リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒さん募集中(2013年4月更新版)
今後、あらゆる形でこれまでの芸術体験を皆様と共有したいと考えています。演奏活動、大学での教育活動に加えて、ご希望の方には個人レッスンをさせていただきます。

例えば僕の演奏をお聴きになった上で、もし何か共感していただける点があって、ご自分の演奏に取り入れてみたい、というようなことがあれば、喜んでお力になりたいと思います。また初見、譜読みなどのテクニック、さらにソルフェージュや楽曲分析、楽典等でもお悩みのことがありましたら、そちらも加えてアドバイスいたします。 入試、コンクールなどの準備のお手伝いもさせていただけるかと思います。

また、専門家の方のみならず、ピアノが好きで弾いていたけれどやめてしまった。また弾いてみたい。という方、独学でやってきたけれど限界を感じている、もっと楽に弾きたい。といった方々にも、最小限の練習で最大限の効果を引き出す練習法を指導させていただきます。

現在、新規の方のレッスン料は1時間15,000円です。
お知り合いをお誘いになることやグループでの参加も3人程度までなら可能です。
レッスン会場は基本的に東京の自宅(荒川区西日暮里)です。ハンブルクスタインウェイD型フルコンサートグランドピアノが入っています。

ご希望の方は、簡単な自己紹介および音楽歴(学校名・師事した先生、あるいは今までに弾いてきた曲など)とレッスン希望曲目、もし特に克服したい課題などおありでしたら、それらを添えて、ご連絡頂けましたら幸いです。
残念ながら僕に指導スキルがございませんので、まったくの初心者の方はお引き受けいたしかねます。原則的に、過去にある程度勉強した経験がある方(たとえ独学でも)に限定させていただきますことをご了承ください。
現役で師事していらっしゃる先生がいらっしゃる場合は可能であれば先生のご了解をとっていただくのが望ましいと思います。もし、ご心配の点がおありになればご相談ください。

臨機応変に対応いたしますので、どうぞお気軽にご連絡下さい。
お問い合わせは
yk_arslongavitabrevis@yahoo.co.jp
まで、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
素晴らしい!
先日のコンサートを聞かせていただきました。
年長からピアノを習い始めました娘は、今一年生。お弾きになったホールのピアノは、娘自身何度か弾いたことがあるのですが、全然別のピアノ?と思うくらい、素晴らしかったです。どうしたらあんな音がでるの?なぜあんな風に弾けるの?質問攻めで家に帰りました。バイエルがおわり、チェルニー30番に入り、ソナチネを一つ一つ練習しているところです。いろいろな曲に触れ、世界が広がり出し、練習して弾けるようになるのがひたすら楽しい!そんな時期に聞いた先生の演奏は、7才の娘にも衝撃をもって伝わりました。
まさか、こんな小さい娘をレッスンしていただけるとは、思いませんが、感動をお伝えしたく、メールさせていただきました。今ブルグミュラーの貴婦人の乗馬とk545の小さなソナタを練習しています。リトルピアニストは、今日もイスを一番高くして、ピアノの前に座っています。メトロノームの横には、先生のサイン入りパンフレットが飾られております。
【2007/10/19 14:56】 URL | 平野由紀子 #- [ 編集]

ありがとうございます
先日のコンサート、というのは、高山でしょうか?
お越しくださいましてありがとうございます。何らかの思い出にしていただけましたなら、本当に幸いです。

思えば僕がピアノをきちんと習い始めたのは小1のときですから、
とても懐かしく思います。
早くもK.545をお弾きになるとは、なかなか楽しみですね。
最近の子は小学生でショパンエチュードをバリバリ弾いちゃいますからね。隔世の感ありです。
さて、そんなわけで23年間ピアノと付き合ってきましたが、まだまだ毎日が勉強です。のんびりしすぎているかもしれませんが、一生涯付き合うつもりで気長にやっていこうと思っています。
小さい子でもモティベーションがあれば、むしろ歓迎しますよ!演奏会直後の和んだ雰囲気とは打って変わって、厳しい先生になるかもしれませんが、機会がありましたら是非どうぞ。
【2007/10/20 13:25】 URL | 管理人 #wdA7abjE [ 編集]


みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
【2007/11/30 19:29】 URL | みんな の プロフィール
#- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/26 22:50】 | # [ 編集]

秋の調べ…
 先日のフェイラー・大坂でのコンサート、楽しかったです。きっかけは仕事先のお客様からチケットをいただいたのですが、行ってよかったなぁってしみじみ思いました。菊地さんのドラマティックなピアノに聞き惚れて、あっ!と言う間の2時間でした。 もうちょっと聞きたかったな。 本当に最初から最後まで出ずっぱりで大変でしたね。途中の抽選会もあり、プレゼントのタオルは当たらなくてわが身のクジ運の無さを嘆きつつも(そんなことでしおれていても仕方ない、いい大人なんだから…) クラッシクに詳しいと言えない私でも、一度は聞いたことのある曲ばかりで、お得というか福袋みたいなコンサートでした。(表現が適切でないかもしれませんが、無礼をお許しください)
 私は去年からピアノを習いはじめて1年、40才の手習いで家族には最近まで内緒にしつつ何とか続いております。担当の先生も最初は厳しくて、ついてゆけなくなるかもと不安でしたが、最近は私の成長に合わせてくれるようになりました(トホホ) 会社の帰りにレッスンに通っているのですが、時々は練習不足を仕事のせいにしました、N先生ごめんなさい。
 で、ピアノ熱が冷めかけている時に今回のコンサートがあり、またピアノ熱が復活のきざしが!
 また、チャンスがあればコンサートに行きたいと思います。是非また、大坂へおこしやす。お待ちしております。
【2008/10/29 09:40】 URL | Taeko #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/07/16 13:03】 | # [ 編集]

Re: タイトルなし
> 突然のご連絡失礼いたします。
> おひとつお伺いしたいのですが、菊池さん宛ての郵便物はどちらにお送りすればよろしいでしょうか?
> 事務所に所属されているようであればそちらの住所でも結構ですが、
> お知らせいただければ幸いでございます。
>
> どうぞよろしくお願いいたします。

東京音楽大学あてに送信していただくのが一番確実です。
休暇期間中ですと時間がかかってしまう可能性はありますが、
なにとぞよろしくお願い申し上げます。
171-8540
東京都豊島区南池袋3-4-5
【2009/07/21 01:12】 URL | 管理人 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/07/15 01:01】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/07/18 20:49】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/10/28 21:08】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/12/01 22:08】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/01/12 11:28】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/52-dad0f44e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。