リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一仕事終われば働きづめ
6月13日(月)
前日の興奮も冷めやらぬまま6時半起き。
7時53分の新幹線で東京へ。
日暮里駅に荷物を預けて、10時から芸大の補講。18時半ごろ終了。
荷物を取ってつけ麺食べて帰宅。
3925213_1206280577_102large.jpg

予約しておいた数点の粗大ごみを準備して出す。

6月14日(火)
6時45分、とても気分が悪い目覚め。
コーラとクーラーでごまかし8時40分からレッスン、院の授業も再開、19時30分終了。帰宅。明日の講座の準備。

6月15日(水)
6時起床。東京駅で鯛茶漬け。
3925213_1206280589_137large.jpg
7時56分のこだまで三島、そして沼津市民会館へ。
静岡県東部PTCコンクールの課題曲クリニック。
10時-13時で終了。沼津港の寿司屋へ連れて行っていただく!
3925213_1206283011_201large.jpg

東京へ戻って、病院、書店、夕方帰宅。
かなり疲れました・・・

6月16日(木)
8時45分から東京音大、19時30分まで。
限界に近付いてきました、などとはまだ言っていられない状況・・・

6月17日(金)
帰国後今の家に支払った家賃が600万円を超えていることに気がつき、そろそろ手狭になったこともあり引っ越しを検討中。
前から目星をつけていた台東区のマンションモデルルームを見に行きました。
いろいろな意味で素晴らしいのだけど、音出しに不安あり。いくら防音するとは言っても「うるさ型」が多いと困る。環境の良い高級物件は避けた方がよいかな、と薄々感じました。そもそも高いしね。収入とローン借入額のバランスなど、かなり現実を知る。貧乏・・・
その後文京区の土地も見に行ったけど・・・予算オーバーだし、狭小一戸建てはやはり日照面などで・・・と思う。

午後帰宅後、高松からのお客様を自宅レッスン、そして調律師さまに来ていただく。

6月18日(土)
10時から20時まで自宅レッスンをしていました。昼休みもナシです・・・
現金をかき集めないと引っ越しはできません(笑)

6月19日(日)
朝は荒川区のマンションギャラリーを見に行く。かなり騒音のありそうな立地だが利便性はピカイチ、音出しスタジオには好都合かも・・・
夕方まで練習して渋谷の大和田文化センターにて本番。
さくらホールに行ってしまったらまるで雰囲気が違う上映会??・・・今日は小ホールでした。
リハなしの、いきなり本番でハンマークラヴィーアのフーガ、恐ろしかったですが、まあなんとかなり一安心。
他の出演者の方々もみな素晴らしい演奏で、頭が下がります・・・

2011年6月19日(日) 18:50開演
東日本大震災被災地支援
ピティナ・チャリティーコンサート
渋谷区文化総合センター大和田

菊地 裕介
ベートーヴェン:ピアノソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」op.106 第4楽章

本当はみんなと打ちあがりたかったんだけど、みな終了後はとっとと帰ってしまい・・・僕もおとなしく帰る。

6月20日(月)
今日も午前中に出かけて東京音大の補講。
19時半まで・・・みっちり。その後馬場で飲み会。

6月21日(火)
普通に8時40分から19時30分まで東京音大・・・
およげたいやきくんの世界です(笑)

6月22日(水)
9時から18時まで芸大。
終了後、喘息で停止して以来数か月ぶりのJEXER上野(ジム)
もうなまりきっていました。困ったことです。これから再開するぞ!

6月23日(木)
8時45分から19時30分まで東京音大、

6月24日(金)
8時半から17時まで東京音大。
よくもまあここまで毎日、て感じですよね!
補講まとめるとほぼ休日無くなってしまうのですが、その分もお給料をいただいている訳ですので休めません!評価が時間給の非常勤ならではの辛い事情です。

6月25日(土)
8時出発、千葉の検見川浜でPTNAの審査、EK級とグランミューズ。
これは16時とわりと早く終わったのですが、帰宅して5時間にわたる自宅レッスンで長い1日となりました。
でも、本当に素晴らしい生徒さん達でやりがいのあるレッスンでした。広島からはるばる、お疲れさまでした!
それにしても、千葉市美浜区、液状化の傷跡がかなり残っていました。本当に身近な所に被災地があるんですね・・・

7月中旬まで予定がぎっしりなのだけど、明日26日から2日間は中休み、鉄道乗りまくり旅行です。楽しみ!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/335-14c72271
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。