リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新学期!
4月16日(土)
昨日までの緊張状態からしばし解放され、寝る。
午後自宅レッスン。

4月17日(日)
大宮で永瀬先生の生徒さん対象のミニコンサートを2本。
今日の内容は、ピティナの課題曲を中心にしたもの。
正直、子供の曲をちゃんと芸術的に聴かせるのはなかなか難しいものです。

今日のスペシャルゲストは、地震、津波、原発のトリプルパンチで、全住民が街を離れることを余儀なくされた浪江町から避難して来られた添田先生でした。僕もお宅に伺ったことのあるお弟子さんの親子も埼玉に避難されているということで、来てくれました。
8月に伺ったこのお宅です・・・
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-298.html
10月にこの鮭を食べたところは、跡形もなく流されてしまいました。
http://ykpiano.blog87.fc2.com/blog-entry-305.html
僕が最後に浪江を離れたのは2月6日、まさかこんなことになるとは・・・

夜、人を踏まなければ便所へ行けない避難所、若い人が我先に物資に群がる、病院のたらいまわし、遺体安置所のずらっと並んだ遺体の惨状、猛烈な匂い・・・などなど、
きっと思い出すのもお辛いでしょうが、東京にいる我々のところには届かないような、過酷な被災地の状況を話してくださいました。
なんでも映せば良い、と思うわけではありませんが、日本のメディアは少しそういうところから眼をそむけているように思います。ネットを探すと少しは出てきますけれど・・・もちろん映像では伝わらないものがあるとは思いますが、せめて・・・

それでも、自分たちはこうして生きていて、みんなが協力してくれて幸せ、って3人とも非常にポジティブに頑張っていらっしゃって、少し安堵しました。しかし、精神的にあまり強くない方には、うつ病が多発していて、僕の知っている生徒さんのお母さんは入院されてしまったそうです・・・そのあたりも、そこまで報道されていませんよね・・・

チャリティと銘打つのはなんとなく気恥ずかしいので特に銘打ちませんでしたが、今日は浪江のために演奏しました。

終了後、夜までレッスン、永瀬先生親子と添田先生と4人で打ち上げ、楽しいひと時を過ごしました。添田先生は、全国から出張レッスンなどひっぱりだこで、これからお忙しい日々を過ごされるようです。お元気でお過ごしください!

4月18日(月)
朝、自宅レッスン。
午後はセンター南で編集。バイクで首都高走るのも久しぶりでおっかな楽しかったです。夜まで頑張って帰宅。残りは明日。

4月19日(火)
東京音大のレッスン打ち合わせ、
今年は震災の影響で終了時間が繰り上げになってしまったこともあって、まさにギチギチのスケジュールを組むことに。火、木、朝8時40分からのレッスン開始です・・・
その後編集仕上げ、飲み、帰宅。

4月20日(水)
芸大レッスン開始。初回なのでほぼ100%の素晴らしい出席率でした!

昼、上野広小路のマックでタダ券で食べたダブルクォーターパウンダーチーズ、ポテトL、コカコーラゼロLのセットをエネルギー源にガッツリ働く。

4月21日(木)
早朝出勤、夜までギチギチのスケジュールにかなり萎える。
でも、これからこれが日常になるんだよな・・・
どうしても出勤日を増やしたくなかったのは自分の責任だから、頑張ります!

4月22日(金)
3日連続の学校勤務ですっかり萎えてしまいました。まだ休みボケから回復していないようです。

4月23日(土)
ベートーヴェン全32曲演奏会に向けて、まず最難曲であるハンマークラヴィーアの解凍から腰を上げる・・・ううむやはり手強い・・・29日には兵庫で一部弾くんだけどね・・・頑張ります。

4月24日(日)
練習、休養、そして選挙。
すずきじゅんさん何と台東区議一位当選、年下だけど、頑張ってほしいです。若者の手に日本の政治を取り戻してほしい!
僕は買い物に料理もがんばった一日。

4月25日(月)
教員研修会、で池袋へ。
野島稔新学長のとてもありがたいお話を聞く。
人生体験全てが芸術の引き出し、常々思っていることだけど、やはり重みが凄い。

4月26日(火)
火曜日の通常授業がスタート。
時間割的には去年より早いスタートでしんどいです。でも、朝の院の授業の後、教室移動なのですが、そこで普通に昼休みが取れるっていうのが去年と比べるとめちゃくちゃありがたいです!

余裕時分ゼロでレッスンし、くたくたになった僕を待っていたのは、4年生が企画してくれた新歓!今年の4年生は、東京音大で4年目になる僕とつまり同期、ということで、苦楽を共にした仲間。ここまで育ってくれて頼もしい限りです。生徒を持つのも悪いことではないといまさらながら実感。
卒業式で泣いちゃう・・・なんてことはないでしょうけどね!!!笑

二次会なしで早めに終了。明日も僕は早いのです。

4月27日(水)
実は芸大も今年は去年より40分早い9時ちょうど始まり。生活パターンを少し変えないといけないかも・・・です。
お昼は根津の「よし房」に久しぶりに伺い蕎麦。つつじ祭りの影響で混んでましたが蕎麦は美味しかったです。腹もちはあまり良くなかったですが(笑)

4月28日(木)
6:30 起床 荷造り
8:00 自宅出発
8:45 午前レッスン開始
12:15 昼休み 銀行行ってパスタ食べて
13:10 午後レッスン開始 トイレ休憩以外休憩ゼロ
18:45 欠席の生徒のおかげさまで予定より早く終了、フーガを45分必死でさらう。
19:40 エレベーターがなかなか来なくて東京音大出発が遅れる。
19:50 池袋西武ですき焼き弁当購入。
19:55 山手線外回り乗車 車内を移動したりして必死に乗り換え時間を短縮する努力をするも、途中、時間調整にいらつく
20:18 東京駅到着5番線から14番線までダッシュ 今日は途中でe特急券を受け取るひと手間もあったので気をもむも全てスムースに進む。
20:21 定刻より1分遅れでのぞみ号出発
22:56 新大阪駅着 在来線までダッシュ
23:00 東海道線乗車
23:12 尼崎乗り換え 空席だらけの女性専用車隣の激混み車両へ(怒)
23:33 宝塚到着 阪急電車に乗り換え
23:44 宝塚南口到着

宝塚ホテル 泊

4月29日(金)
阪急電車で甲東園へ。レトロな電車に癒されます。

朝9時集合。今日もいつも通りのステップ、
79人の演奏のアドヴァイスの合間に、ハンマークラヴィーアの4楽章を弾いちゃいました。

兵庫県西宮市・甲東ホール
PTNAピアノステップ 甲東園地区
アドバイザー・トークコンサート
ベートーヴェン ピアノソナタ第29番 「ハンマークラヴィーア」第4楽章

21時過ぎの終了後は、貸し切り状態の木曽路で打ち上げ。
ステーション代表の杉本先生はじめみなさまどうもありがとうございました。
宝塚駅まで送っていただきました。

4月30日(土)
深夜の大阪駅東海道線ホームに到着し、東京行きの東海道線だからここでいいだろうと思いそこで待っていたので、あやうく0:34分発サンライズ号乗り遅れるところでした。まさか北陸線のホームから出るなんて思ってなかったので・・・
本日列車終了しました出口へお向かいくださいという案内でおかしいことに気がつきましたが・・・
3925213_1112615652_139large.jpg
3925213_1112615690_152large.jpg
3925213_1112615730_211large.jpg

久々の寝台特急で胸が高鳴りましたが、疲労の方が勝っておりかなりよく眠ることができました。7:08 あっという間に終点東京へ。
3925213_1112615760_209large.jpg
3925213_1112615873_1large.jpg
3925213_1112615800_200large.jpg
便利な乗り物なんでみなさん利用してあげて下さいね!

自宅へ戻りうだうだと過ごし、夕方、だらけた普段着で上野をブラブラしていたらなんとA柳先生と門下生の集団に遭遇!!!新歓なんですって、やはり上野の街を歩くときは気をつけないとと、あらためて思いました←
その後秋葉原へ避難し、死んでいたアンプを迎えに行く。

そうこうしているうちにもう5月です!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/327-5cc9df24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。