リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越しました!
いろいろ書くことはたまっているのですがとりあえず・・・

約一週間前のことですが、ついにハノーファーの家からピアノが運び出されました。
狭い階段に大きめの楽器なので、今回も運送屋さんはとても大変そう。時間があまりないので手伝って、とか言われて、一緒に運んでもらう引越し荷物ダンボール7箱を運んで、すっかり筋肉痛になりました。こういうときに限って荷物エレベーターは壊れてるし・・・

直前に手伝ってくれた友人男性群どうもありがとう。
そして、次の日のお別れパーティーに来てくださったみなさん、これまたどうもありがとう。

その後、筋肉痛をおしてレッスンなどこなし、完徹で片づけをがんばったんだけど間に合わず、家はぐちゃぐちゃのまま、おととい、ハノーファーから帰国しました。同居の佐藤くんごめんなさい。また夏休みにゆっくり片付けます。
ただ万一忘れ物をしても、来週またハノーファーに寄るという安心感があったのは幸いでした。

成田から池袋の不動産屋さんに直行、新居の鍵をもらいました。
最初玄関の鍵の設定が狂ってて開かなかったりしてすったもんだだったのですが、どうにか入居しました。 新築ならではのトラブルでしたが、やっぱり入ってみると気持ちいいですね。
各所の寸法を測ったりしながら、間取りを考えました。悩ましいながら、楽しい瞬間です。
その後、南船橋のイケアに行って、家具を注文しようと思ったのだけど、時間切れで結局下見のみに終わりました。
その日はいったん鶴川に帰って寝ました。

昨日は、鶴川から車で出かけ、最低限の荷物を運び入れたり、ネットで注文した家電やらを受け取ったり、ガスやら役所やらの手続きをしたり、まあ異常に忙しかったです。住民票も移り、健康保険も、世帯主になるってのは感慨深いですね。日本では初めてだし。
そして祖母が差し入れとともに掃除を手伝ってくれました。そうするうちに友人から、今、芸大に来ているけど見に行っていい?との連絡があったので、訪問者第一号になりました。しばらく雑談した後、三人で車に乗ってアキバへ出かけ祖母を駅まで送り、締めは友人と照明器具を買い、じゃんがらでラーメンをすすってタリーズでコーヒー飲んで帰りました。やっぱり心のふるさと、アキバが近いって最高です!
帰ってくると、どこからか告別ソナタが聞こえてくる。けっこう弾けてるじゃない、やっぱり芸大生なのかな?
ヘトヘトになっていたものの買ってきた照明器具を取り付け、またすこし家らしくなりました。夜を越せる状態になったので、お泊り、というか床に敷いた平たいマットレスで初寝しました。

今日は芸大に様子見に出かけたのですが、そのことはまた別日記に書きます。

朝は、銀行に行ったりして手続きとユーロで持ち帰った資金の両替などをすませ、午後はおとといに引き続いて、今度は車でイケアへ行って、家具一式を買い込みました。
あそこってまるでセルフサービスで、カート3台に大量の家具を積み込んで、しめて14万円!懐も痛いですが、腕も痛いです。

で、なんか昨日に引き続いてアキバのじゃんがらに寄ってしまいました。今日は20時以降なので限定のぼんしゃんを頼みました。やっぱうまい、ココ。

今日の東京は桜が満開で、上野公園をはじめ台東区各地はとてもきれいでした。

まだまだカーテン買ったり、いろいろやることがありますが、とりあえずこのぐらいにしといて、練習しなきゃ。今日は少し練習できたんだけど、演奏会も近いですしね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/48-0380ee26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

引越し屋を選ぶ際のポイント

引越し屋、引越し業者(会社)選びのコツや引っ越しを格安で行うための見積もり案内、引越し会社の解説、引越手続きなど 引越屋、引越業者(会社)比較・見積もり・手続きのポイント【2007/03/30 23:35】

新生銀行 住宅ローン atm

新生銀行のメリットを解りやすく紹介してます!住宅ローン情報!ATM手数料など各種手数料無料。好金利の定期預金やお得な住宅ローンなど商品も紹介!! 新生銀行 住宅ローン atm【2007/03/31 01:30】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。