リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月は本番少なくて楽でした。
2月5日(土)
朝からTK音大。
夜は浪江行き。だるま弁当。
3925213_1019469187_143large.jpg

2月6日(日)

10:30
添田音楽教室サロンコンサート
ベートーヴェン ピアノソナタ第11番 作品22
ヤナーチェク ピアノソナタ 「1905年10月1日街頭にて」
三善晃 ピアノソナタ

7時間レッスン、用意して下さった豪華夕食も牛丼のように掻き込み、
浪江駅に駆け込み最終で帰京。

2月7日(月)
TK音大補講。11:00-20:20

2月8日(火)
TK音大ピアノデュオ試験
9:30-18:20
地下の牢獄のようなスタジオで70組とか聴いて疲労困憊

2月9日(水)
TK音大補講
11:00-20:30
昼飯のラーメンが救い
3925213_1019469190_171large.jpg
ヨーロッパ旅行を決定

2月10日(木)
練習日

2月11日(金)
大宮へ、パンを買って乗り込んだ新幹線が混み過ぎで激萎え・・・
車販のコーヒーでのんびり朝食、とか思っていたのに・・・デッキでぎゅうぎゅうづめとはね・・・

大宮 和幸楽器新都心センターサロン
永瀬まゆみ先生の生徒さん達へ、ミニコンサート×2

ヤナーチェク ピアノソナタ 「1905年10月1日街頭にて」
三善晃 ピアノソナタ

今回は難しいプログラムだったと思いますがみなさん集中してきいてくれました。
終了後レッスン2組。朝懲りたので京浜東北線で帰宅。時間かかったけどガラガラで快適でした。
そして緊張の第一印象。

2月12日(土)
春菊そばを食べて終日TK音大付属Kの入試。
帰宅後他校の受験生レッスン、入試がんばって!

2月13日(日)
中休みにぐったりしつつ、
いよいよラフマニノフに取りかかる。やっぱり難しいですね~

2月14日(月)
自宅レッスン日。カカオ、カカオ、カカオ!!そして生キャラメル。
+ワインも。今日も必死で働いた甲斐があったよ。

2月15日(火)
ふよみday

2月16日(水)
赤坂で打ち合わせ。
仕事をゲット!

2月17日(木)
TK音大入試
朝から晩まで・・・頑張りました。
帰宅してふよみ。

2月18日(金)
今日も朝から晩まで缶詰。
帰宅してさらに2人レッスン。

2月19日(土)
さすがにやばいのでふよみ

2月20日(日)
今日ものんびりとふよみ。
夜、祖父が急逝したとの連絡。89年お疲れさまでした。今までありがとう。
最近はいつもコンサートにお土産持って来てくれていましたが・・・一人お客さんが減ってしまいました。
思い出は必ず過去のものになって行くものですね。

2月21日(月)
26日のコンサートの初合わせ。
ヤマハホール。決して大きくないのに、大きいホールみたいな上質な残響がありました。和音さんのピアノはもちろん大迫力で身震い、いや武者震い?
動物の謝肉祭メンバーもノリノリでいいコンサートにできそうです。
帰宅してさらう。

2月22日(火)
朝9時からTK音大。14時で切り上げて銀座へ、
今日も合わせ。昨日よりましに。終わった後和音さんにごちそうになったスフレがうまかったです。

2月23日(水)
小平の大仙寺。近い家族だけの静かなお別れでした。
祖母始め家族はさびしい思いをしつつもみな元気そうだったのでよかったです。僕は出棺まで見届けて帰宅。祖父もチケットを買っていた26日の演奏会に向け練習しました。

2月24日(木)
今日も9時から20時半までTK音大、みなさん試験前の仕上げ。
その合間に和音さんとデュオの練習をしました。さっと通すだけですが回数を重ねておけば安心感がありますよね。

2月25日(金)
昼過ぎからTK音大、今日も4人レッスンしてからデュオの合わせ。うん、安心できる線に仕上がったのではないでしょうか。帰宅直前、教授たちと業界の未来について暗欝たる会話。

2月26日(土)
12時からGP。
出番待ちの間、和音さんの楽屋に集まった男たちのものすごい笑い声が頻繁に聞こえてくるんですよ。緊張してないのか、逆に緊張を避けるためなのか・・・いずれにせよ、巨匠の貫録みたいなものを感じますね(笑)
僕は不安箇所をさらったりしていたのですが。
本番はやはり格別の集中力とテンションで、盛り上がる演奏ができたと思います。謝肉祭も最高でした!
それにしても僕はこの数日間で多くのことを学ぶことができました。逆立ちしてもかなわない部分はありますが、自分の持ち味を生かし、今回いただいたアドヴァイスや盗んだ(笑)技術を、今後の演奏に反映させていきたいと思います。和音師匠ありがとうございました!

2011年2月26日(土)16:00
ヤマハホール開館1周年記念コンサート
会場:銀座ヤマハホール
「清水和音と仲間たち」
●プログラム
1.シューベルト/五重奏曲イ長調「ます」Op.114, D.667
2.ラフマニノフ/組曲 第1番「幻想的絵画」Op.5
3.ラフマニノフ/組曲 第2番 Op.17
4.サン=サーンス/動物の謝肉祭

出演
ピアノ:清水和音、菊地裕介
ヴァイオリン:1st 長原幸太
ヴァイオリン:2nd 佐久間聡一
ヴィオラ:鈴木康浩
チェロ:山本裕康
コントラバス:吉田 秀
フルート:高木綾子
クラリネット:松本健司
パーカッション:大熊理津子 中村友子

解散後人形町のスペインバルに寄り道してワイン。
3925213_1019469401_147large.jpg


2月27日(日)
朝は上野でお金の話。
帰宅後5人自宅レッスン。いつものように押しましたが、頑張りました。いただいたなだ万の鳥鍋をいただく。

2月28日(月)
明日の説明会の準備。ふよみと研究。

3月1日(火)
準備ののち、浜離宮へ。
説明会自体は1時間20分と限られた時間で、ものすごい駆け足をしたつもりでも少しはみ出てしまいました。どうも簡潔にまとめることが苦手なようです・・・全国から先生たちが集まっていたのですが来ていただいた甲斐はありましたか・・・?

2011年3月1日(火)16:25-17:45
2011年ピティナ・ピアノコンペティション課題曲説明会
■会場:浜離宮朝日ホール 小ホール
担当曲目 D級までの近・現代(19曲)

帰路、御徒町で買い物して自宅飲み。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
説明会
課題曲説明会での菊地先生のお話、よかったですよ!
【2011/03/04 00:16】 URL | nange #dMHZ0RZ. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/319-e28f6bb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生キャラメル

北海道産の良質な生クリーム、バターを砂糖・はちみつと煮詰めた新感覚のキャラメルです。 生キャラメルあれこれ【2011/04/08 11:15】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。