リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のオフ(でもないけど・・・)
今日は特に出かける用事がありません。

もちろん、チャイコのトリオを死ぬ気でさらわなければやばいのですが・・・

さて、どれくらい久々だったのか、手帳をひっくり返してみました・・・
前回の週記が終わった9月11日以降・・・

9月12日(水)
今日は午後に文化会館で大物アーティストのマネージメントをされているHオフィスの社長さんにお話を伺いに行きました。結構、手厳しい内容で、落ち込むやら奮い立つやらいろいろでしたが、自分の将来についてきちんと考える心構えが出来ました。そして、過去の何がいけなかったかも反省しようと思いました。
お忙しい中お付き合い頂き、ありがとうございました!

9月13日(木)
基本的には、中部コンサートツアーの準備のために譜読みなど・・・していましたが18時に生徒のU君が来訪、みっちりしごきましたよ(笑)

9月14日(金)
朝、調律の方に来ていただき弦を張ってもらいました。だから今、一本も切れてないの!すごいでしょ?

そして、また浜松へ行ってきました。
詳しい内容は企業秘密につきナイショですが、新製品の試作品とかを弾いてきました。

仕事が済んだ後は、工場の一角の「リヒテルルーム」(そういえば、浜コンとかの機会で何度か来たことがあります・・・)というところで練習をさせてもらった後、パリで大変お世話になっていた河野さんに、飲みに連れて行っていただきました。今回はちゃんと連絡しておいたのです。
お店のおばちゃんがホンマにおかあちゃん!って感じで、とても楽しかったです。料理もおふくろの味って感じで美味しかったし!
で、焼酎グビグビ飲んで毒を吐きまくってしまいました。
結論は、「男はどこまで行ってもおかあちゃん!」
なんだかなぁ・・・

帰りの新幹線でもテンションを下げるのがイヤでビールを飲んで、家に帰ったらウイスキー飲んで・・・
そのまま長電・・・!

いろいろ考えちゃってとても難しいですが、未来の方を大切にしなきゃね!

9月15日(土)

譜読みに疲れています・・・

つーか、シュトラウス難しすぎじゃあ!vlソナタの癖に、pfコンチェルトかよって感じです。
あとは、来週末に弾くドビュッシー(映像)を今頃暗譜に取り掛かりました。まだ通して弾けもしないのに・・・
今日は、あとドビュッシーとモツのvlソナタをさらいました。なんかvlの曲ばっかり・・・
プーランクとかクライスラーもさらわんといかんし・・・

あ、そうだ、チャイコのトリオもやっとさらいはじめました。曲数多すぎて忘れちゃうよ・・・

肝臓もお疲れのことと思うので、今日は一杯でおしまいにします!

9月16日(日)
友人と日本音コンヴァイオリン部門3次予選を聴きに行きました。
13人同じ曲・・・これってどうなんでしょうね?ピアノのコンクールではちょっと考えられないことです。ある意味分かりやすくもあったけど、イザイのバラードとドビュッシーのソナタを13回繰り返し聴くのは少々つらかったです。ピアニスト頑張れ!とか思っちゃったりして・・・
芸大の生徒にも遭遇したりしてまあ楽しかったですよ。
終了後は友人の希望で20ウン年ぶりに東京タワーに赴くも連休の中日とあっては人大杉で退散・・・
銀座で買い物と鉄板焼きディナーに流れ終了。
あとで結果を見たけど、まあ3人は妥当だと思いました。あとの一人は、多分2次までが良かったんだろうな・・・と。

9月17日(月)
朝、生徒くんにレッスンを一本。
そして桐朋の後輩Rちゃんのリサイタルで横須賀へ・・・
そもそも僕はこの横須賀のリサイタルシリーズのOBなのです。
2001年7月15日、実は国内で一人でフルのリサイタルをやったのはここが初めてだったんですね。その後も2004年に合唱幻想曲(そもそもこのときに指揮の飯森さんにお会いしたのです)に呼んでもらったりした思い出の地です。
3年も経てば異動とかもあるだろうし、もう懐かしい方には会えないかな?とか思っていたのですが、横須賀在住の友人と待ち合わせて入口へ向かうと、「菊地さん!」劇場の方に声をかけていただきました。やっぱり再会って嬉しいですね!
コンサートは、とても素晴らしいもので、嬉しいやらなんやら、まあいろいろ複雑な気持ちでしたが(笑)・・・
楽屋に祝福に行きお土産渡して、劇場の方と歓談などして、それから友人と軽く食事して帰宅しました。そして・・・・・練習しましたよ!11時まで。相当切羽詰ってるからさ・・・

9月18日(火)
リサイタルを目指し某オーディションを受けるヴァイオリニストSさんとあわせの為に桐朋へ・・・朝方必死でさらいましたが相変わらずリヒャルトは手ごわいです。
2時から始めたんだけど、結局8時ごろにやっと終了。アンカーに行ったら昨日の主役やらその友人やらで賑やかなことに・・・僕の友人も新たに呼び出し、終電までしっかり飲んできました。やれやれ!

9月19日(水)
午前、銀座のK本音楽事務所へ、色々話を聞きつつ、営業してまいりました。まあ道は険しいけど、地道に一歩一歩進もうと思います。
帰宅後は、ちゃんとさらいましたよ!

9月20日(木)
今日はSさんに自宅に来てもらって合わせました。さすがに出かける気力がなくなってきた・・・今日も5時間以上、みっちり合わせました。合わせながら譜読みするような有様で申し訳なくもありました・・・
9時ごろに終了後は、明日のT先生レッスンの曲を練習・・・やばい、やばいよーー!

9月21日(金)
朝は、プーランクのVlソナタやら武満の悲歌やらを必死でさらいました。
11時前に弦ちゃんが来訪、プーランクを3ヶ月ぶり2回目の合わせ、とりあえず、やばかった!・・・けど、とにかく14時のレッスンに間に合うように出かけ、鶯谷の松屋で二人牛丼をかき込み上北沢へ・・・
レッスンでは、ウソ?ってくらいまともに弾けましたよ。これがプロ根性というか、底力ですよね!
帰ったらすぐ練習しようと思ったんだけど、体が言うことを聞かず昼寝をしてしまいました・・・大丈夫かな?

9月22日(土)
荷造りやら残務整理に手こずりあまり練習も出来ませんでした。
そして中部地方ツアーへと旅立ったわけでした。
メチャクチャだよね。本当に!

9月27日(木)
13時過ぎに新宿到着、うな丸で食事して14時過ぎに帰宅、さすがに一休みはしましたが、それでもリヒャルトを必死でさらいました。だって、だって、明日はH先生のレッスンなんだよ!
で、20時過ぎにSさん来訪・・・視界がしょぼつくも23時前まで会わせました。もうバスもないのでSさんを駅まで送って僕はまたもや松屋・・・

9月28日(金)
朝は早く起きて8時から1時間半さらいました。とても僕の行動とは思えないわけですが、それくらい切羽詰っているのです。
鶯谷で朝マックして浜田山のH道場へ・・・実は、初めて伺うんですよ。意外なことに。17日に挨拶だけはしておいたんですが・・・
とにかく二度目の第一印象は無いわけですから、これは本番か、ってくらい必死で弾きましたよ!もちろん細部のクウォリティは本番には程遠かったけど、それなりに気に入っていただけたようでとりあえずお褒めいただきとりあえず一安心。来週はもっと頑張ります。しばし歓談ののちおいとまし、駅前で食事とコーヒーを頂き取り急ぎ帰宅。
また日記を書いたり、一休みをしたのち、チャイコなど、いつものように23時まで・・・5時間近くさらいましたよ。もうクタビレタ・・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
本日のトリオ
楽しみにしております。作曲のI君と共に行く予定ですので!
僕は先日お邪魔した際にチケットの方をいただいたのですが、I君の方はお会いすることができなかった為当日券となります。
学生券は3000円でよろしかったですよね?
もし今日出かける前にこのコメントに気付いて下さいましたら、I君の学生券よろしくお願い致します。

【2007/10/02 06:20】 URL | K-U #YrGnQh/o [ 編集]

本日の演奏会は
大変素晴らしかったです。
まさに個性と調和と言う言葉がふさわしい演奏会であったと思います。

圧巻はやはりチャイコでしたが、よもやあんな長い曲を五日で譜読みしたとは、僕には到底信じがたい話ですね(笑)仕上がりも、調和も本当にクオリティ高かったです。
最後のチャルダッシュは笑わせてもらいましたよ!

次回の演奏会もまた楽しみにしております。
【2007/10/02 21:35】 URL | K-U #YrGnQh/o [ 編集]


いつもご来場どうもありがとう!
確かにみんな個性強いメンツだったと思います。
また、やりたいな!

今度の演奏会もよろしくお願いします。
【2007/10/04 01:48】 URL | 管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/96-2654de74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。