リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指揮者デビュー完了!
本日は僕にとって記念するべき日でした。
洗足学園の前田ホールで、ベリオの、「レシ Chemin VII」 日本初演の指揮を担当させていただきました。サックスの佐藤淳一氏の大学院修了演奏会のオケ伴ということでした。そもそもオケを振るのがまったく初めての僕が、いきなり現代曲を振るなんて、とーーーっても大それたことだったのですが、皆さんの暖かい協力のもと、無事に役目を果たすことが出来ました。

そもそも、何を苦労したかって、何せ日本初演ですから、音源がまったくなかったのです。
いちおうスコアは読みましたけれども、実際に音を出してみるまでやはり具体的なイメージを作ることは出来ず、果たしてどういう練習をしたら良いのかも試行錯誤の連続でした。
そもそもピアニストである以上いつも一人で練習しているから、イメージを言葉にするのがあまり得意でありません。大勢相手に話すのも苦手、途中まで言いかけてからついつい口ごもっちゃったりして・・・
それに本来は指揮者が一人でやってくるべき作業(振り方を考えたりとか、スコアに蛍光ペン入れたり、)をリハーサル中にやっていたりして、効率もあまり良いとは言えず、プロ指揮者だったら許されなかったかもしれないのですが、予定通り4回にわたるリハの末どうにかまとまったので、良いことにしましょう。

もちろん、完璧ではありませんでしたし、振り間違いもまったくなかったわけではありません。
でも、自分が中心となってみんなが心をひとつにして音楽をする、そのことをとても素晴らしいと感じました。
これはやめられない快感です。
うちの先生がなぜあんなに棒を振りたがるのか理解できました。僕もまた機会があったらやりたいです。
今まで、自分の体験してきたことをことごとく不可欠であると言ってきたので、今度はピアニストはぜひ指揮を体験するべきだと吹聴して回ろうかな?
今度はクラシックなレパートリーにも挑戦してみたいですね。
サックスのソリスト佐藤氏、僕のあまり効率よくない練習に付き合ってくれたオケの皆さん、指揮は素人の僕に話を持ってきてくれたとっくんさん、みなさま本当にどうもありがとうございました。何事も経験だなあ。次はもっとうまくやりますので、よろしくね。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/38-f064886c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。