リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日どこかへ・日光初上陸
12月20日(月)
朝、内幸町の診療所に行った後、東京音大で夜までレッスンでした。
身体は辛いですが、仕事は最優先です!

12月21日(火)
今日は自宅療養と、明後日の浪江のコンサートの準備などをしました。
夜、クリスマスの準備のために北千住へ行ったのですが、入谷駅の新しい改札口がついに開通していました!!もう何年も工事していて、待ちに待っていたので感激でした。
築50年の古い駅だったのですが、エレベーターもついてだいぶ便利になりました。
3925213_920782950_215large.jpg
3925213_920782930_231large.jpg
3925213_920782898_175large.jpg
3925213_920782722_7large.jpg
3925213_920782697_91large.jpg
3925213_920782671_185large.jpg

12月22日(水)
浪江へ。19時発の席をとっていたのですが、例のごとく発車直前に上野駅に着くと、3時間遅れていた16時発のスーパーひたちに乗ることができました。水戸まで立ちだったけど、やっぱり乗っておいてよかったです。
深夜浪江に到着。

12月23日(木)
朝6時半に起きてコンサートの準備。
今回、病気のこともあって予定していたプログラムと変えてしまい、申し訳ございませんでした。そのかわりアンコールはジュークボックス式のリクエストを受けて、初見大会、でリクエストに応えるように頑張りました。

2010年12月23日(木・祝)11:00
福島県浪江町 添田音楽教室サロンコンサート
演奏曲
半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV903(J.S.Bach)
ピアノソナタ第31番 変イ長調 作品110(Beethoven)
ショパン:3 つのマズルカOp.59 菊地裕介
ショパン:ポロネーズ第6 番Op.53「英雄」菊地裕介

アンコール
チャイコフスキー 「四季」より「舟歌」
ショパン ワルツ第7番
ドビュッシー アラベスク第1番

コンサートの後は食事して、気を入れていただき再びレッスン5人。
そして最終の特急でドタバタといつものごとく帰京しました。

12月24日(金)
ちゃんと点がついたジングルベルは日光・鬼怒川でした。
僕は東京出身のくせに生まれてこの方日光へ行ったことがないという非国民でつねづねフランス人に馬鹿にされていたので、ぜひ行ってみたかったし、どうせ都内のスポットは全部満員だろうということで、遠征を決意。
3925213_920780454_21large.jpg
早朝に出発し浅草へ向かいました。吉牛弁当を買い込んでスペーシアの個室に乗り込む・・・
3925213_920780473_116large.jpg
3925213_920780541_199large.jpg
3925213_920780634_68large.jpg
3925213_920780753_33large.jpg
3925213_920780819_107large.jpg
3925213_920780908_138large.jpg
3925213_920780967_89large.jpg
3925213_920781225_200large.jpg
3925213_920781392_36large.jpg
3925213_920781763_140large.jpg
3925213_920781742_217large.jpg

日光に着いてから、レンタカーで雪道でした・・・しかし最近のスタッドレスの性能はものすごく良いですね。冠雪したいろは坂でも恐怖を全く感じませんでした!
道中は精進料理をいただいたり、なかなか楽しみました。
東武ワールドスクウェアもとっても寒かったですがイルミは綺麗だったし感激しました。

夜は食事がバイキングだったりする庶民的な温泉旅館で、懐かしい気分で、楽しく過ごしました。
初めて行った僕が言うのもなんですが、みなさんさすが世界遺産だけあって日光はなかなか素晴らしいですよ。
じゃんじゃんスペーシアで日光・鬼怒川へ行って、僕の東武鉄道株を上げて下さい。

12月25日(土)
朝一で風呂に入り、さっと朝飯を食べてさっそく帰京。

すぐに支度して東京音大へ向かい、冬期講習で12人レッスン。
終了後はバイクを捨てて和音師匠と抜弁天の「H」へ。それぞれの友人たち合流し楽しく呑みました。

12月26日(日)
朝は自宅レッスン。その後池袋。しかし昨日頑張ったので今日は4人でおしまい。
終了後は一旦帰宅。それから改めて巣鴨へ行き、とあるお仕事を済ませ、それから新宿で「優子会」という忘年パーティーでした。
いつもこの会にきてくださるという占い師さんに興味があったのだけど、定員オーバーのため2次会まで粘ってみてもらいました。いろいろと人生の参考にさせていただこうと思います!
会自体はまだ続いていましたが、2次会の店を退店した4時ごろにタクシーをつかまえ撤収してきました。

12月27日(月)
朝は1人自宅レッスン。それから東京駅へお見送り、ラーメンストリートでむつみ屋で黒味噌ラーメン。それから霞が関の診療所へ行って、ジュンクで立ち読みを少々してからすぐ帰宅。家事が溜まってしまったので明けくれました・・・
明日は大宮で缶詰になって働きます!!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/314-37f3065d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。