リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもの正念場
1月21日(金)
明日弾くヤナーチェクの解凍、あさって弾くヴァイオリンソナタ3曲、来週録音するベトソナ3曲の譜読みを平行して行わなければなりませんでした・・・
なんでこんなに時間が足りないのかな?やっぱり練習の効率が悪いのかもしれません・・・アシュケナージならもっとすぐに弾けるでしょうに・・・
てか学生時代にもっと譜読みをしておかなかったことを本当に後悔しています。30過ぎてベートーヴェンのヴァイオリンソナタをふよみなんてありえないですよね。

1月22日(土)
起きて、ほとんど練習する間もなく荷物をまとめて渋谷の大和田さくらホールに向かいました。渋谷駅から最後に登る坂が荷物とともにちょっとしんどかったですが・・・音響も悪くない美しいホールでした。
GPののち、本番までの空き時間がかなり長く、かつ練習室もなかったので、マックでご飯を食べてから東京音大へ向かい、月末までに済ませなければいけない事務をこなした後急いで暗譜を確認し、再び渋谷へ戻り、弾いてきました。演奏は15分もない1曲だけなので楽でした。
5年前にプラハで一緒だった合唱団の子達にも会えたし、とても懐かしい感じでした。

2011年1月22日(土)18:00
国際音楽祭ヤング・プラハ創立20周年記念ヤング・プラハ in 東京 ガラコンサート  ~ オール・チェコ・プログラム ~

会場: 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール (渋谷駅より徒歩5分)

菊地裕介 ヤナーチェク 「ピアノソナタ1905年10月1日街頭にて」

本当は食事にでも行きたいところですが、明日の浜松の曲をさらうためにすぐ帰宅。でも帰ったら21時過ぎてしまい、結局2時間もさらえませんでしたが・・・

1月23日(日)
朝7時に起きてさらう。
新幹線で朝ごはんを食べて爆睡。
会場は浜松のアクトシティの研修センターホール・・・
そう中村紘子先生のレッスン室ですよ!!
なんともいえない感慨と気が引き締まる思いがしましたが、
即練習開始、GP終了後も問題箇所をさらい、すぐに本番。

2011年1月23日(日) 開場: 15:30 開演: 16:00
アクトシティ浜松 音楽工房ホール
三浦文彰ヴァイオリン・リサイタル
ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第3番
ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第8番
ワックスマン カルメン・ファンタジー
フランク ヴァイオリンソナタ
アンコール
クライスラー 愛の悲しみ
クライスラー 愛の喜び

三浦君は技術はもちろん安定していますが、ウィーン留学後どんどんヨーロッパ的なセンスを習得していて、本当に楽しい本番でした。しかし同時にこのすばらしいソリストの演奏を傷つけないように細心の注意も必要です。
本番後は質疑応答もあったりして和みの場でした。
終了後は本当はみんなでうなぎでも食べて帰りたかったのですが、僕は一刻も早く帰ってレコーディングの準備をしたいので即離脱。うなぎ弁当を新幹線でぱくつき、また爆睡、品川でも起きずに東京に着いたのは初めてでした。
帰宅したらやはり21時を過ぎてしまいましたが、懸命にさらいました。

1月24日(月)
ベートーヴェンの「ピアノ」ソナタ、11番、12番、13番を存分にさらいました。もはや一刻の猶予もありません。合間にレッスン。しかし、どうも体調が下り坂に・・・なんでこう虚弱なんだろう?やはり老朽化ですかね・・・

1月25日(火)
朝から必死でさらいましたが、咳が急激に悪化しました・・・どうしたものか・・・明日からの4泊5日の日程にあわせて荷造り、楽譜や音源のコピーなど雑用に明けくれ、17時の新幹線で名古屋入り。
到着後まもなく名古屋のMIDFMという地域局の「むつみのSuperTuesday」という番組の生放送でした。僕はノドの調子も非常に悪く大してしゃべれなかったのですが、なかなか楽しかったです。1時間の生放送終了後お食事をいただき、寝ました。

1月26日(水)
未明から発熱、だるいし寒気はするし咳は止まらないしで眠れない最悪の夜。ひどく咳き込みながらも予定の講座はしっかりこなしました。

2011年1月26日(水) 10:00-12:30
カワイ名古屋店サロン「ブーレ」
公開講座「ベートーヴェン ピアノソナタシリーズ1」
第11番 op.22
やさしいソナタ 第19番 op.49-1 第20番 op.49-2
第31番 op.110

結局2時間半の予定が3時間になってしまいましたが・・・
終了後食事を頂き、コンビニと薬局で熱さまシートにマスクに風邪薬に体温計にウコンの力に野菜ジュースに、とフル装備を買い込む。
38.3℃だったのでまあ発熱ですが動けないほどではありません。レコーディングのためにバスの時間まで必死でさらいました。しかしそれでも熱はだいぶさがりました。

名古屋から富山への移動、狭い座席で窮屈ではありますが、ホテルの目の前まで行ってくれるのでバスにしました。
バスでは寝る努力をしたもののやはり狭いし寒いし、なんだかうなされて、結局また熱は少し上がってしまいましたが、ピークほどではないようです。途中から完全な雪国になりました。凍えるような寒さのひるがの高原SAで休憩の後、3時間40分で富山に到着。山奥と比べると雪はたいしたことありませんでした。

7時過ぎまでゆっくり寝て明日からのレコーディング頑張ります。
今回の目標は、9番、11番、12番、13番、31番です!

しかしピアニストは体力が必要ですよね・・・もっと身体を鍛えないといけませんが、喘息のせいと時間がなさすぎでジムにも行けていません。

譜読みにもいつも手こずっていて・・・もっと高い能力を身に付けないとピアニストは勤まらないですよね・・・エマールみたいになりたい・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

しんどいですね(>_<) それでも演奏をこなせてしまうところにプロ根性を感じます。
録音て、ベートーベン全集第3弾ですか?
発売されたら、大変な中で録音されたことを噛み締めながら聴きます♪
【2011/02/06 00:46】 URL | めぐポン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/317-560731eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。