リンク

プロフィール

菊地裕介

Author:菊地裕介
菊地裕介プロフィール
1977年東京生まれ。1994年日本音楽コンクールで第2位。高校卒業と同時に渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。2003年からはハノーファー音楽大学ソロクラスでさらに研鑽を積む。文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、2009年ドイツ国家演奏家資格を取得。
皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。
2007年に東京藝術大学の講師に招かれ帰国後、「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし、アーメンの幻影全曲演奏」「横浜市招待国際ピアノ演奏会」「毎日ゾリステン」「東京オペラシティB→C」など精力的な活動を展開。2枚目のCDアルバム「B-A-CーH」(DENON)に収録された、バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番、ピアノ独奏版」は、ブゾーニ編の「シャコンヌ」に加えた独自の編曲により全曲を完成させたもので、全音楽譜出版社より自身の解説と校訂により出版された。また2010年にはオクタヴィア・レコード(TRITON)よりオール・シューマン・プログラムによる5枚目のアルバム「ダヴィッド同盟舞曲集」を発売し、収録曲の校訂譜も出版している。同年ベートーヴェンピアノソナタ全32曲録音を開始し、約2年間をかけて完結。また11年6月には2日間で全32曲を完奏するコンサートを名古屋にて成し遂げた。フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、チェコ、ポーランドといった欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。2013年10月公益財団法人東京オペラシティ文化財団主催の没後50周年記念フランシス・プーランクの夕べに出演しこの公園が平成25年度文化庁芸術祭音楽部門優秀賞を受賞。
東京音楽大学で後進の指導に当たる。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

たましひのしらべかなでむたまゆらも・・・菊地裕介
クラシックピアニスト菊地裕介の 日常生活や演奏活動のご報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ自分!
9月29日(土)
とにかくチャイコのトリオをさらってます。この曲、とにかく長いです。50分!ちょっと直しながら最後までざっと弾くだけで、簡単に3時間とかたっちゃいます。
よって、反復が足らない!

9月30日(日)
よくよく考えてみれば、ブラームスのスケルツォとかタイスの瞑想曲とかも自分がピアノ弾くんだということを思い出し、譜読み・・・
15時過ぎから自宅にて合わせ!今、芸大が院試で使えないので・・・こういうときは2DKにしておいてよかったとつくづく思います。
でも、「ピアノの音程悪いのは僕のせいじゃないからね!」なんていっている始末でしたが・・・笑
二人ともすごいエネルギーで楽しくあわせが出来ました。
終了後はりんたろーの強い希望もあり鶯谷で焼肉!ホルモンがプリプリのコリコリで超んまかったね!

10月1日(月)
昨日の合わせが意外と好調だったので、今日は夕方の合わせのみ!
まず自分の練習もしないとヤバイから、ちょうど良かった!昨日よりはだいぶマシな状態になって合わせに臨みました。それにしても、時間があっという間にたつこと・・・
今日は、皆を帰しておとなしく自宅飲み。

10月2日(火)
いよいよ本番の日がやってきました。高山で弾いたとはいえ、プーランクはその後放置していたので、いちおう要所だけさらいました。でも、ちょっと不安かなぁ。
チャイコも、とにかくマズイ順番にピックアップしてさらいこみました。出発前に3時間の練習。
行きがけにクリーニングあがったばかりの本番シャツを受け取り、くたびれたので日暮里までバス。一路大泉へ、石神井の駅で急行から乗り換えたところでえりなちゃんに偶然会い、一緒に会場入りしました。
リハ中にパリ仲間のあやのちゃんも登場しアコースティックのバランスなど色々アドバイスしてもらいました。
長いようであっという間にリハも終わり、本番。
えりなちゃんの伴奏はどうにか邪魔にならないように切り抜け、ソロのプーランクは、この際危ないところはあきらめて、綺麗なところでとにかく聴かせるように努力しました。
そしてチャイコ、きっと僕の目は、譜面と鍵盤との間をめまぐるしく往復していたことでしょう。やはり手探りだけで弾くには困難な曲、譜面を見すぎれば派手に外す恐れがあるし、かといって鍵盤を見すぎれば譜面から落っこちてしまう危険があるものね・・・
でも、とにかく必死で音楽しようとしました。ミスは多かったけど、緊迫感のある演奏はできた気がします!
アンコールでは譜めくりをお願いしたSちゃんにも寸劇に協力してもらい楽しく締めました。どうもありがとう!

りんたろーがどうしてもまた焼肉!というので大泉を探したんですが、すぐに見つからなかったので韓国家庭料理の店へ、結果的にはこれが当たりで楽しくマッコリ飲みました。
12時前にいったん解散後、下町組は西日暮里で2次会、そして閉店間際に飛び入り参加もあって田端のデニーズで3次会、結局家に帰ったのは4時前でした・・・

10月3日(水)
さすがに10時より早く起きるのは困難でした。
ゆっくり午前中を過ごし、今日届くドイツからの18箱の引越し荷物を受け入れるべく家の片付け・・・
そうこうするうちに、予定より早く日通が到着。ピアノの部屋はたちまちダンボールで埋まってしまいました
Image011p.jpg

その後食事(みそカツ)と食料の買い物に出かけ、帰ってきたら疲れて少し昼寝をしてしまいました。
ブラームスやモーツァルト(Vnソナタ)の勉強をして、まだピアノをさらわないうちにSさん到着。22時ごろまで合わせ・・・でも、僕、だんだん室内楽慣れしてきたみたいで、すこし効率よくなった気がします。
今晩も一人飲みだけど、さっき買ってきたサンマ、久々に下ろして刺身にしてみました。まあまあ美味しかったです。

写真だとマズそう?
Image012p.jpg


あとは、ペペロンチーノとか作ってパルミジャーノ削って食べちゃった・・・飲料は泡盛で・・・笑
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ykpiano.blog87.fc2.com/tb.php/97-4ab9062e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。