リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋吉台の青春
8月1日(月)
徹夜明けの眠い目をこすりながら羽田空港へ。
JL1645便 JEX運航
MD90はリアエンジン機だから前方シートは至って静か、爆睡している間に山口宇部空港に到着。瀬尾さん、そして関根さんと合流。瀬尾さんの運転で山道をひた走ること1時間、秋吉台国際芸術村に到着しました!
3925213_1292700390_175large.jpg
3925213_1292700263_7large.jpg

荷物を整理したのち再び車に乗り、さっそくバーベキュー!
3925213_1292700096_81large.jpg
3925213_1292700075_164large.jpg

虫の数と活きの良さがハンパなかったです!(笑)

結局、この時以降コースの終了まで芸術村を出ることは無かったのです。最寄りのコンビニまで自転車で20分、まさに陸の孤島!

8月2日(火)
僕は朝から必死でカプースチンをさらっていたのですが、
お昼過ぎに第1陣の生徒たちが到着し、オリエンテーション。
前半ピアノクラスは5人。そのうち2人は後半まで全体を通しての参加です!
期間中は全員毎日45分のレッスン。前半4日、後半4日連続です。

終了後は再び練習!
夜、ついに瀬尾さんとカプースチン初合わせ!
む。むむむむむずずずずっずいいいいいい!!

明日以降も必死の形相でさらうことになりそうです!

8月3日(水)
レッスン開始!
すばらしいレッスン室。ここを含め、この研修施設は期間中24時間いつでも使えるんです!なんとも贅沢ですね。
3925213_1292700414_67large.jpg
初対面の生徒さんや講師たちとも御飯食べながら打ち解けたり。
3925213_1292700194_157large.jpg
3925213_1292700159_248large.jpg

またもや必死の練習ののちリハーサル。少しだけ進んだかな・・・
3925213_1292700561_187large.jpg

8月4日(木)
昨日と同じメニューをこなしながら・・・今日も夕食後、軽くリハーサル。
まだまだかな・・・
講師部屋では連日の宴席が繰り広げられて楽しく笑いにあふれていましたが・・・生徒たちの情報共有など、有意義な談義も。

8月5日(金)
今日もきちんとレッスンをこなし、その後深夜まで、そう、2時くらいまで食事時を除けばほぼ休みなく必死で練習しました。24時間使える施設に感謝ですね!

8月6日(土)
4日目、前半コースの最後のレッスン後は、明日ラフマニノフの連弾を共演する小坂さんと初合わせでした。アンサンブルあっという間に綺麗にまとまって、さすがだなーと思ったのですが、この方、かなりのオタ(鉄、飛行機、そしてバスも・・・笑)雑談がネタまみれで楽しかったです。
そして夜は前半の参加者たちの修了演奏会!みなさんよく頑張りました!終演後の打ち上げでそれなりにアルコールも入った後にまたホールに戻り瀬尾さんとカプースチンの合わせをしてみましたが、明日はどうにか形になりそうです!

8月7日(日)
いよいよ来ました本番の日!

2011年8月7日(日)14時開演(13時30分開場)
秋吉台国際芸術村コンサートホール
主催:秋吉台ミュージック・アカデミー実行委員会
共催:一般財団法人山口県文化振興財団・秋吉台国際芸術村

出演者
フルート : 瀬尾 和紀
ギター : 大萩 康司
ピアノ : 小坂 圭太、菊地 裕介、石橋 尚子

プログラム
ベートーヴェン :ソナタ 第24番 嬰ヘ長調 (Pf:菊地裕介)
3925213_1292700709_74large.jpg
ベーム :エレジー (Fl:瀬尾和紀/Pf:石橋尚子)
リスト :ペトラルカのソネット 第47番&第123番 (Pf:小坂圭太)
ラフマニノフ :6つの二重奏曲より第3、4、6曲 (Pf:小坂圭太、菊地裕介)
3925213_1292700761_217large.jpg
ロドリーゴ :アランフエス協奏曲 (Guit:大萩康司/Pf:石橋尚子)
カプースチン :フルート・ソナタ (Fl:瀬尾和紀/Pf:菊地裕介)
3925213_1292700789_7large.jpg
休憩中にもレッスン室へ戻って練習するという念の入れようで、どうにか本番クリアーしましたよ!エキサイティングな本番でした!
3925213_1292700836_164large.jpg
3925213_1292700868_173large.jpg
ヘトヘトになりましたがものすごい解放感。
終了後は、後半コースのオリエンテーションもあり、いったん全員集合になりました。
3925213_1292701013_60large.jpg

そして宴会!

8月8日(月)
今日から後半コース、毎日8人のレッスンですので少しきつくなりますが、カプースチンをさらわないで済むので楽勝でした(笑)
後半は、生徒たちもそれぞれに気合いが入っていてますます充実しています。
本番疲れか、昨日あたりから急激に風邪が悪化していたのですが、治療のためのぶどうポリフェノールを少々飲み過ぎ、久しぶりの沈没・・・

8月9日(火)
風邪が悪化し朝方にかけて苦しい思いをする。
でも脂汗を流しながらも全力でレッスン。昼寝や仮眠でどうにか持ち直し、
夜の修了演奏会(全体受講生)には笑顔で参加。それどころか、瀬尾さんが飛び入り参加でフランクの2楽章を、伴奏は僕が弾くという恐ろしいことに(笑)
さすがに今晩の打ち上げはノンアルコールでした!

8月10日(水)
体調は回復、今日も全力レッスンののち修了演奏会。今日の講師飛び入り演奏では「熱情」を弾いちゃいました!

8月11日(木)
いよいよ最終日です!
このレッスン室ともお別れ。
今日は後半コースの修了演奏会、ピアノは今日が最多の5人出演、それぞれに良く頑張りました。僕の飛び入り演奏はドビュッシーの「金色の魚」で、短く!
打ち上げのカフェで、ギタリストたちが楽器を取り出し、終わらない終わらない!!!
3925213_1292701223_41large_20110831010853.jpg
3925213_1292701193_10large.jpg
フルートも加わり・・・夜中まで大宴会でした。しかし、持ち運べる楽器はいいな~!!そして、最後まで音楽がやりたくてたまらない、というその精神に脱帽です!音楽が本当に好きなんだな・・・好きっていうのはこういうことなんだな!と本当に感銘を受けました。

ヨーロッパ時代は毎年講習会に生徒として参加して、もちろんたくさんのことを学んできましたが、今回、講師として初めての参加で、生徒や同僚の講師たち、そして伴奏の石橋さんからも、たくさんのことを学びました。

10-30代の学生と、ほぼ20-30代の講師による講習会。主宰の瀬尾さんも30代。
全体的に若いエネルギーが満ち溢れている素晴らしいマスタークラスだったと思います!!

1年52週のうち2週間を山奥の一つの施設で過ごすというのは、短い期間ではありませんが、是非来年以降も続けていきたいな!と思いました。

8月12日(金)
午前中に解散となり僕は単独行動に移りました。
まずは秋芳洞へ!中学の時ハマったゲーム「天外魔境II」の元ネタを見出し感動(笑)
3925213_1292701288_133large.jpg
3925213_1292701314_17large.jpg
3925213_1292701358_137large.jpg
3925213_1292701468_188large.jpg
3925213_1292701578_41large.jpg
3925213_1292701650_27large.jpg
3925213_1292701693_192large.jpg
3925213_1292701726_168large.jpg
3925213_1292701918_170large.jpg

自然の神秘ですね!
秋吉台を一望し、萩へ向かう。
3925213_1292701960_206large.jpg
3925213_1292702025_85large.jpg
3925213_1292702096_207large.jpg

明日のさくら指定券をゲット
3925213_1293254450_222large.jpg

炎天下の萩を歩きまわり体力を消耗(笑)
3925213_1293254377_12large.jpg
3925213_1292702131_148large.jpg
3925213_1292702213_186large.jpg
3925213_1292702294_144large.jpg
3925213_1292702328_71large.jpg

バスから見た日本海
3925213_1292702355_140large.jpg
ホテルからのサンセットに癒され
3925213_1292702397_243large.jpg
温泉にゆったり入り、一人酒!
3925213_1292702413_100large.jpg
3925213_1292702440_114large.jpg

山口を堪能しました!

8月13日(土)
朝、さっそく炎天下を東萩駅まで歩き、新山口行きのバスに乗る。
新山口から「さくら」に初乗車!
3925213_1292702595_94large.jpg
3925213_1292702679_44large.jpg
1駅で広島。九州新幹線車両は普通席なのに4列シート!贅沢ですね!
3925213_1293254491_224large.jpg

広島では、3年前にコンサートをしたときにお世話になった方と再会!お昼をごちそうしていただいたり、頼りになる先生を紹介して下さったり、コンサートに連れて行っていただいたり、大変大変お世話になりました。
連れて行って下さったチャリティーコンサートでは、ルヴィエ門下のとっても優秀な後輩、萩原麻未さんの演奏をついに聴くことができて、ものすごいテンペラメントに大変な感銘を受けました。高校の時に岡本麻子ちゃんを聴いて以来の衝撃だな。終了後少しお話もできたしよかった!
3925213_1292702712_150large.jpg
3925213_1292702783_35large.jpg
御蔭さまでかさごの唐揚げ君にも再会できました(笑)

8月14日(日)
朝、広島を発ち、お昼過ぎ、無事に帰京しました。
3925213_1293254526_111large.jpg
3925213_1293275279_167large.jpg
朝ごはんからずっしりとお弁当(笑)
あとはひたすらウトウトしてました。

午後はさっそく2名レッスン。
その後調律師さんに来ていただいた後、
久しぶりのフレンチで東京を満喫しました!

コンクールシーズンだし、明日からしばらくレッスン続きだけど、まだまだ頑張りますよ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/341-a47d1e25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。