リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青森デスティネーション
7月15日(金)
起床、東京駅へ。
弁当でも買おうかと思ったけど、時間があったので朝ごはん。
3925213_1222769201_194large.jpg
ざるそば2枚。濃いめのつゆが美味しい。

本日のメインディッシュはこちら。
3925213_1222769234_184large.jpg
3925213_1222769247_234large.jpg
E5系はやぶさ!デビュー直後に震災に見舞われてしまった新幹線ですが、今となってはむしろ復興の象徴!
小学生の時、鹿児島ブルトレのはやぶさに乗る旅行を計画したもののかなわなかったのですが、このような形でリベンジするのは感慨深いですね。

東京発 8:12 はやぶさ401号(E5系)
残念ながらはやぶさは上野駅は止まりません。新しい座席のリクライニングをいじっている間にあっという間に通過。
でも、おかげで東北新幹線の東京-上野に乗れたのは何年振りだろうか・・・

途中、徐行区間もあり、宮城県周辺では沿線にブルーシートも目立ったものの、3時間半ほどで列車は真新しい新青森駅へ!安定した走行でスピードをあまり感じさせないけど、やっぱり速いんですね!
11:44 新青森 到着

マニアの方々がとても嬉しそうですね(自分もだろうが!)
3925213_1222769272_145large.jpg
3925213_1222769287_15large.jpg
3925213_1222769301_67large.jpg
3925213_1222769321_115large.jpg
3925213_1222769332_3large.jpg
3925213_1222769344_237large.jpg

新青森から青森駅までは電車もあるのですが、時間に限りがあったためにタクシーで青森駅へ到着。1992年の中学の修学旅行以来だから19年ぶりです!
あの時は東京から盛岡まで200系で、それから延々とバスでしたからね。時代の流れを感じます。

すぐに向かったのは昼食。
3925213_1222769358_109large.jpg
3925213_1222771343_110large.jpg
3925213_1222771314_121large.jpg
のっけ丼て言って、最初にご飯を購入し、市場の中を廻って具を少しずつ追加していきます。自分流の勝手どんぶりが出来上がり!

他にも魅力的な具剤が沢山で後ろ髪を引かれる思いでしたが、満腹の一歩手前で抑えて、次の目的地へ。
3925213_1222771402_118large.jpg
3925213_1222771368_67large.jpg
3925213_1222771383_60large.jpg
青森に来たら外せないと思っていた、「味噌カレー牛乳ラーメン」です。
小学生のころ、カレーヌードルに牛乳を入れて食べたことを思い出す。
感動的に美味しいってわけではないけど、なぜかまた食べたくなる、癖になりそうな味わいでした。

市内を軽く散策ののち、急いで青森駅へ。
今日のメインディッシュ2号。
3925213_1222771463_202large.jpg
3925213_1222771491_69large.jpg
青森発 13:54 リゾートしらかみ4号(HB300系)
最新鋭のハイブリッド気動車「青池」編成です。
奥羽本線から、日本海沿いを長く走る五能線経由で、奥羽本線に戻り、秋田まで約5時間の旅です。

津軽平野を抜けて、日本海へ向かうローカル線、あいにくのお天気で岩木山はよく見えなかったんだけど、海を堪能しました。
3925213_1222771594_186large.jpg
3925213_1222771784_32large.jpg
3925213_1222771746_85large.jpg
3925213_1222771689_44large.jpg
3925213_1222771677_38large.jpg
3925213_1222771616_248large.jpg
3925213_1222771608_213large.jpg
3925213_1222771795_82large.jpg
3925213_1222771833_44large.jpg
3925213_1222771872_75large.jpg
3925213_1222771909_146large.jpg
5時間の旅、とてつもなく長いかな?と思ってたんだけど、
さすがリゾート列車と銘打っているだけのことはある、半個室で、お座敷のように出来て、寝っ転がっての快適な汽車旅でした。快適すぎて何度か寝オチしてしまったのが本当に残念。
途中の長時間停車の駅では、少し外の空気を浴びたりしながらの、五能線のんびり旅行でした。

日本海ともお別れし再び奥羽本線に戻り、
18:51 秋田着
のはずが5分くらいの遅延。乗り換え時間に駅弁を買おうとか思っていたんだけど、お目当ての品が売り切れだったりして構内をさまよい、結局関根屋の「牛めし」だけ買ってギリギリの乗り継ぎになってしまいました。
3925213_1222797982_150large.jpg
19:07 秋田発 こまち182号(E3系)
車内でも駅弁を追加。「白神鶏わっぱ」
酒とビールも買って、プチ宴会。
しかしこのこまちだけでも十分に長旅・・・さすがに寝てしまいました。
23:26 上野着

今回の旅費は、1万+510円のこの切符で
3925213_1222771961_135large.jpg
山手線(東北本線)、東北新幹線(はやぶさ)、奥羽本線+五能線+奥羽本線(リゾートしらかみ)、奥羽本線+田沢湖線+東北新幹線(秋田新幹線こまち)、山手線(東北本線)、全部で1544.5km走ってきました。ほぼ乗りっぱなし。楽しかった!おやすみなさい。
3925213_1222771941_110large.jpg
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/338-7d95a294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。