リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW充電後の社会復帰は大変です。
5月1日(日)
自宅レッスン2名。

5月2日(月)
芸大補講。おこもり。さらう。
トンカツを食べようと思ったのにまたもや振られ、
行こうと思った寿司屋にも振られ、暇そうな寿司屋で昼飯。
GWって書きいれ時なんじゃないのかな?上野だし。

5月3日(火)
自宅レッスン2名。
ブログを更新したり、休日系。

5月4日(水)
だらだらさらうday

5月5日(木)
朝からバイクに跨りトコトコと柴又へ。おととし高砂の教習所で二輪免許とったので近くはウロウロしていたけれど、本格的に観光したのは初めて。
寅さんとこち亀が大好きすぎる僕にはたまらない休日でした。

帝釈天、寅さん記念館など訪問。

3925213_1122271077_246large.jpg
3925213_1122271058_225large.jpg
3925213_1122270922_62large.jpg
3925213_1122270865_148large.jpg
3925213_1122270704_224large.jpg
3925213_1122270641_148large.jpg

ガソリンも入れて帰ってひさしぶりに昼寝。

5月6日(金)
ひきこもり

5月7日(土)
今日も充電

5月8日(日)
社会復帰が近づいてきました。
3名の自宅レッスン、しかし、5時間以上にわたって頑張ったら久しぶりでちょっと疲れました。この充電期間もいよいよ終わり・・・

5月9日(月)
東京音大でAH研修会というのがありました。
その後霞が関の病院へ。首都高飛ばしたら15分で着きました。空いていれば本当に便利だな・・・
帰宅してさらう。寝る。

5月10日(火)
朝から学校生活に復帰。早朝に起きなくてはいけないので、時差ボケがひどいです。最近1ケタ時台に起きることはなかったから・・・
天候不順につき電車。
夜までやってクタクタ。
せっかく池袋駅に来たので西武に寄ったら、九州物産展をやってました。
からし蓮根、さつま揚げ、黒糖アガラサー、からいも団子を買い込み、
イートインで博多一幸舎のとんこつ味玉ラーメンたべて帰宅。
3925213_1153613358_249large.jpg
3925213_1153613364_83large.jpg
消費は楽しいですね!

5月11日(水)
G大。天候不順もあって、今日はお昼も外に出ず、昨日買ったアガラサーで昼飯を済ませる。
夜まで籠って、必死にさらいました!!!
谷中霊園で肝試し、ののち日暮里でビール。ギネス、ヒューガルデンなど・・・

5月12日(水)
表参道のカワイ・パウゼでチャリティーコンサート
巨匠弘中先生、中堅石井先生の前に、新人としてベートーヴェンを弾かせてもらいました。
早起きして朝からリハ。そして本番終了後は募金箱持って義捐金集めたりして・・・

2011年5月12日(木)12:00~13:30
カワイ表参道コンサートサロン パウゼ
東日本大震災復興支援
チャリティーコンサート at カワイ表参道

菊地裕介
ベートーヴェン ピアノソナタ第28番 作品101

石井克典
リスト ダンテを読んで-ソナタ風幻想曲
    コンソレーション 第3番

弘中孝
ブラームス 3つの間奏曲 作品117
バッハ=ヘス 主よ、人の望みの喜びよ

3925213_1122187438_215large.jpg

来て下さったお客様ありがとうございました。

終了後すぐに荷物をまとめて副都心線に乗ろうと思ったらエレベーターが点検中、ちなみに表参道着いた時もエスカレーター停止中でひどい目に遭いました。雑司が谷のエスカレーターが動いてなかったら地獄だと思いましたがこっちはちゃんと動いてました。
夜までレッスンし、傘をさして東通りを歩いていたら、何やらフランス語が聞こえてきたので目をやると見覚えのある紳士が。
??ベロフ先生?と思い声をかけると、隣にいらっしゃったのも先輩の藤本優子さん。15年前、ルヴィエ先生の初めてのレッスンを通訳してくれた恩人です。
立ち話もなんなので、鳥よしで夕食。先生もご機嫌で、学生の時はきけなかったようなワケありの話もきけて楽しかった。しかし友人や先生たちの話が出てきて、改めてパリが懐かしくなりました・・・

5月13日(金)
明日からの小演奏旅行に備えて練習をしたいところなのですが、雑用もいろいろ済ませなければいけなくて・・・ほとんどさらえてません。
こんな日記も書いてるし・・・でもここで書いておかないと書けそうにないので・・・
たぶん終電近くで名古屋に移動します。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/329-6081d182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。