リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日の充実へ向けて
10月21日(金)
自宅レッスン&練習日。
明日のためにメフィストワルツをさらう。

10月22日(土)
起きてすぐに表参道へ。
リハを済ませ、午後一の本番。

2011年10月22日(土) 12:00-14:00
東京・カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」
東京藝術大学 リストフェスティバル in 表参道
オープニングコンサート
当初予定の北川暁子先生に変わり メフィスト・ワルツ第1番を演奏

終了後のパーティーでは、野本先生や萩谷先生など、ごぶさたしてしまった先生方と楽しくお話しすることができて良かったです!

10月23日(日)
朝からローランドの新しいデジタルピアノの取材で市ヶ谷へ行ったのですが、日曜日の市ヶ谷はドトールが閉まっているほどものすごくのどかでビックリする。
ローランドの楽器は、なかなか革新的で挑戦的な素晴らしい仕上がりでした。
昨年レポートさせていただいたヤマハのDUPも面白かったですが、それとはまた違う方向性で、どちらもリーズナブルな価格ですので、みんなでそれぞれの特長を伸ばして頑張って業界を盛り上げて、音楽ファンを増やしていけたら、いいなと思っています。

午後は自宅レッスン、かなりみっちり。

10月24日(月)
来週の本番に備えてリストのコンチェルトNo.1を練習しました。

10月25日(火)
東京音大、10時間の授業&レッスン

10月26日(水)
芸大、7時間のレッスン

10月27日(木)
明日のリハーサルに備えてリストの調整

10月28日(金)
東フィルとのリハーサルのため久しぶりにオペラシティへ。
プロオケとの共演は1年以上のブランクがあり、東フィルは初めて、もちろん川瀬さんとも初めて、そしてリストの1番も初めて、という初めてづくしでした。
他の日の公演では仲道さんがソリスト、ということでまとめてリハ、となったのですが、仲道さん、僕、の順でリハとなり、オケ側は大変だろうと思いつつ、仲道さんのリハからいろいろ勉強させていただきました。
しかし自分の指慣らしに必死で仲道さんには御挨拶できず、申し訳ございませんでした。

終了後はオペラシティ帰り恒例の岩本町マックに寄って、
297132_294241947272542_100000602186197_1076614_1527449464_n.jpg
帰って明日の準備をしました。

10月29日(土)
起きてすぐに上大岡へ。KQジェットコースターを堪能。

2011年10月29日(土)午後
ヤマハミュージック東京
ピアノフォルテ上大岡
グランドピアノフェアーアドバイザー
菊地裕介 トーク&ミニコンサート

ベートーヴェン ピアノソナタ第23番 「熱情」
リスト メフィストワルツ第1番

こうして僕たちも少しでもお手伝いできないか、とは思っているのですが、楽器屋さんはどこもとてもとても大変な状況らしいです。
世の中が変わってしまったことを嘆き、未来に向けてどうにか変化し努力していくことを誓い合いました。ヤマハの株も買い戻したのですが・・・しばらくは大変かもしれません。
終了後は、上大岡恒例のこちら。
311410_294728777223859_100000602186197_1078728_1659209231_n.jpg

10月30日(日)
明日へ向けて練習、そしてスケジュール帳などのクラウド化を推進中。

10月31日(月)
文京シビックセンターへ。こちらも、弾くのは確かお初。
朝、GPをしていただいたときはまだこちらもテンポなど安定しなかったのですが、本番は大丈夫だろうと妙な確信がありました。
若手のホープ川瀬さんの指揮は、とても機敏で安心感を与えてくれました。
これでリスト1番もやっとレパートリーになったぞ!

2011年10月31日(月)13:30-
東京・文京シビックホール大ホール
狭山ヶ丘高等学校音楽鑑賞会(生徒及び父兄を対象とする)
東京フィルハーモニー交響楽団
川瀬賢太郎指揮
リスト ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調
ほか

終了後は帰宅し、再来週の矢津兄弟との録音セッションの合わせ、最終確認。あとは現場で頑張りましょう!

11月1日(火)
東京音大、10時間のレッスン&授業
帰宅後1時間30分レッスン。
粛々と・・・

11月2日(水)
芸大、7時間レッスン
上野でしばしリラクゼーション

11月3日(木・祝)
午前中から、昼休みを挟んで6時間くらい自宅レッスン。

11月4日(金)
夕方から、グレード試験と会議で東京音大。

11月5日(土)
午前中、文京福祉センター、というところへ初めて行く。
護国寺と江戸川橋の間みたいなところ。電車だと微妙に行きにくく、かつ駐車場もなさそうだったので久しぶりに自転車で不忍通りを行く。帰りは言問通り経由。何かと中途半端な場所でした。

用件は12月4日に弾くモーツァルトの戴冠式の初合わせでした。
戴冠式は以前1楽章だけ弾いていたのだけど、全曲は初めて。アインガングなどこれからじっくり考えなければなりません。1楽章のカデンツァも一応書いてあったのだけど、ちょっと改作しようかな・・・グルダの動画にショックを受けすぎたので(笑)

帰宅後一人自宅レッスンをしてから、兵庫県の加古川へ行きました。
車内では真面目に一人宴会。
300238_298156016881135_100000602186197_1093579_905639139_n.jpg
317760_298169386879798_100000602186197_1093601_1234294088_n.jpg
明日はピティナのステップ、フルコースなのでがんばります。

11月6日(日)
朝からアドバイザーのみならず、ワンポイントレッスンにトークコンサートと、フルに稼働させていただきました。

2011年11月6日(日)
ピティナ・ピアノステップ 加古川
トークコンサート
リスト メフィストワルツ第1番

終了後は主宰の柿沼先生セッティングの素晴らしい宴会だったのですが、今回御一緒だった金子一朗先生のお話にたくさん勇気づけられました。もう僕とは頭の良さが根本的に違うとは思うのですが、僕も50歳を前にしてあれくらい達観できるように、今後の人生を一歩一歩頑張ろうと思います。
しかしそれにしても久しぶりに飲み過ぎた。長くつらい夜でした。

11月7日(月)
どうも目覚めが悪く帰りの新幹線を2回も変更。
でも風呂に入りスポーツドリンク片手に新幹線に乗り込みました。
東京へ帰ったら、すぐに3人の自宅レッスンをしなければなりませんでしたから・・・

11月8日(火)
東京音大、10時間のレッスン&授業

11月9日(水)
芸大、7時間のレッスン
いったん帰宅して家事を済ませ。
御徒町の「大興」という中華料理屋さんへ。
先述した、芸大リストフェスティバルの個人的?慰労会。
僕も最終日の大打ち上げには伺えなかったのでお邪魔しました。
民家のリビングにお邪魔したような感覚の不思議な空間でしたが、料理はどれもおいしく、そして素晴らしくリーズナブルで、楽しい時間を過ごさせていただきました。おとといのことでもう酒はしばらくやめようとか思っていたけど、結局紹興酒まで美味しく頂きました。主催の菅野さんありがとうございました。
308918_10150387128106683_603146682_8370879_1083238007_n_20111112181711.jpg

11月10日(木)
東京音大、11時間レッスン。
パソコンの調子が著しく悪く、ここのところそのケアやデータの救出などでかなり時間を食われています。明日、いろいろ整理しよう・・・

11月11日(金)
ここのところかけずり回って疲れ果てた精神をいやし、次の仕事へ向けて課題をリストアップし、パソコンを最低限の仕事ができる状態に立て直す。
しかし、これは近日中に新しいのを組まないといけないかも・・・仕事は重なるものですね。

11月12日(土)
昨日に同じ、充電日。そして現実と向き合う日。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
忙しそうで
体壊さんで下さいよー?

手伝うことあったら言ってください、喜んでやります!

また会えるのを楽しみにしてます^^



直紀
【2011/11/13 01:09】 URL | ビリー #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/346-d9abc0ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。