リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いがけぬ春休み
3月20日(日)
2日間にわたる片付けがほぼ終わり、近所の「明」で記念日。
避難生活から帰宅。

3月21日(月)
さすがに疲れて、ぐったりしてました。
後で修理に出してわかったことですが、我が家の被害は、プリンター全損、アンプの故障、食器の大量破損、などいろいろありましたが、物的にもっとも大きなものは、ピアノの傷(直すと100万円コースだそうで・・・)。はげた外装、マジックで黒く塗ってごまかしておきましたが・・・資産としての査定額は大幅に下がりそうです。
あとは、JR東日本、東武鉄道、京成電鉄株が特に大きな暴落。震災前と比較して70万円程度の評価額を失いました。だいたい東武は2月の公募増資ですでに下落していたところに震災、その後も下げ止まらないし、僕が買ってからの下落率は35%、スカイツリー効果を期待して買ったのに完全に騙された感じです。
東京電力株を持っていなかったことだけが唯一の救いでした・・・

まぁ、いろいろひっくるめて100万円くらいの損失でしょうか?
家を失ったりした人に比べれば何でもない被害だと思ってあきらめます・・・(T_T)

3月22日(火)
朝はG大で所用を済ませたのち、午後、国立の野勢さんのお宅で合わせ。
いろいろ不安だったので、早めに出たんですが、JRは時間通り走ってくれました。4月9日の新宿でのコンサートの練習です。
ワンコのアメリ、共演する白尾さんとも初対面。
もともと昨日まで他の仕事の予定だったので、今日は最初からふよみ合わせの予定でした。ダマーズのトリオ難しすぎて、まったく弾けませんでしたけど・・・いちおう一度通しました。
そのうち、計画停電!!その後もしばらく続けてましたが、だんだん暗くなってきました。
どこからともなくろうそくとワインとソーセージとチーズと・・・etc.が出てきて、すっかり宴会になってしまいました。
いい気分になって、上野駅から帰る途中で放射能雨を思いっきり浴びてしまいました・・・すぐ風呂に入る。

3月23日(水)
朝から池袋へ。
東音で入試。
わりと早く終わりました。
帰宅。ひきこもり。

3月24日(木)
朝は調律師様がいらっしゃり半日がかりでピアノの大手術。
家をさらに掃除。
買い出しをして夜はチーズパーティー。
サント・モール
フルール・デュ・マキ
カマンベール・オ・カルヴァドス
エポワッス
などなど、パリ土産を大量放出。
和音さんリクエストのコンテは特に大量に!
ワインも古いストックをぜいたくに開けて楽しみました!!

3月25日(金)
原子力について勉強しながらぐだぐだと過ごしました。

3月26日(土)
明日の秋田の講座に向けて改めてお勉強。

3月27日(日)
本当は前泊して田沢湖の温泉に行こうと思っていたのですが、
新幹線が不通のためあきらめ、当日入りになりました。
朝早ーい便で空路秋田へ。やっぱり新幹線がない分か、とても混んでいました。空港からの道で雪が降り出し、最寄りのバス停から雪の中ゴロゴロを押して会場のヤマハ秋田店へ。僕が到着後しばらくで吹雪に!間一髪でした。

今治とほぼ同じ内容の課題曲講座ののち、昼食休憩を挟んで3人レッスンをしました。みなさん一生懸命練習されていて、感心しました。

最終便に乗り、日帰りであわただしく帰宅しました。
秋田へ来るのは中学の修学旅行以来なのですが、今回は震災の影響であまり長居ができませんでした。次回はぜひ楽しみたいと思います。

3月28日(月)
本来はかながわ音楽コンクールの審査のはずだったのですが、かなコンは今年は全て中止になってしまいました。残念ですが、一か所でも停電が起きたりすると運営に支障が出るため念のため、ということでした。今これを書いている現在から振り返ると、結果的には可能だったようですが、当時は計画停電の先行きも不透明で情報が錯綜していたので仕方ないですね。

壊れた電気製品などをチャリに積み込み、修理に出したり、代替品などを探して久しぶりに秋葉原をうろつきました。

3月29日(火)
今日も国立の野勢氏宅へ。
練習終了後は、先日を上回る素晴らしい素晴らしいディナーでした。この日以来、感化されて我が家の自炊も豪華になりました!笑

しかしビール、ワイン数種、マール(ブドウの搾りかすで作った強い蒸留酒)などを浴びるように飲んだため、少々気持ち悪くなってしまいました・・・

3月30日(水)
二日酔いを押して朝から自宅レッスン。壁の穴に驚いておられました。
昼は上野に外出して震災で壊れたプリンターなどを品定め。しかし購入は見送りました。
夕方、さらに2名レッスン。
夜、注文していた耐震グッズがやっと到着。さっそく装着しました。小さな余震が相次いでいますが、これをつけておけばある程度なら大丈夫でしょう。
3925213_1107465933_162large.jpg
3925213_1107465943_84large.jpg
こんな簡単なことならもっと早くしておけばよかったですが、地震国日本の中でも地震が多いといわれる東京で、途中ヨーロッパにいた分を抜いても22年も生きてきて、地震で家具が転倒したことなんて、ただの一度もありませんでしたからね・・・人生何事も勉強ですね。
ただ、CDラックの押しつけたところの天板がしなっているのはちょっと不安です・・・手で押してもゆさゆさ揺れるし。そうすると隣の本棚も一緒に揺れるんですよ。どうも床が弱いみたいですね・・・

3月31日(木)
今日もかなコンの予定が中止。
横浜で食事会をしました。パスタの美味しいイタリアンに行きました。前回の馬車道の店とは違うところです。
自宅近くの桜がすこしずつ咲き始めて、こんな時にもちゃんと春は来るんだなぁと感動。
3925213_1107474228_78large.jpg
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/325-b5aaa5da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。