リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中部ツアー終わったぁ!
22日に出発した中部地方ツアー3連コンサート、無事終了しまして、ただいま中央高速バスの車中よりこのご報告を認めております。

初日は21時ののぞみで東京を出発、名古屋で近鉄特急に乗り換え三重の津のホテルに到着したときにはすでに日付が変わっており、即、爆睡と相成りました

翌23日、11時に会場入り。岩田楽器店の山の手センターというところは、新興住宅街に最近新築なさったらしい素敵な会場で、小さいながら天井は高くアコースティックも上々でした。使用楽器は商品の笑、新C3でしたが、箱の響きも良いため気持ちよく弾けました。一年来弾いていなかったショパンの葬送では随分ヒヤリともしましたけれどねあとハ短調のノクターンと、展覧会の絵、シューベルト20番のスケルツォで締めました。

終了後は最近恒例のサイン会、そして明日の曲を2時間ほどさらわせてもらい、次の滞在地岐阜県は大垣へと向かいました。

割と早めに着いたので、駅ナカの焼鳥屋に呑んだくれに行きましたおひとりさま、ピアニストって孤独じゃ…部屋に戻ったらパリの友人から入電、でまた毒吐きながら呑んだくれ…いかれとる

3日目、7月にドタキャンしてしまった松栄楽器さんのサロンコンサートです。会場はいわゆる楽器店のサロン、あまり響きはなく楽器は懐かしいS400!必ずしも好条件ではありませんでしたが若い調律師さんの奮闘のおかげもありメインのシューベルトに入るころには雰囲気をつかめました。最初のモツではまだ乗り切れなかった感がありますが…
その後は売り場へ移動し商品のC5でアンコールにノクターンを2曲、なんかこちらのほうが弾きやすかった…笑

終了後は少し時間があったので調律師さんと語らいながらギネスを一杯列車に乗り込み高山へ!せっかくのワイドビューひだ初体験なのに暗くて何も見えんかったよ…

車中でおにぎりやらサンドイッチやら食べてしまった僕を高山のホテルで待ち受けていたのは、「お食事の用意ができております!」え?

もちろん行きましたよしたら、飛騨の名産が次々登場地酒と焼酎片手に平らげたけどね!温泉も広々快適でした。宿泊費を知らされてなかったから勘定が怖くなったけど…笑

翌日は朝9時から17時まで、結局昼ご飯もとらずに必死にさらいました…なんせドビュッシーの映像は譜読みから通算7日も弾いてなかったし、こんどはちゃんとしたホールだし……

終了後は友人たちと電話とかしながら一休みした後、中華のコースを平らげました。で、あとは先日の日記参照のこと…笑

でもね、1時ごろうたた寝してたら後輩からメールが来て、3時半ごろまで長電してしまいました。

5日目、少し眠い目をこすりながら10時に会場入り、しかし25歳の元祖CFは僕の何倍も眠かったようです…笑
僕も昼寝して、午後リハまで頑張って叩いたら、やっと起きて来ました。
いつものようにトークつきの本番、プーランク、ショパンと弾き進め、懸案のドビュッシーもどうにかクリアー、後半は展覧会、だんだんペース配分がうまくなってきたかも…笑
アンコールはシューベルトの20番のフィナーレを演奏しました!サイン会も手慣れてきて、終了、終わったぁ!
飛騨の地酒をボトルでたっぷりいただきました!

お世話になったみなさん、ホンマにありがとうございました。

恐れていたお勘定も拍子抜けするほどお安くて一安心8時高山発のバスで山越え谷越え新宿へ向かってます。今は…山梨県かな
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/94-6025cda2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。