リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜松詣
今から、一週間ほど前の話ですが、浜松へ行きました。お察しの通り浜松国際ピアノアカデミーの機会を利用して、いろいろな先生に挨拶を。というところ。今回はわが師匠ヴァルディ先生、スーパーピアノレッスンでもお世話になったベロフ先生。ゴスラーでも見ていただいたラエカリオ先生、そして、その昔一度だけレッスンしていただいたトロップ先生といった面々。これは行かない理由は無いでしょう。

もちろん今回も青春18きっぷを利用しての旅行です。今シーズンは、「JR発足20周年記念」ということで5日分8000円という激安振り。一日あたり1600円ですよ。東京から藤沢往復で元が取れちゃうんですよ。

例のごとく、徹夜明けで鶴川5時17分発の下り始発電車、一路小田原を目指します。東海道線の静岡までの列車は一日一本しかない特急車両を使った普通列車(18乞食はこういうことに詳しい)。静岡からは普通の電車に乗り込み、一時間ほどで浜松に到着しました。さて電車が浜松に到着し、アクトシティが見えてくると、それだけで気持ちが引き締まり、身震いがします。

9時30分過ぎで、まだレッスンが始まるには時間があったので、ホテルオークラで師匠を呼び出してみるも、不在。とりあえず、レッスン会場の研修センターにもぐりこみました。
事務室のほうにはジェスクの方たち、懐かしいお顔がちらほら、雑談をかわしながらも、現場の生徒たちに漂うすごい緊張感も懐かしいような怖いような。

10時を過ぎると先生方がチラホラと到着します。わが師匠が真っ先にやってきました。雑談をしていると、ほかの先生も次々到着、

最後を締めくくったのは中村先生、「あらー、おひさしぶり!と」ハグ。いやいや、到着早々歓待していただき恐縮であります。

さて、とりあえずそのまま中村先生のお部屋へ伺い、レッスンを見学しました。部屋の造作やら匂いやら、椅子の置き方からお客さんの雰囲気まで、なにからなにまでが懐かしいものでした。
レッスン中途ではなぜか僕がご紹介にあずかったりして、冷や汗ものでした。「この方はとても優秀な方でね」みたいな感じだったので、これは返礼せねばと思って、「ここでしごいていただいたきました。このお部屋でレッスンしていただいたチャイコを先日弾きました。先生の赤鉛筆がまるで昨日のことのようで・・・」「あら、いつだったっけ?」「あの時は9年前で・・・」「あら、もう歳ね。」と、いつもの展開でしたが・・・
ひとまず3時間後には無事、退散。表敬訪問という当初の目標はほぼ達成することができたような気がします。

その後、師匠と軽く昼食、パン屋さんでイートインしたのですが、「ドイツの黒パンはないですか?って聞いたら、明日までに僕のために焼いてくれるそうだ。」としきりに感心のご様子。

さて、午後の部ではかなり疲れが出ていたため、ラエカリオ先生とベロフ先生の聴講をして、そこでもまた懐かしい顔に出会ったりして、一通り楽しんだ後、ホテルへもぐりこみました。

しばし夕寝をしたあと、後輩と八百徳でいつものひつまぶしと肝焼きを食べてきましたよ。疲れていたのと、相手が未成年だったので、酒はなし。

くたびれたけど、充実した時間をすごしました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/46-f772f6c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

旅行をよく見てみると

概要所在地:東京都港区 (東京都)|港区虎ノ門2丁目10番4号大倉喜八郎の長男である大倉喜七郎によって設立された。大倉がホテルオークラを建てた背景には、公職追放で帝国ホテルを離れた大倉が「復権」を約束させていたにもかかわらず、支配人の犬丸徹三が裏切った(オーナー 旅行をよく見てみると【2007/03/25 03:37】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。