リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会復帰
9月10日(土)
自宅レッスンを3人、社会復帰の第一歩です。

9月11日(日)
大宮の永瀬先生が機会を作ってくださり、うちの生徒ちゃんがアンジェイ・ヤシンスキ先生のレッスンを受けることになったので、見学のためさいたま芸術劇場へ行きました。ヤシンスキ先生には1995年にパリでレッスンしていただいて、その緻密な音づくりと明晰なレッスンに大変な衝撃を受け、以来、毎年のようにザルツブルクのマスタークラスを訪れていました。最後にレッスンしていただいたのは、ショパンコンクール直前の2005年。今回は2009年春に浜松のアカデミーを訪ねてお会いして以来の再会です。
今年で75歳、とのことですが変わらずお元気そうで嬉しかったです。ツィメルマンの師、ショパンコンクールの審査委員長を歴任されたすごい人なのに、とても温かく迎えて下さいました。
レッスンのほかにモーツァルトのソナタについてレクチャーをしてくださいました。手の調子が少し悪いとおっしゃりながらも、すばらしい音を聞かせて下さいました。
終了後は、永瀬先生のアレンジで、芸劇のレストランで素晴らしいお食事をいただきました。
素晴らしい通訳をしてくださった馬場祥子さん、大変な手術から退院されたばかりなのにいろいろお世話して下さった永瀬先生、本当にありがとうございました。
帰りがけ、赤羽でもう一件の打ち合わせをして、帰宅。

9月12日(月)
今日は東京音大にヤシンスキ先生が来てくださいます。
少し早めに出かけるつもりだったのですが、バイクのキーを6週間ぶりにひねると・・・エンジンがかからないどころか電源すら入らない・・・バッテリー上がりですか・・・FIだから押しがけもできず、仕方なく電車で駆けつける。
マズルカについてレクチャーをしてくださいましたが、ザルツブルクでも何度となくレクチャーしてくださった内容を思い出し大変懐かしく思い出しました。うちの学生ちゃんたちの心にも残ってくれるとよいのですが・・・
終了後は、ヤシンスキ先生と教授の先生方で池袋で軽食をとりました。改めて再会を約束し、お別れしました。

9月13日(火)
教師として社会復帰です。
朝から晩まで東京音大。
それから、上野の文化会館で鷲見加寿子先生のリサイタルでした。
年輪の重みを感じました。ぼくも将来あのような演奏ができるようになるのだろうか?と考えこみました。
終了後は、会場で久しぶりの再会をしたパリ仲間の京子ちゃん、玲奈ちゃんと日暮里で飲み。楽しかったです。

9月14日(水)
朝、バッテリーの充電機が届いたので早速接続してみるもうんともすんとも言わず・・・テスターで測ってみるとなんと5.5Vくらいになっていました。いくらイモビアラームとココセコムが作動していると言っても6週間で電圧半分はひどい。ほとんど乗っていないのに。国産品でもはずれはあるのだと思いました。
自宅レッスンを3人。その後上野へ繰り出し。
まだまだ余裕の残っている生活です。

9月15日(木)
朝から晩まで東京音大。だんだん日常に近づいてきました。

9月16日(金)
バイクの2年目の点検に出す約束をしていたのですが、このままでは押していくほかない。それはいやなので、上野の格安パーツ屋で格安台湾バッテリーを仕込んできてとりあえずエンジン掛けました。まあ緊急用ですから・・・国産だって2年でへたったんだから・・・
とりあえずは快調に動いたので、1時間くらい流してからバイク屋へ持ち込みました。夕方、ピカピカになって戻ってきました!!
そんなことをしながら、今日が締め切りだった某コンクールの課題曲案を作成したり、それなりに忙しく過ごしました。

9月17日(土)
目の手術を受けました・・・
といっても、病気とかではなくいわゆるレーシックです。
コンタクトで相当角膜が痛んできているみたいなので、そろそろ限界かな、と思い決心しました。

事前学習はさんざんして、病院、術式ともじっくり選んだつもりですが、手術そのものは大変あっけないものでした。体験談の類はネットにいくらでも転がっているので、僕はしません(笑)
外に出た瞬間、激しく眩しさを感じたりしましたが、すぐに素晴らしく見えるようになりました。これを書いている4日経過後、心配していたドライアイなどもほとんどなく、めちゃくちゃ調子いいです。少なくともコンタクトつけっぱよりははるかにまし。視力も生涯体験したことのないくらいのレベルでクリア。驚愕です。このままずっと行ってくれるといいんだけど・・・
車のライトとかに若干ハロが出て、そういえば手術を受けたんだったと思いだす程度です。それも気になるほどではありませんし・・・
近視戻りを防ぐために・・・ということで、今も老眼鏡をかけています(笑)別に近くも普通に見えてるし、かけるとかえって見づらいんですけどね・・・

9月18日(日)
とはいえ、今日までは安静にしておりました。目薬をきちんと使って、安静にパソコン(おいおい)。

9月19日(月・祝)
2日ぶりに外界へ。
防音室の設計の相談をしに九段の事務所に出かけました。いろいろお話をうかがって、夢は膨らみます!もちろん現実も見えます(笑)
ローンが全額通ったので、予算は潤沢にあるはずなので、できるだけいいものを作りたいと思います。分譲マンション購入ですが、ちょっとだけマイホーム建てる気分です。なにぶん予算がなく、かなり狭い住宅ではありますが、少しでもスペースを有効に使える家を作るつもりです。
靖国神社に参拝して、帰宅。練習。

9月20日(火)
朝から東京音大。
夕方から名古屋に出かける予定だったのですが、台風のため中止となり、そのまま荷物を引きずって早めの帰宅となりました。

明日のレクチャーは、以下の通り延期になりました。よろしくお願いします。

9月28日水曜日 10時-12時30分
カワイ名古屋 コンサートサロン「ブーレ」
演奏とレクチャー
ベートーヴェン ピアノソナタ第8番「悲愴」、第10番、第23番「熱情」

9月21日(水)
朝は名古屋でレクチャー、帰京後東京音大でレッスンの予定だったのですが、台風のため両方延期になり、結局家から一歩も出ずに良い休息がとれました。日記も書けましたしね!!
振替のスケジュールも気持ちよくまとまり、大学から直接名古屋へ出かけたりしなくてよくなりラッキーでした。
明日はまた池袋に缶詰です。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/344-0c7467ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。