リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一馬力でがんばるよ!
6月28日(火)
8時40分-19時20分
東京音大

6月29日(水)
9時00分-18時00分
東京芸大
昼飯は根津で生パスタ。
とにかく暑かったので冷製。
3925213_1206283079_162large.jpg

終了後は上野で雑用。

6月30日(木)
8時45分-19時20分
東京音大

7月1日(金)
9時- とても大事なミーティング@西日暮里
12時20分-18時
お弁当抱えて東京音大へ
帰宅
19時-
自宅レッスン

7月2日(土)
7時半ごろには出発
京王線で府中。
会場は古ーい感じの文化会館。
これまた古ーい懐かしいスタインウェイでした。
朝から講評を書きながら、合間に、コンサート。

ピティナ・ピアノステップ
トークコンサート
府中グリーンプラザ けやきホール
1515-1535
リスト 愛の夢第3番
ベートーヴェン ピアノソナタ第28番第1楽章

表彰式、講評、全て終わったのは21時を過ぎていました・・・みなさんおつかれさまでした。

7月3日(日)
9時半集合だったけど、巣鴨なのでわりとゆっくり目の出発。

ピティナ・ピアノコンペティション
G級一次
東音ホール(巣鴨・PTNA本部)

応募者の急増で急遽追加された地区、ということで、東音ホールだったのですが、あの狭い空間の最前列で長時間、本気の演奏を聴くのはかなりしんどかったです。僕もここで演奏させていただいたことがありますが、会場に合わせたプログラムというのも、大切だな、と痛感しました(もともと会場を予定していなかった今日の出場者たちには罪はありませんが・・・)

休憩もほとんどなく、終了は20時過ぎ、
ビルを出たところでばったりS君と門下生たちに会う。
頭痛とともに帰宅。

7月4日(月)
10時00分-18時40分
東京芸大
昼休みは美人チェリストとキャッスルのラーメン(笑)
終了後、ジム。3時間くらいこもってましたが、今日は水泳を600mに増やしました。少しずつ増やす予定。
大学を出るときは、ヘトヘトでだるくてしょうがないんだけど、トレーニングをしてサウナに入ると気分が爽快になるんだから不思議ですよね・・・

7月5日(火)
9時30分-19時15分
東京音大
終了後は、20時30分から自宅レッスン
今日もがんばった!!

7月6日(水)
9時-18時
東京芸大
昼休みは、千駄木のとっくん宅にお邪魔。
ごちそうしていただき、いろいろマンションの話など聞く。
やっぱり共働きとは条件がいろいろ違うことを実感。
僕は一馬力で頑張らないと!
久々に早めの帰宅。さすがに疲れてきてます。

7月7日(木)
8時45分-18時30分レッスン
18時30分-20時30分 ピアノ部会
東京音大
がんばった!

7月8日(金)
午前中を自宅で誰にも会わずに過ごすのは6月10日以降28日ぶりでした。
メールを書いたり、すこしじっくりと過ごしたらあっという間に終わってしまいましたが・・・
15時-21時30分
自宅レッスン

7月9日(土)
8時50分-18時10分
東京音大
帰宅
19時30分-21時00分
自宅レッスン

7月10日(日)
6時起き7時出発
東京駅で朝ごはん
3925213_1222998728_117large.jpg
三島に到着
丹澤楽器の社長さんが迎えに来て下さり、堀江孝子先生に会う。
会場は沼津市民会館
静岡県東部地区PTCコンクール
小中高校生の演奏を審査。

この仕事にご縁をつけて下さったクリスト祐子先生も駆けつけて下さいました。
夕方、終了後は沼津港のお寿司。
3925213_1222998767_129large.jpg
3925213_1222998742_83large.jpg
生しらすって本来こんなにピチピチしたものだとは!

祐子先生が駅まで送ってくださり、堀江先生と東京まで。
今日は何と言っても堀江先生のお話が最高でした。戦争のときの話やらいろいろと身の上を語ってくださって・・・焼け野原からの出発、僕もいろいろと勇気づけられました。
生き字引のような方で、僕が神様のように崇めているピュイグ-ロジェ先生の話やら、ルービンシュタインのリハの話やらいろいろ・・・
心配なことや心細さも「大丈夫まだ若い!」という言葉で頑張れそうな気がしました。大切なことは、あきらめないこと。ですね。

7月11日(月)
10時-18時40分
東京芸大
そののちジムへ。今日は水泳を700mまで増やす。
もっとがんばろう。
こんな素晴らしい贈り物が届き、あっという間に平らげてしまいました。
3925213_1222772846_64large.jpg
3925213_1222772837_230large.jpg

7月12日(火)
8時40分-19時10分
東京音大
粛々と

7月13日(水)
9時-19時芸大
その後北海道からのお客様と西浅草のお気に入り「468」へ。
自宅からも見えるようになってきた浅草のタワーマンションの真下、見上げるとかなりの迫力でした・・・
3925213_1222998781_167large.jpg
3925213_1222998804_181large.jpg
ここは京都出身のシェフが鱧を得意とされていて、ハモ落としはもちろんいただきましたけど、ご覧の鱧ずしというのもなかなかおもしろかったです。半分は穴子なんだけど、ほとんど見分けがつかない。食感は違うのですが・・・
「仙禽」の美味しさを発見。

7月14日(木)
8時45分-20時
東京音大
昼はあついからざるうどんが食べたくなり、でもカレーも捨てがたい、とか思っていたところに目に飛び込んできた
3925213_1222998819_139large.jpg
カレーつけうどん
明日は休日です。旅行です。日帰りで青森。
やった~!!!!!!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
楽しみo(^-^)o
はじめましてm(__)m
数ヶ月前からブログを読んでいて、毎回、更新されるのを楽しみに待っています。

私は、旅行にはほとんど行きませんが、このブログを読んでいると旅行した気分になります。これからも楽しみにしています。

菊地さま、東京はとても暑いと思いますが、身体に気をつけて、お仕事、ジム、旅・・・頑張ってください。


菊地さまの生演奏が聴いてみたいです♪
北海道より(*^_^*)
【2011/07/20 23:53】 URL | ゆう #dttED7/k [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/337-4a94bac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。