リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年ぶりのヨーロッパ(後編・ハノーファー・パリ)
3月15日(火)
銀行の口座を閉じに行く。これでドイツでの僕の生活の痕跡はなくなってしまいました・・・

北ドイツ特有の霧が立ち込めて何とも懐かしい空気でした。
3925213_1097167256_80large.jpg
3925213_1097167298_88large.jpg
3925213_1097167324_134large.jpg

この街の数少ない観光スポットである斜行エレベーターで市庁舎の屋根に上りました。住んでた時は行ったことなくって今回が初です。
3925213_1097167390_90large.jpg
3925213_1097167472_34large.jpg
3925213_1097167442_12large.jpg
3925213_1097167408_207large.jpg
3925213_1097167390_90large.jpg
3925213_1097167371_156large.jpg
ハノーファーもこの廃墟から立ち直ったのだと勇気づけられました。
3925213_1097167360_48large.jpg
そして・・・住んでた家から道を一本隔てた、大学へ。
ヴァルディ先生のレッスン室に行ったらColleenやMarc、そして学食ではSung-hoなど、懐かしい友人たちに会いました。先生はその日はいらっしゃらなかったのですが・・・
そして、学校裏の森・・・
3925213_1097167498_247large.jpg
3925213_1097167532_105large.jpg
いま思えば、自然が豊かで、のどかで暮らしやすい、素晴らしい環境でした。東京都内で同じような環境を得ようと思ったら、皇居にでも住むか、都心から遠く離れた僻地に住むしかありませんものね・・・

後ろ髪を引かれる思いでしたが、午後、駆け足で空港へ。
パリへ向け飛びました。エールフランスのエンブラエル。パリでは、2Gというわけのわからないターミナルに降ろされ、空港駅までとても遠かったです・・・

ずっと住んでいたバスティーユ界隈のホテルに荷物を置いて、
すぐにサルコルトーへ。プーランクコンクールでお世話になったラギャルド先生に誘われた、エコールノルマルの教員協会?のコンサート。学生と先生(それが僕の同期の学生だったり)が共演してたりして・・・終了後のパーティーでは、思いがけぬ知人たちにも会ったりして、やっぱり自分とこの街とは切っても切れぬ、いつ行ってもホームだと思いましたね。

3月16日(水)
木曜日だとおもって、いつも通っていたマルシェ(露天市)に行こうとしたら、水曜日でした・・・
8年近く住んでいたパリ4区のマレ地区を散歩。
3925213_1097173271_42large.jpg
3925213_1097173291_112large.jpg
ファラフェルのサンドを買って、通っていた教会の裏の公園でパクつきました。
3925213_1097173303_183large.jpg
そのまま市庁舎、ノートルダム、サンルイ島、と、4区の主な観光スポットを散歩しました。
3925213_1097173314_95large.jpg
3925213_1097173320_128large.jpg
3925213_1097173333_28large.jpg
3925213_1097173347_185large.jpg
3925213_1097173365_190large.jpg
なんとサンルイ島で、T朋の三瀬先生に遭遇!!世の中狭いですね。三瀬先生には、以前松山行の飛行機の中でも偶然会ったことがあります。不思議なものです。

それから、住んでいた家の大家さんのご両親の家にお邪魔しました。
2年ぶりです。ムッシューはうちの祖父と一緒で、今年90歳ですが、元気でいてほしいですね・・・
奥さんももう80代後半ですが、相変わらずかくしゃくとしていてとてもお元気でいらっしゃいました。フランス語の洪水。おいしい手料理をいただきました。

それから、ずいぶんと久しぶりですがエッフェル塔へ行きました。10年以上登ってないような・・・
3925213_1097173388_177large.jpg
3925213_1097173393_78large.jpg
3925213_1097173379_72large.jpg
3925213_1097173375_189large.jpg
3925213_1097173402_72large.jpg
3925213_1097173411_208large.jpg

何度行ってもいいものですね。

夜は、シャンゼリゼ劇場でオペラ「怒りのオルランド」。ヴィヴァルディのオペラですが、主演のMarie-Nicole Lemieuxは圧倒的でしたが、カウンターテナーのPhilippe Jarousskyも素晴らしかったです。
バロックオペラ、生で見るのは実は初めてだったんですが・・・
とてもとてもとてもよかったです。ヴィヴァルディってこんなにエキサイティングなんですね!!!認識が変わりました。
そして・・・日本はやっぱりまだまだ遅れてるんだなって改めて思いました。
ヨーロッパを離れてしまったことを残念に思い、定期的に通わないとやはり自分の音楽がおかしくなってしまうなって思いました。
3925213_1097173421_211large.jpg
終演後は、チーズやハムなどの軽食片手に、最近留学して行ったえりなちゃん交えて飲みました。

3月17日(木)
朝は今度こそマルシェに。
チーズ、もといフロマージュを大量に、コンテだけでも1.5kg、全部で5kgくらいを買い込む、それでも1万円に満たないんだから笑っちゃいます。日本だったら5万円コースだろうな・・・
パリ時代にいろいろお世話になった立川さんのお宅で昼食をごちそうになりました。サンルイ島の名店で集めてこられた食材の数々、実に美味しかったです。
それから、サンラザールに移動して瀬尾さんと寺田愛ちゃんに会う。夏のアカデミーについて少し相談。
それから、やはりパリ時代にお世話になったRougéさんのお宅を訪問し、さらに移動して、ラギャルド先生と改めてお話をして、最後にサル・プレイエルに行きました。
今日はパリ管、指揮は、ずーっと気になっていたパーヴォ・ヤルヴィ。
ソリストはブレハッチでベートーヴェンの4番。アンコールでマズルカ41-2,4、これが特に素晴らしかったですね(笑)

あとはハイドンの88番とフランクでした。評判は前から聞いていましたが、パーヴォの指揮は情熱的で非常に面白かったです。サウンドにも躍動感がありました。

バスティーユまで戻って、ゴーフル(日本流にはベルギーワッフル)食べて、爆睡です・・・
3925213_1097173446_125large.jpg
3925213_1097173455_27large.jpg

3月18日(金)
フランスでは、日本はもはや放射能汚染の天外魔境のように言われていたので、ずいぶん帰るのを止められました。うちの部屋が空いているから泊まって行きなさい、とおっしゃる方もいらっしゃいました。
しかし、この旅行中ずっと、改めて放射線について勉強し、さらに福島原発の事故の状況、今後の発展の可能性をじゅうぶん勉強し、東京にいる限り当面のリスクは比較的少ない、また、こちらで待っていたところでそのリスクが下がるわけでもない、と考えて、予定通り帰ることにしました。
フィンエアーはスケジュール通りに飛んでいるということで、予定通りに空港へ向かいパリを離れました。
ヘルシンキの乗り継ぎもスムーズでしたが、やっぱり日本行きのフライトはガラガラでした・・・
行きに見た「SP」の続きを見る。

3月19日(土)
成田に到着、スカイライナーも一部徐行なもののほぼ予定通りの運行で、バスも普通に走ってて問題なく帰宅しました。
エッフェル塔と比較しても、やっぱりスカイツリーは格段に大きくて立派だなぁと改めて感動。

まず5階の様子を見て、大したことなかったものの、9階はやはりひどいだろうなと覚悟して帰宅したら・・・案の定ひどかったですが・・・

今日は東京音大の卒業式で、本当はそれから謝恩会だったのですがそれは中止になってしまいました。
翌日の20日には、愛知県の刈谷でピティナの課題曲説明会、そして、21日は岡崎でステップ、ミニコンサートの予定だったのですが、それも東日本からの講師を派遣しないという本部の措置で、僕は行けなくなってしまいました。

でも、そのおかげで家の片付けを速やかに行うことができたのですが・・・
それでも全てを片付けて生活できる状態になるまで丸2日かかりました。その間は、僕も避難生活をしました。
日本が大変だった時期の体験を共有することはできませんでしたが、それでもちょっぴり被災者でした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
エッフェル塔
私はかれこれフランス・トゥールーズに住んで6年v-154
今だにエッフェル塔にのぼったことないんです。。。パリに行ったのも数回のみ。。。
今年こそ、行ってみようかな、と思っている今日この頃でありますv-10
【2011/05/17 13:12】 URL | チーズケーキ #vh1mV2jE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/324-e903a398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。