リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だうん・・・
12月13日(月)
雨が降りそうな天気の中、朝のオフィス街を診療所へ向かう。
咳がひどかったのは、ほんの少し改善の傾向にあったのだけど、それと同時に今度は咳と同時に胸部が激しく痛むようになってきてしまいました。
喘息の薬とともに筋肉痛の湿布をもらい、終了。
朝から銀座をブラブラしてみたものの、時間が早過ぎてどの店も開いていない。そのまま築地まで流れてしまいました。
せっかくなので何点かお土産を買ってから、締めはホルモン丼
3925213_904846887_211large.jpg
帰って、薬漬けになって、さらに酒を飲んで寝ました。だいぶ身体は安まったと思うのですが・・・
夕方は三ノ輪に餃子とか買い出しに行って、夜は築地のお土産と餃子パーティー!

12月14日(火)
東京音大に缶詰になりました。相変わらず咳が止む気配もなく、声帯は痛み声は出ず、胸の痛みもあり体力を奪われます・・・つらいつらい・・・10時間超のフルタイム勤務でした。帰宅してずいぶん癒されましたが・・・

12月15日(水)
朝ちょっとダッシュしただけで発作。こんな体力のない人間になってしまった自分を本当に恨みます。老朽化・・・歳なんてとると本当にロクなことがありませんね・・・
昼休みの時間は、奏楽堂横でクラシック・ニュースのYさんに取材をしていただきました。ちょっと寒かったですが、自己PRの絶好のチャンスですから頑張りました。
インタビュー動画はのちにyoutubeにアップされるそうです。お楽しみに。
休憩は無くなり、夕方まで引き続きレッスン・・・今年の芸大レッスンはこれで終了です。
その後は、経堂で真嶋雄大さん主催の恒例の「天秤座の会」忘年会がありました。久しぶりの知人にも沢山会えて、美味しい料理も食べて、ワインも飲んで怒涛のオムレツ実演も見て、
3925213_904847175_100large.jpg
大変満足して帰宅しました。体調はあまりすぐれませんでしたが・・・まさか翌朝あんな風になるとは思わず・・・

12月16日(木)
朝起きて何度か咳の発作、そこで胸の下部で何かが裂けるような違和感と激痛を感じるもとにかく登校しました。力がうまく入らずバイクの運転もなんとなく不安でした。
学校到着しレッスンを始めたのですが、とにかく立つだけでも痛いし、普通の速度では歩けないし、咳をすれば失神したくなるような痛みで、胸をさわってみると大きく腫れている始末。これはただの筋肉痛ではないだろうし、これ以上悪化するともう始末に負えないと思い、大事をとって早退しヨロヨロと病院に行きました。
新しくできた区立台東病院の総合診療科にかかりましたが、長引く咳で肋骨が損傷したかその周りの筋肉が肉離れを起こしている可能性が大、ということでいちおう確認のためのCT撮ってもらいましたが、やはり腹直筋が見事に損傷して内出血と炎症が見られるとのこと。朝のメリメリはまさに筋肉が裂ける感触だったのですね・・・
薬をたくさんもらい、食事してから帰って寝ました。湿布して腹帯まで巻いて満身創痍、て感じで、本当に悲惨だったけど、心配してくれる人がいることだけが幸いでした。

12月17日(金)
15時間以上寝ることができて、最悪の状況からは脱することができました。
昼からは、ムック「リストを弾こう」?の取材・・・5時間近くに渡ってリストの誌上レッスンの取材でした。1月中には発売になるようです。いいものができると思います。
多くの雑用をこなしたのち、買い物に行ったり夕食の支度をしたり、主夫のようなウキウキな夜でしたが・・・
明日は奏楽堂の本番です。リハビリしないと・・・

12月18日(土)
朝起きて、軽くさらって、奏楽堂へ・・・普段なら自転車なんだけど、今日は運動できる状況ではないのでタクシー。
リハを済ませた後は楽屋でさらいました。ここ数日ほとんどノー練だったので、必死に。

2010年12月18日(土)15 時開演
藝大プロジェクト 奏楽堂
演奏藝術センター主催
第3 回「舞」-躍動するピアニズムリスト:巡礼の年第2 年《イタリア》補遺「ヴェネツィアとナポリ」砂原悟
リスト:メフィスト・ワルツ第1 番 田代慎之介
ショパン:3 つのマズルカOp.59 菊地裕介
ショパン:ポロネーズ第6 番Op.53「英雄」菊地裕介
ショパン:ポロネーズ第7 番Op.61「幻想」 岡本愛子
シューマン:ノヴェレッテ 第1番 第2番 藤井隆史
シューマン:ダヴィッド同盟舞曲集 斎藤龍

本番、アドレナリンを大量分泌したおかげで本番中は咳は出ませんでしたが、なんだか勢いだけで弾いてしまった気がします・・・終了してお辞儀をしている最中に軽い発作・・・参ります・・・
その後聴きに来てくれた友人たちに上野で中華をごちそうして帰りました。美味しかった。帰って・・・バッハのふよみをしました。取り返さなきゃ・・・!

12月19日(日)
午前中は少しゆっくりしていました。
午後から4人レッスン・・・やはり声を出すのは辛いです。

明日は朝診療所に行った後、東京音大で夜までレッスンしなくては・・・(T_T)
仕事仕事!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
お大事に
咳は辛いですよね。裂けるほどの咳とは!わたしも気管支喘息持ちですから分かる気がします。演奏中に出ないのが不思議なくらいです。菊地さんのCD届きました♪今日は朝から聴きっぱなしでした。こういうのを探してました!っていうくらい気に入いりました。ベートーベンのピアノソナタにハマって、彼の人間臭さを菊地さんが理解しておられる演奏にドキドキしながら聴きました。いろんなベートーベン全集へのチャレンジ楽しみにしてます。リサイタル行きたい(^.^)体を気遣いながら頑張ってください★彡
【2010/12/20 12:37】 URL | めぐポン #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/20 23:29】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/21 18:27】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/23 23:34】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/313-430eab05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。