925213_846756544_110large.jpg
3925213_846756560_214large.jpg
3925213_846756575_26large.jpg
3925213_846756583_232large.jpg
その後ひとりレッスンし、
東京へ帰りました。
3925213_846756595_5large.jpg

急いで買い物と掃除と準備をして、MJ新入歓迎会、として5人集まり久々のフルMJ会しました。ベルリンに留学しちゃった後輩Y君の跡継ぎさんだからとても大切です!
おいしい鴨すき鍋をメインに、ハムにフロマージュに、僕は今日もがっつり飲んで楽しかった。Aちゃんこれからよろしくね、ほんとに!

11月9日(火)
・・・という経緯で普通に午後始動でした。
軽く練習して、奏楽堂へ。久しぶりですがよく響いて、弾き手にとってはストレスの少ないホールです。
こういう演奏会ですから、当然並べて比較されちゃうわけで、とても恐ろしい面もありましたが・・・楽屋にピアノがあったので必死でさらい、出端にトッカータという恐ろしい本番をどうにか無難に終了できました。ほかのみなさんほとんど聴けませんでしたが、聴きに来て下さった皆様どうもありがとうございました。

2010年11月9日(火)19:00 開演
藝大プロジェクト 奏楽堂
演奏藝術センター主催
第1 回「凛」-天才たちの青春
シューマン:アベッグ変奏曲Op.1 秦はるひ
シューマン:蝶々Op.2 後藤友香理
シューマン:トッカータOp.7 菊地裕介
ショパン:ロンドOp.1 中桐望(修士1 年)
ショパン:ドン・ジョヴァンニの「お手をどうぞ」による変奏曲Op.2 鶴見彩
――――休憩――――
リスト:練習曲集Op.1 喜多宏丞(博士1 年)
リスト:ノルマの回想(1836) 安田里沙

その後秦先生が同僚たちを招待して下さったディナーは本当に素晴らしかったです。六本木という普段僕が行かないセレブエリアwですが、これならたまには行きたい、とうなるフロマージュとワインがありましたから!!マコンの貴腐なんて初めて飲みました。大将が先週?北海道の山で獲ってきたというエゾシカさまもオツでした。
3925213_846756157_238large.jpg
3925213_846756176_96large.jpg
3925213_846756208_228large.jpg
3925213_846756231_223large.jpg
3925213_846756244_222large.jpg
3925213_846756254_157large.jpg
3925213_846756273_120large.jpg
ほんとうにほんとうにありがとうございました!

11月10日(水)
普通に眠かったですが、朝から芸大にこもります。
今日の根津ランチは舞ちゃんに教えてもらった参鶏湯でしたニンニク臭でレッスンごめんなさい。
3925213_863716328_128large.jpg
終了後は文化会館で北川先生のリサイタルでした。モーツァルトで始まった先生の唄いまわしは本当に自然で美しい音楽、なのですがレーガーの大曲もあって、コントラストが際立つ美しい演奏会でした。
僕もいつまでもモチベーションを高めて頑張りたいな!と思いました。流れで楽しく飲ませていただき帰宅。

このあたりで一度切ります。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/308-94671416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。