リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走上旬本番と宴会
12月2日(木)
雑用がすっかり溜まってしまいました。明日の演奏会にしわ寄せがいかないようにうするためにも、今日は学校はお休みさせていただきました。
やったこと・・・年賀はがきを300枚購入、3年以上無点検でガタが来ていた自転車を直しに預けに行き、その後美容室に行き頭を丸め、いったん帰宅したらもういい夕方になっていました。
それから、帝国ホテルにて行われたショパン生誕200年祭記念レセプションへ行きました。
なんつーか来ていたメンバーが凄かったです。

マルタ・アルゲリッチ
ミッシャ・マイスキー
ジュネーブで一緒だった、こないだのショパコンで一等になったユリアンナ・アヴデーエワ

そして
中村紘子先生 井上道義氏 小林仁先生 二宮和子先生 遠藤郁子氏・・・などなど
身近なところでは佐藤卓史君にも会えたし(1年ぶり??)・・・ショパン関係の重鎮は皆お見えになっていて、かなり久しぶりの人もチラホラ・・・前半が表彰式などの式典で立食じゃなかったので、いろんな知人に会えたのにほとんど話す時間がないあわただしい会でした。でもユリアンナのミニコンサートも聴けたし、よかったです。
帰宅後はプチMJ会!

12月3日(金)
朝方は自転車を取りに行ったりモゾモゾと動いてました。
お昼過ぎに支度をして杉並公会堂へ!

2010年12月3日(金) 18:30開演
杉並公会堂 小ホール
ヨーロッパアーティスト クリスマスフェスティバル
菊地裕介 pf. 上野眞樹 vn.  宇宿直彰 vc.

シューマン アレグロ ロ短調 op.8
ショパン 3つのマズルカ 作品59
ショパン 序奏と華麗なるポロネーズ ハ長調 Op.3
シューマン ヴァイオリン・ソナタ第1番イ短調Op.105

集客面などいろいろと危惧されていたのですが、どうにか無事に終えることができました。関係者のみなさんどうもありがとうございました。
終了後、坦々麺と麻婆豆腐を同時に食べてお尻が痛くなりそうでしたが無事に帰宅しました。

12月4日(土)
先日レッスンした交換留学生のヨハンナの2回目のレッスン。学校での彼女のコンサート、できれば聴きに行くよ、と言ったものの、たぶん難しそう・・・本当にいつもいっぱいいっぱいでスケジュールの融通がきかないです。
帰宅後、一息ついて香味屋に行って優雅な昼下がりを過ごしました。
3925213_897890484_219large.jpg
3925213_897890549_216large.jpg
さらに、お歳暮でいただいていたふぐ鍋、深夜になってから野菜を買いに行き、豚まっしぐらだと思いつつもヒレ酒片手に平らげてしまいました。
3925213_897890598_113large.jpg

12月5日(日)
お昼から大宮へ向かい、以前ピティナでお世話になった永瀬まゆみ先生のお教室のお手伝いをしてきました。

ミニコンサート×2
ショパン 3つのマズルカ作品59
ショパン ポロネーズ第6番 英雄
ベートーヴェン ピアノソナタ第21番「ワルトシュタイン」作品53

と3名の生徒さんのレッスンを済ませたら、もう夜はすっかり更けていました。
感動的だったのは、持って行った30枚のCDは完売した上に、さらに20枚近い予約注文が入ったということ・・・!いやはや、営業トークがあまり得意ではない僕としては、とてもとてもありがたいお話です!!がっつり現金を持ち帰ることができました(笑)
木曽路でしゃぶしゃぶをごちそうになり、深夜帰宅。

12月6日(月)
数日来続いていた咳の悪化が著しく、急遽診療所へ行きました。
いろいろ強力な薬をいただいたものの・・・どうなることやら。
夕方は、神奈川音楽人クラブの忘年会でみなとみらいのパンパシフィック横浜ベイ東急ホテルへ行きました。
やや年齢層の高いパーティーではありましたが、美味しいお料理を堪能させていただき贅沢な時間を過ごしました。
3925213_897892136_166large.jpg
3925213_897892187_209large.jpg
3925213_897892227_119large.jpg

12月7日(火)
フルタイム東京音大日・・・
心折れそうになりながらも9時から15時まで連続レッスンしたら、
ラーメンのご褒美です。
池袋屯ちん、ここも魚粉に汚染されてきました・・・笑
3925213_897890668_13large.jpg
魚豚ラーメン

さらに夜まで踏ん張りました・・・

12月8日(水)
朝から夕方まで芸大で頑張った後は、
若手の非常勤たちで北川暁子教授を囲む恒例の忘年会でした。
2次会は入谷の行きつけのイタリア居酒屋にお連れして深夜まで飲んでました。楽しかったですありがとうございました。笑

12月9日(木)
朝から晩まで、とはいっても、今日は東京音大は18時で切り上げて紀尾井ホールへ向かいました。パリからいらっしゃったアンリ・バルダ先生の素晴らしいリサイタルでした。僕もチラシに推薦文を書かせていただいていたので、ちゃんと見届けねばなりませんでした。笑
しかししかし見届けるなんてとんでもない!!!決して模範的とは言えないんだけど、素晴らしくエスプリに富んでいるうえ、音楽を知り尽くした、とても勢いとマジックにあふれた演奏でした。惜しむらくは、とにかく咳を我慢するのが辛すぎてところどころ呼吸困難でまともに演奏が聴けなかったことです。
こんなロマンティシズムを現代に伝えるピアニストがこの世にまだいたことに、本当に感謝したいです。終了後はニューオータニの「さつき」で打ち上げでした。先生や、そのファンの皆さま(中には高名な先生もいらっしゃいます)のあたたかいお人柄にも触れて(定型文みたいだけど)楽しいひと時を過ごしました。終電帰宅。

12月10日(金)
芸大にこもってバッハを練習していました。
途中で作曲科の試演会にも顔を出したものの、咳をこらえるのが辛くて途中退散でした・・・
23時過ぎまでさらってから、上野でコアな立ち呑みを楽しんだのち帰宅。

12月11日(土)
朝日カルチャーセンターの講義の日です。
昨日から必死に勉強したバッハの平均律への愛を存分に語っていたら、思い切り声が枯れ、のどは完全にやられてしまいました。
しかしこの講座もだいぶ固定客のみなさんが増えてきました。がんばってリピートしてもらえるように勉強します!

2010年12月11日(土)18:30-20:00
朝日カルチャーセンター新宿
全曲演奏解説シリーズ「バッハ平均律の旅」第三回
第I巻
第13番嬰ヘ長調
第14番嬰へ短調
第15番ト長調
第16番ト短調
第17番変イ長調
第18番嬰ト短調

癒しのひと時は三角ビルの高層階でした・・・
3925213_897890814_207large.jpg
3925213_897890950_223large.jpg
脂肪肝は久しぶりに食べましたが、クリスマスが近づいているのを実感しますよね!
いい夜を過ごせました。みなさんおつかれさま!

12月12日(日)
自宅レッスンを6時間ほどしたのち、デスクワークに追われていたらあっという間に一日が終わってしまいました・・・明日は自分のことに専念できる素晴らしい日です。朝は病院に行かなければなりませんが・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

遅ればせながら‥もうすぐ「ベートーヴェンデビュー」が届きます♪菊地さんのピアノとても楽しみです!
【2010/12/17 23:50】 URL | めぐポン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/312-511c72f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。