リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週記です!(前半)
この一週間は、なんだか分からないけれどやたらにバタバタしていた気がします。

9月3日(月)
とりあえずひさびさに芸大へ、いちおうレッスン日、ということにして連絡はしたんだけれど、芸祭の準備で出席率は低く、おかげでずいぶん自分の練習が出来ました。とにかく、9日の八王子のコンサートで新曲を2曲(フランク、ショパンのH-dur)並べなければいけないので必死です!
来てくれた生徒さんとは、曲を決めたり、雑談したり・・・

9月4日(火)
六本木のコロムビアへ、10月のレコーディングのやり方について作戦会議、それから代々木のカワイに移動し、ショパン協会の例会についての説明を受ける。それから霞ヶ関のクリニックへ向かい、例の喘息の薬をもらいましたが、基本的にもう症状が無いので、今回からは吸入は弱いものに替えて、飲み薬とかはやめることに。あくまで予防ということです。
11時まで練習した後はうちのマンションの学生♂と二人でチーズ会・・・

9月5日(水)
夜は奏楽堂で伊藤恵先生のリサイタルでした。キラキラ星変奏曲、フモレスケ、117-1、シューベルトc-mollという重いプロでしたが、非常に密度の濃いポエティックな演奏で、正直感動しました。そして、自分がシューベルト弾くのが恐くなった!笑
終了後は、会場で久々に会った友人I君や、マンションの学生とまたまたチーズ会を開催。今度はだいぶなくなったけど、それでもまだあまっています・・・

9月6日(木)
今日も芸大のレッスン日でした。(7月に休んだ分の補講)
まあ月曜日と大体同じように過ごしていたんだけれど、お昼過ぎから台風接近で15時には学校を追い出されてしまいました。
しょーがないので日暮里で坦々麺食べて帰宅、うちに帰ってさらいました!

9月7日(金)
台風接近のために開催が危ぶまれた芸祭でしたが、「ドン・ジョバンニ」は無事、開催。
谷中の筆やさんで遅めの朝食(でもついに食べたぞビーフシチュー!)をとり奏楽堂へ。
学生たちががんばって一丸となって演奏している姿には心を打たれ、そしてモーツァルトの作品に素直に打ちのめされ、とてもよい時間を過ごしました。しかーし・・・・同時にピアニストの孤独をひしひしと感じてしまったのでありマス。あーゆーチームワークってホンマにうらやましいです。そして学生時代へのノスタルジーがプラスされちゃってもう!
そして、帰宅しまた必死の形相で練習・・・嗚呼!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/91-25113730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴルゴンゾーラチーズとマスカルポーネのパテ巨峰と洋なしを添えて

ゴルゴンゾーラチーズとマスカルポーネのパテ巨峰と洋なしを添えてチーズとフルーツの相性はとても良い物です。青カビチーズのゴルゴンゾーラ・ドルチェの優しい味とマスカルポ... ドラゴンストーリー Gourmet Concierge【2007/09/12 18:05】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。