リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災状況
3月11日、ヘルシンキに向けてのフライト中で地震の第一報。
19日、パリから帰ってきたらこの有様でした。
都内、台東区のマンションの9階の1室です。(2007年築)

3925213_1045932952_180large.jpg
3925213_1045932625_15large.jpg
3925213_1045932668_132large.jpg
3925213_1045932710_81large.jpg
3925213_1045932738_142large.jpg
3925213_1045932812_33large.jpg
3925213_1045932836_3large.jpg

3925213_1044975544_42large.jpg
3925213_1044975562_211large.jpg
3925213_1045932271_70large.jpg
3925213_1045932485_147large.jpg
3925213_1045932604_248large.jpg

3925213_1044975405_188large.jpg
3925213_1044975428_168large.jpg
3925213_1044975445_1large.jpg

3925213_1044975143_102large.jpg
3925213_1044975173_164large.jpg
3925213_1044975197_13large.jpg
3925213_1044975225_245large.jpg
3925213_1044975287_71large.jpg
3925213_1044975326_246large.jpg
3925213_1044974996_58large.jpg
3925213_1044975013_47large.jpg

3925213_1044975060_181large.jpg

3925213_1044975091_165large.jpg
3925213_1044975117_199large.jpg
3925213_1044974828_57large.jpg
3925213_1044974885_145large.jpg
3925213_1044974903_107large.jpg

3925213_1044974949_7large.jpg
3925213_1044974981_199large.jpg
3925213_1044974671_200large.jpg
3925213_1044974692_249large.jpg
3925213_1044974700_223large.jpg
3925213_1044974712_28large.jpg
3925213_1044974730_219large.jpg
3925213_1044975474_91large.jpg
3925213_1044974792_174large.jpg
3925213_1044975522_143large.jpg
3925213_1044975366_224large.jpg

3925213_1044975502_62large.jpg

なんとか丸2日かけて復旧を果たしましたが、
都内にしては大きな被害でした。

youtubeなどに投稿されている都内の地震発生時の動画(やはりマンションの10階程度)を見ても、どうもこの被害には納得がいきません。
近所の方に聞いても、1階では食器も落ちなかったらしいし・・・この地域の揺れが特別ひどかったわけではなさそうです。

これ以上被害があったという人はぜひ教えて下さい。
どうもこれはきちんと調査し、建物に耐震補強工事を施す必要があるような気がします・・・
これでは次の東京地震に耐えられるかわかりません。

最後に、今回の地震の犠牲者の方に心から哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます。
また、お世話になっている福島の浪江町をはじめ被災地で避難生活を送っていらっしゃる方のご健康と、一日も早い通常への復帰をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/03/22 20:49】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/03/22 20:56】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/03/22 21:49】 | # [ 編集]


大変なことになっちゃっいましたね。いわきの私たちよりひどいです。マンションは4階からはつぶれたり折れたりしないような造りになっているので逆に横揺れが強い、地震でなくても常に揺れてる、らしいですが‥
浪江はどんな状況でしょう。こちら屋内退避区域はどうにも生活が成り立ちません。避難指示を出して欲しいです。
【2011/03/24 23:32】 URL | めぐポン #NqgXfLUo [ 編集]


回復後の写真を拝見したところ、次の地震に備えて
つっぱり棒をお使いになることをオススメします。
また、家具の下の方に重い物を置いたほうが倒れにくいとききます。
一番下の棚に楽譜を並べてみてはいかがでしょうか。
それから家具が襲ってこないような逃げ場を確保してください!

ピアノが動かないように、地震用のゴムマットを我が家では使っています。
全く我が家のグランドピアノは動いていませんでした。
【2011/04/10 11:16】 URL | #- [ 編集]


先生、ひさしぶりにブログ覗いたら、すごい写真にびっくりしました。
松戸のウチも1つグラス割れただけだったので。
ピアノ傷つきませんでしたか?
どちらにしても、先生があのお部屋にいたら危なかったですね。
片付けも大変だったと思いますが、先生が飛行機の中で、不幸中の幸いですね。
【2011/04/13 12:58】 URL | junko #- [ 編集]


うちは幅6-7m強、高さ35m程度の縦長のビルでして、
柔構造というやつで高層階は揺れやすいらしいですね。5階以下では揺れは少なく、逆に12階ではかなりひどい揺れだったようです。
知っていればもう少し対策を考えていたのですが・・・
いまどき、新築は免震で揺れないものだと思っていましたが甘かったです。
普通の地震ではさほど揺れないので・・・共振などさまざまな不運が重なったのでしょうか?

おかげさまで品薄気味のつっぱり棒も手に入り、遅ればせながら対策を施しました。
しかし、固定の圧力で家具そのものが少したわんでいます・・・ちょっと不安。
本棚なんだから内寸にふさわしい十分な耐久性を確保するのは家具作りのイロハだと思うのですが・・・やはりイケアは安物・・・
でも貧乏なので高価な家具は買えません・・・しばらくこれで我慢するしかないですね。
ピアノは足が折れる恐れがあるので、固定はしない方が良いと聞きました。しかし今のままでも、男性が全力で押してやっと少し動く程度にはなっているのですが・・・
【2011/04/25 17:35】 URL | 管理人 #- [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2015/04/25 05:45】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/321-c5a6c237
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。