リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一期一会
ハノーファーからデュッセルドルフ、モスクワを経由して一昨日無事に東京に到着しました。

モスクワからの飛行機でとなりになったオジさんがなかなか印象的な方でした。
林業をやってる方なんだけど、なんでも、ロシア人の奥さん子供2人を連れて奥さんの実家で過ごした後、一足先に群馬の御宅へ戻られるのだとか・・・
最初はへー、そうなんすか?って聞いてたんだけど、だんだんディープな話が出てくるわ出てくるわ・・・

まず・・今の奥さん、10人目らしいです。そして20歳くらい年下。
「今度は10年続いてるんだよー、今の息子たち大人になったらこれでおれの役目は終わりなんだーって思う」
「本当にいい子をもらったと思ってるんだ。ご両親も本当に良くしてくれてね。でも、ロシアって国は恐ろしいとこだねぇ。家族以外には人情なんてありゃしない。」

・・結婚したときは奥さん23歳だったってことかぁ。

「パパ、ママったって俺と2、3歳しか離れてないんだよ。でも、やっぱりパパだしママなんだよなぁ。」
「ほら、俺は親にもらった手をこんなにしちゃったんだ、極道の道に走ったこともあったけど誓約書書いてきっぱりやめたんだよ。」
「こんなイレズミだとサウナや健康センターだって入れないんだよね。ハンディキャップなんだよ、こんなの。でも、報いだから仕方ないけどね・・・」

「うちで修行してる若い衆もね、一人前になったら外へ出しちゃうんだよ、囲い込んだりしない。」
「でもね、心を鬼にしても礼儀と感謝の気持ちだけはしっかり教えてやろうと思ってるんだ」
「最初は逃げるように出てったヤツでもね。あとで手紙送ってきたりするんだよ。親方、あのときがあったから今の自分があるんです。みたいな」
「そういうときは本当にうれしいねぇ。」「感謝されるってことの喜びを、教えてやりたいんだ。」「どんな仕事だって、お客さんと心が通じ合うことが大事だよね。何をしたら安心してもらえるかな、喜んでもらえるかなっていうことをいつも考えてる。」

「前の嫁さんとの子供ももう一人前になったんだけど、今はうちのお袋のところに居るんだ。そして、今でも俺と一緒に仕事したりするんだよ。」

なかなかこういう人生送っている人と出会う機会って無いよなと思って、思わず耳を傾けてしまいました。

氏「そうかピアニストさんかぁ。いろいろ頑張ってるんだねぇ。こんなところで会えるなんてうれしいなあ。」
「音楽が好きでねぇ。主にドラムたたいてたんだけど、一時期はそれで生きてこうって思って、バンド組んでやってたんだ・・・」

僕「親にもずいぶん苦労かけましたけど、今はなんとかやってます。」

氏「まだ若いのにそんなこと考えなくたっていいんだよ。でも、大事なことだけどねぇ。俺なんかオヤジが死んでからやっと気づいたんだ。せめてその分オフクロは大事にしたいんだけど。」「やっぱり親は子供が育っていくことが一番うれしいんだしね。」

僕「結婚はまだまだ・・・仕事も落ち着かないし、相手を支える力も無ければ、だいいち相手がいないし・・・」

氏「そうか、本当に真剣に仕事のこと考えてるんだね。責任感も強いんだなぁ。」
「でもね菊地さん、結婚はきっと仕事にもいいもんだと思うよ、俺がしっかりしなきゃ誰が面倒見る?って思うしね、
それに、今は共働きだって普通なんだし、いっしょにがんばろうというスタンスでいいんじゃない?そのかわり、いばっちゃいけないよ。まあ、ロシアなんてもともと完全に女性上位だけどねぇ!」
「群馬で仕事するときは、ぜひ連絡してくださいよね。」

まあ、いろいろ激励されて空港を後にしました。
日ごろ、狭い世界に生きているゆえに忘れていたような、素朴であたりまえの事柄を、いろいろ再確認するきっかけになりました。ありがとうございます。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/76-b2380517
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。