リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェン全ソナタ演奏が済んで
6月5日(日)-6月10日(金)
全てをベートーヴェンの32曲に懸けた。と言いたいところですが、それまでのさまざまな労働の疲れが出てきて、だいぶのんびりと過ごしてしまいました。
そのせいか、最終日、6月10日金曜日には切羽詰まっていて、最終便で名古屋へ向かうことになりました。新幹線に乗った瞬間の、あの諦観の境地、忘れられない思い出です!
深夜24時直前、名古屋に着くと、結構な雨が降っておりました。
マリオットに投宿。バタンキュー

6月11日(土)
7時半過ぎに起きて、風呂、そしてゆっくりと朝食を食べ、お迎えに来ていただき、雨の中劇場へ向かいました。9時過ぎに到着。
即、リハ開始。
10時半には第1ステージリハ終了。
11時には開演です。

第1ステージ 6月11日(土)11時開演
第1番 Op.2-1
第2番 Op.2-2
第3番 Op.2-3
休憩15分
第4番 Op.7
終了 12時45分

開場まで第2ステージのリハーサル
13時30分開場
開演までに休憩と昼食

第2ステージ 6月11日(土)14時開演

第5番 Op.10-1
第6番 Op.10-2
第7番 Op.10-3
休憩15分
東日本大震災の犠牲者をしのび1分の黙祷
第8番 Op.13
第9番 Op.14-1
第10番 Op.14-2
終了 16時

開場まで第3ステージのリハーサル
17時30分開場
調律

第3ステージ 6月11日(土)18時開演
第11番 Op.22
第12番 Op.26
休憩15分
第13番 Op.27-1
第14番 Op.27-2
第15番 Op.28
20時ごろ終演

1日目が終わり、やっぱり壮絶な演奏会であると実感いたしました。
テンションや集中力にもやはり波がありました。
3番、7番、8番、11番、14番あたりはまあまあ悪くは無かったと思います。
明日はどうなることやら・・・21時まで放心状態で翌日の曲を勉強して撤収。

6月12日(日)
やはり7時半に起きて、9時半会場入り。
短いリハののち、10時30分開場。

第4ステージ 6月12日(日)11時開演
第16番 Op.31-1
第17番 Op.31-2
第18番 Op.31-3
休憩15分
第19番 Op.49-1
第20番 Op.49-2
第21番 Op.53

12時50分ごろ終了
リハ
13時30分開場
食事

第5ステージ 6月12日(日)14時開演
第22番 Op.54
第23番 Op.57
第24番 Op.78
第25番 Op.79
休憩15分
第26番 Op.81a
第27番 Op.90
第28番 Op.101

16時ごろ終了

リハ
17時30分開場

第6ステージ 6月12日(日)18時開演
第29番 Op.106
休憩15分
第30番 Op.109
第31番 Op.110
第32番 Op.111
20時15分ごろ終了!

今日は21番、26番、28番、29番、30番、32番2楽章、なんかは悪くなかったのではないかと思いますが・・・23番の付近は、疲れてきているにもかかわらず残り曲数が多かったこともあって、正直、かなり参っていました。26番あたりからは残り曲数が少なくなってスパートをかけていくことでまた調子が上がってきたのですが・・・
次回はこのあたりのペース配分が課題だな、と思いました。まさにマラソンと一緒で、全曲演奏も奥が深い。
しかしだからこそ得られたことは大きい。このように一度に生涯をたどることで、ベートーヴェンがますます身近に感じられ、一体感を感じ、ますます好きになりました。作曲家の生涯における作品のポジションもよくわかります。まさに人生の縮図を感じました。ハンマークラヴィーアの後で後期の3曲に触れることで、作品111の涅槃はより澄んだ感動を呼び起こします。
全曲終了時にはスタンディングオベーションをいただき、自分でも感動いたしました。
これでやっと新約聖書完読、やっとピアニストの道の入口に立った気がします。しかし想像以上にきつかったし…道の先がまだまだ長いことを思い知らされました。人生の課題として、これからもっと磨いていかねば。これからが修行の本番だと感じます。

プログラムをスキャンしたものですが、これを全部2日間で演奏したのか、と思うとやはり感慨深いですね!
3925213_1207122290_76large.jpg
3925213_1207122301_118large.jpg
3925213_1207122314_12large.jpg

挨拶、後片付けなどをして撤収したのは21時をとっくに過ぎてしまっていました。
ホテルへ送っていただいてから街へ繰り出した打ち上げは、なんだか無性に食べたくなったラーメンでした。
3925213_1206280561_63large.jpg

しかし、本当にやらせていただいて良かったと思います。このアイディアの発端となった2008年末の16人のピアニストによる全曲演奏会「アイラブ・ベートーヴェン」をプロデュースされた田中良幸さん、全曲録音にゴーサインを出してくださった江崎友淑さん、名古屋公演を実現に結び付けて下さったプロデューサーの松川能子さん、マラソンコンサートを開催する勇気を与えてくれた横山幸雄さんをはじめ、みなさんとの御縁あってこそこの演奏会は生まれ、無事に終了までこぎつけることができたのです。本当にありがとうございました。

首都圏で開催してほしいとの声もチラホラ。
今回は多くの曲が初ステージだったため余裕が無く、譜面を置いての開催でしたが(見事にフメクリストを務めてくれた葵ちゃんありがとう!)、次回はぜひ、暗譜を完成させて臨みたいと思います。横山氏と同じく1日での開催、というのも一つの目標ではありますが、2日間くらいが本当はいいバランスかも。悩むところです。

全ての公演にお付き合いいただいた方はもちろん、少しでも顔を出してくださったお客様、本当にありがとうございました。
その後、すぐに仕事の波にもまれて、ここまでご報告とご挨拶が遅くなってしまったことをお詫び申し上げます。

3925213_1207149363_99large.jpg
3925213_1207149340_252large.jpg
3925213_1207149301_189large.jpg

家族、そして重要なスタッフたちと。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

このスタイルの演奏会はぜひ行ってみたいと思っています。東先生がベー様の全曲演奏会を福島でされていて秋に行く予定でしたが…多分被災しました。私も菊池さんのCDがきっかけでベー様のソナタのとりこです。最近8番の第2楽章を練習しています。なんと美しいアンダンテカンタービレでしょう。の○め気分で弾いてます。菊池さんの演奏会に行きたいのですが被災してる身ですので、まだ落ち着きません。復興したらぜひいらしていただきたいです。
【2011/07/11 23:58】 URL | めぐポン #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/07/13 05:07】 | # [ 編集]


是非、東京でも!
東京だとオペラシティあたりでしょうか? これまでも横山さんのショパン全曲、ヴィラロボス全曲、ベトベンP協全曲、一日中ベトPソナタなどなど一日でまとめて演奏しちゃうぞシリーズいろいろありましたよね。楽しみにしてます(^^)
【2011/07/21 01:54】 URL | くろにゃん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/334-f2afec26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。