リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ日本文化会館 若手音楽家コンサート
洗足の本番の翌朝は新百合5時半のバスで出発。
今回はテーハンハンゴン(大韓ね)初体験でした。諸費用込みで8万円台で安かったんだけど、発券直前になって僕の持つエールフランスのマイレージアカウントに加算できないチケットであることを知らされ愕然。(同じスカイチームのはずなのに)たとえ1万円安くても、2万マイルつかなければこれは大損害です。もっと早く知らせてくれれば素直にKLMにしたのに。しかたがないので、せめてニダーランドムードを楽しむことにしました。
安チケット客の分際で生意気ではあるけれど、サービスはなかなか良かったように思います。そういえばアエロフロートも悪くなかったし、結局ヨーロッパ系があまりサービス良くないんだよね。アメリカ系よりは若干ましだけど。
機内食のビビンパもインチョンで買ったキムチもなかなかおいしかったです。ただ、物売り攻勢はやめてくれ。僕は小心なので、あれでは本当に欲しいものも買えなくなってしまいます。
まあ、飛行機なんて時間通りについてくれれば、それでOK、それが一番なんですけどね。

で、夕方予定通りパリへ着き、電車に乗り込み翌日本番のあるパリ日本文化会館へ向かうと、もう初日第一陣が演奏していました。ほとんど聴くことはできなかったのですが、一応会場を見て、パリでいつも泊めていただくヤマハのT氏宅へ。バタンキューです。

そして本番当日、T氏のクラビノーバをちょこっと触って、会場へ。このパリ日本文化会館は、ちょうど僕が留学してすぐのころ建ったわりと新しい近代建築です。

gaikan.jpg

開館のときには、僕も見に行って、その清潔な日本ムードにしばし癒されたことをよく覚えています。そして、今年開館10周年だとか。時の流れは実に速いものです。
ホールですが、定員は300名くらいかな?音響はちょっと難しかったけれど、とても綺麗なホールでした。パリにこんな場所があるとは知りませんでしたよ。

本番には、パリ時代にお世話になった大家さんの家族、祖母の友人、コンセルヴァトワールの仲間、そして、プーランクコンクールでお世話になったラギャルド教授など、たくさんの方が聴きに来てくださいました。ここ一ヶ月以上人前でピアノを弾いていなかったので、けっこう緊張しましたよ。
肝心の演奏ですが、自分としては、時差ボケ、旅行疲れなど手伝って意識が朦朧としていたもので、けっこう危なげだった気がするのですが、以前聴いた時より良くなった、といってくださった方がいくらかいらっしゃったので、それは嬉しく頂戴することにしました。

本番後ちょっとしたレセプションがあって、懐かしいお顔を拝見することが出来ました。
パリは第2の故郷だから、恩返しさせていただかないと。

そしてお流れ後はT氏宅でいつもの宴会でした。でも、途中で居眠りしちゃってみなさんのお見送りが出来なくってすみませんでした。

演奏曲目
フランシス・プーランク 主題と変奏 (1951)
Francis Poulenc Thème Varié

武満徹 「閉じた眼」 (1979)
Toru Takemitsu « Les yeux clos »

アレクサンドル・スクリャービン 詩曲 「焔へ向かって」 作品72 (1914)
Alexandre Scriabin Poème « Vers la flamme » op.72
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
ブログ発見!
31日のリサイタル楽しみにしております。
大韓のビビンバは機内食にしては美味ですよ。
アビヤント、サンテ。
【2007/01/30 07:43】 URL | チェス #GWMyNl/. [ 編集]

初コメント
初コメントありがとうございます。みなさまもぜひ!
31日もお越しくださるとのこと、どうもありがとうございます。
【2007/01/30 18:26】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/39-f57d5f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【コンセルヴァトワール】

コンセルヴァトワールコンセルヴァトワール(conservatoire)とは芸術系の高等教育機関である。 パリ国立高等音楽・舞踊学校(CNSMDP : Conservatoire National Sup?rieur de Musique et de Danse de Paris) パリ国立演劇学校( 美術をきわめる【2007/02/08 10:43】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。