リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(演奏後)イタリア週末紀行第一陣 
一度ホテルへ戻り、
夕方の本番へ向け昼寝。

本番は聖アントニオという古い教会。祭壇全体を布で覆ったり、天幕を張ったり、随分苦労されているようですが、やはり教会、すごい響きです。あまり自分の音を聴きすぎると、前の和音の残響に暗譜が乱されるというなかなか危険な会場。しかしあとで録音を聴くと、客席には結構ちゃんと聴こえていたみたいです。

実はこの会場にはけっこうきつい思い出があります。
去年のコンクールのときは、ここが練習会場のひとつになっていてアップライトピアノが教会のそれぞれの隅に3台。みんな自分の音が聞こえないものだから、フォルテで弾きまくり、そりゃすごい轟音がミックスしてとんでもないことに・・・僕ははやばやと引き揚げました。

さて、リサイタルは去年弾いたレパートリーを4日間でチンした綱渡り的なプログラム(去年、ろくに考えずに決めてしまいパンフレットまで出来上がっていたから・・・)でしたが、どうにか弾き切りました。自分としては、細部に怪しいところがあったり、汗ですべったり、反省点はありましたが、200人ほどのお客様は結構盛り上がってくださいました。

プロコフィエフ 束の間の幻影より11曲抜粋
ヤナーチェク ソナタ「1905年10月1日 街頭にて」
ショパン 4つのマズルカ作品33
ショパン ソナタ第3番作品58
アンコール
モーツァルト ロンド K.494
スクリャービン 詩曲「焔へ向かって」


で、演奏後、再び先ほどのレストランへ、今度は4人で繰り出します。
タコ、イカ、エビなど魚介、モッツァレッラ、そしてヴォンゴレパスタに魚料理、と、今度はたっぷりの白ワインを満喫。デザートのジェラートまで大満足してお開きとなりました。
251564681_134.jpg

251564681_25.jpg

で、おまけですが、翌日バーリ空港で買った何てことない切り売りのピッツァ。そんなものでも、最低限の基準は満たしているのです。しかしどうしてこんな単純なものがドイツでは買えないんだろう・・・?ボテボテのグニャグニャで具ばかりたくさん載ってて・・・
251564681_148.jpg


なにはともあれ、また一日がかりで無事帰宅しました。
次は金曜日出発。今度は同じプーリア州でもかかとの先の先。
帰りに飛行機の関係でローマへ寄るというおまけつきです。
今度は武満を解凍しなきゃ・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/4-e8b83551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。